現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[MS07-041] Microsoft インターネット インフォメーション サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS07-041 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。
詳細

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

インターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.1 は、Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2) のオプション コンポーネントです。コンピュータに IIS 5.1 コンポーネントがインストールされている場合のみ、Windows Update によりこのセキュリティ更新プログラムが提供されます。

Microsoft ダウンロード センターからこのセキュリティ更新プログラムをダウンロードし、IIS 5.1 コンポーネントがインストールされていない Windows XP Professional SP2 ベースのコンピュータに手動でこのセキュリティ更新プログラムをインストールしようとすると、エラー メッセージが表示されます。このエラー メッセージには、必要条件を満たしていないため、セキュリティ更新プログラムをインストールできないことが示されます。これは正常な動作です。

/quiet スイッチを使用して、すべてのメッセージを表示しないようにできます。

/quiet スイッチを使用した場合、管理者はサポートされているいずれかの方法を使用して、セキュリティ更新プログラムが正常にインストールされたことを確認する必要があります。IIS 5.1 コンポーネントがインストールされていない場合は、Kb939373.log ファイルにエラー メッセージが記録されます。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE WinNT WinXP
プロパティ

文書番号:939373 - 最終更新日: 07/13/2007 10:15:00 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows XP Professional
  • kbbug kbfix kbsecvulnerability kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbpubtypekc kbexpertiseinter KB939373
フィードバック