Microsoft Dynamics GP で給与に対応するメリットのある年金控除を設定する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:939646
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で給与に対応するメリットのある年金控除を設定する方法について説明します。この資料では、雇用主の最大値が必要な場合は、雇用主の最大値を設定する方法も説明します。
詳細
多くの雇用主は従業員の総給与量が定義されている最大の従業員の年金の貢献度の割合と一致します。

たとえば、会社が、従業員の年金/退職金の出資金の 50% を一致するようにあります。 従業員の総賃金の 4% までです。従業員は、総賃金の 4% 以上の源泉徴収することができます。ただし、総賃金の 4% を超えた分の金額は会社によっては一致しません。

まず、年金控除を設定する必要があります。次に、一致する福利厚生を設定する必要が。

年金/退職金の控除を設定します

  1. 適切なメソッドを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のバージョンでは、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定をポイントし、給与、] をポイントし、控除です。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 で、[ツール] メニューの [設定] をポイントし、給与、] をポイントし、控除します。
  2. 控除のセットアップ] ウィンドウでは、控除コードフィールドに、控除を調べるために使用し、説明を[説明] フィールドに入力は、コードを入力します。
  3. 開始日] フィールドで、開始日を指定します。控除に終了日が設定されている場合は、終了日] フィールドに終了日を指定します。
  4. TSA の Sheltered からの領域で、適切なチェック ボックスをオンにするをクリックします。
  5. メソッド] ボックスの一覧では、総賃金の割合をクリックします。
  6. 控除層領域では、 1 つをクリックします。[ 1 つのフィールドの横のボックスで、既定の割合を入力します。または、既定の割合0.00%のままにします。

    注: <b>控除層領域に入力された割合には控除を従業員に割り当てると、既定の割合になります。控除を従業員に割り当てるときは、割合を変更できます。
  7. [頻度] ボックスの一覧で適切な頻度] をクリックします。
  8. 必要な場合は、最大控除] 領域で、最大の控除金額を入力します。
  9. 基にこの控除をする場合は、特定の支払コードだけは支払コードに基づく領域で、選択したをクリックし、支払いコード領域から適切な支払コードを挿入します。
  10. 次のフィールドに適切な情報を入力します。
    • W-2 ボックス
    • W-2 のラベル
  11. [保存] をクリックします。

一致する福利厚生を設定します

  1. 適切なメソッドを使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のバージョンでは、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイント給与、] をポイントし、福利厚生] をクリックします。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、[ツール] メニューの [設定] をポイントし、給与、をポイントし、[福利厚生] をクリックします。
  2. メリットのセットアップ ウィンドウには、特典コード] フィールドで給付金のコードを入力します。
  3. [説明] フィールドに、説明を入力します。
  4. 開始日] フィールドで、開始日を入力します。
  5. 福利厚生に終了日が設定されている場合は、終了日] フィールドに終了日を入力します。
  6. 対象と税金] 領域で、適切なチェック ボックスをオンにするをクリックします。
  7. [メソッド] フィールドでは、 % の控除をクリックします。
  8. 福利厚生の階層] 領域で、 1 つをし、一致する割合を入力します。

    たとえば、会社は、従業員の出資金の 50% を一致すると、入力します。 50%.
  9. 頻度] ボックスの一覧で、適切な頻度をクリックします。
  10. 最大の恩恵を受ける領域で、最大の給付金の金額を入力します。
  11. に基づいてフィールドは、控除をクリックし、 [選択] をクリックします。次に、作成した控除を選択したボックスに挿入します。

    注: <b> この控除は、「年金控除の設定」セクションの手順 2 で作成した控除です。これは、給付金の基になる控除です。
  12. 最大の雇用主のフィールドでは、一致する総賃金の最大の割合を入力します。

    たとえば、会社には、最大 4% の従業員の総賃金が一致すると、 4%を入力します。
  13. 次のフィールドに適切な情報を入力します。
    • W-2 ボックス
    • W-2 のラベル
  14. [保存] をクリックします。

年金/退職金の控除を社員に割り当てる

  1. [カード] メニューで、給与、] をポイントし、控除します。
  2. 従業員の控除のメンテナンス ウィンドウでは、従業員 IDフィールドに従業員 ID を入力します。控除コードフィールドに、作成した控除のコードを入力します。
  3. 控除のセットアップ ウィンドウで、既定の情報を使用するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[既定] をクリックします。

    控除のセットアップ] ウィンドウの既定のエントリは、特定のフィールドに挿入されます。ただし、特定の従業員は、各給与からの源泉徴収をしようとしている総賃金の割合を入力する場合があります。
  4. [保存] をクリックします。

一致する福利厚生を社員に割り当てる

  1. [カード] メニューで、給与、ポイントし、[福利厚生] をクリックします。
  2. 従業員の福利厚生のメンテナンス ウィンドウでは、従業員 IDフィールドに従業員 ID を入力します。コードの恩恵を受けるフィールドに、作成した給付金のコードを入力します。
  3. 福利厚生の設定] ウィンドウの既定の情報を使用するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[既定] をクリックします。

    福利厚生の設定] ウィンドウの既定のエントリは、特定のフィールドに挿入されます。ただし、一致する特定の従業員に必要な福利厚生を変更することがあります。
  4. [保存] をクリックします。

計算のサンプル

計算 1

次のような状況を考えます。
  • 控除の 50% を一致するようにする給与の総額の 4%
  • 従業員給与の総額の 4% の源泉徴収しようとして以下の控除
このシナリオでは、給付金は、控除の 50% になります。給付金は、次のように計算されます。
福利厚生 = 控除 × 給付金の割合
このシナリオでは、特定の給付金として計算されます。
福利厚生 = 控除 × 0.5

計算 2

給付金が 50% を一致する従業員は、給与の総額の 4% 以上の源泉徴収する必要がある場合、総賃金の 4% までです。メリットは次のように計算します。
福利厚生 = 総賃金 × 最大の雇用主 × 給付金の割合
このシナリオでは、特定の給付金として計算されます。
福利厚生 = 総賃金 × 0.04 × 0.5
401 K 401 k

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:939646 - 最終更新日: 12/14/2015 19:48:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0

  • kbnosurvey kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB939646 KbMtja
フィードバック