2007 Office プログラムで Microsoft APP-V (SoftGrid) の優先順位の規範的なガイダンス

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:939796
はじめに
この資料でと Microsoft APP-V (SoftGrid) を使用するためにシーケンス 2007 Microsoft Office プログラムが正常に使用できる 1 つの方法について説明します。この資料に記載されているメソッドは、利用できる唯一の方法ではありません。さらに、特定の環境に応じて、この資料の情報を変更することがあります。
詳細

背景情報を取得します。

  • 「ベスト ・ プラクティスで Microsoft App-v (SoftGrid) の優先順位を使用する」記事を確認していますください。 詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    932137 シーケンスで Microsoft APP-V (SoftGrid) の使用に最適
  • APP-V (SoftGrid) と含まれている製品のマニュアルを確認してください。これには、次のドキュメントが含まれます。
    • クイック スタート ガイド
    • シーケンサー インストール ガイド
    • シーケンサー ユーザー ガイド
  • プログラムの機能をよく理解して、2007 Office プログラムをインストールします。

環境を準備します

  1. .Msp ファイルを作成するには、Microsoft Office カスタマイズ ツールを使用します。2007 年のボリューム ライセンス バージョンが有効になって、Office カスタマイズ ツール Office システムの製品です。2007 Office system の Office カスタマイズ ツールを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。.Msp ファイルは、次の設定少なくとも定義する必要があります。
    • [インストール先と組織名] ページで、2007 Office スイートをインストール Q:\以前使用していない、一意な 8 文字パス\Microsoft Office です。
    • [使用許諾契約とユーザー インターフェイス] ページで適切なライセンス ・ キーを入力してください、使用許諾契約書の条項に同意する] チェック ボックスをオンにしをクリックしてください
    • 機能とインストール状況の設定] ページで、各 2007 Office プログラムの機能をすべてマイ コンピューターから実行をクリックします。
    • [レジストリ エントリの追加] ページで、次のレジストリ エントリを追加します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\Windows Search\Preferences "PreventIndexingOutlook"=dword:00000001
      注: Microsoft Office Outlook 2007年で、「クラシックな」Outlook の検索機能を有効にこのレジストリ エントリです。
  2. 2007 Office プログラムと Microsoft Office Project 2007 を使用する場合は、Project 2007 には、.msp ファイルを作成します。この .msp ファイルは、次の設定少なくとも定義する必要があります。
    • [インストール先と組織名] ページで Q:\ に Project 2007 をインストールします.以前使用していない、一意な 8 文字パス\Microsoft Office です。

      注: これは、2007 Office プログラムのインストールで指定した同じパスです。
    • [使用許諾契約とユーザー インターフェイス] ページで適切なライセンス ・ キーを入力してください、使用許諾契約書の条項に同意する] チェック ボックスをオンにしをクリックしてください
    • 機能とインストール状況の設定] ページで、Project 2007 の各機能のすべてマイ コンピューターから実行をクリックします。
  3. 2007 Office プログラムと Microsoft Office Visio 2007 を使用する場合は、Visio 2007 には、.msp ファイルを作成します。この .msp ファイルは、次の設定少なくとも定義する必要があります。
    • [インストール先と組織名] ページで Q:\ に Visio 2007 をインストールします.以前使用していない、一意な 8 文字パス\Microsoft Office です。

      注: これは、2007 Office プログラムのインストールで指定した同じパスです。
    • [使用許諾契約とユーザー インターフェイス] ページで適切なライセンス ・ キーを入力してください、使用許諾契約書の条項に同意する] チェック ボックスをオンにしをクリックしてください
    • 機能とインストール状況の設定] ページで、各 Visio 2007 の機能のすべてマイ コンピューターから実行をクリックします。
  4. シーケンス コンピューターを構築します。これを行うには、APP-V (SoftGrid) 製品マニュアルからの情報に使用します。また、シーケンス ワークステーションを作成するときに、以下のベスト プラクティスを考慮します。
    1. シーケンス コンピューターをドメインに参加し、コンピューターに適用されるグループ ポリシーの許可。
    2. シーケンス コンピューターにローカルの Administrators グループのメンバーとしてログオンします。ただし、ローカル管理者アカウントを使用しません。
    3. Windows Vista でユーザー アカウント制御 (UAC) を無効にしないでください。
    4. シーケンス操作を開始する前に、すべてのリアルタイム スキャン プログラムまたはインデックス プログラム オフにします。これには、次のプログラムが含まれます。
      • Microsoft Windows の更新プログラム
      • ウイルス対策プログラム
      • Windows Defender のマルウェア対策プログラム。
      • プログラムまたは Windows サーチ サービスなどのプログラムの検索インデックスの作成
    5. シーケンス コンピューター上のローカル フォルダーに、2007 Office スイートのインストール プログラムやシーケンスを処理するのには、他のプログラムをコピーします。

      注: この目的のためのライセンス 2007 Office スイートのインストール パッケージのメディアのボリュームを使用します。
    6. シーケンサーの APP-V (SoftGrid) ツールは、コンピューターにインストールします。このツールをインストールするときに、既定のインストール オプションを使用します。

シーケンス処理を実行します。

  1. シーケンサーの APP-V (SoftGrid) を起動します。
  2. [ファイル] メニューで、新規パッケージをクリックします。
  3. 次のボックスに適切な情報を入力し、[次へ] をクリックします。
    • スイート名
    • タイトル
    • コメント
    • ホスト名
    • Path
    注:詳細情報については、これらのボックスことができますが含まれているをクリックして次資料、マイクロソフト サポート技術資料を参照します。
    932137 シーケンスで Microsoft APP-V (SoftGrid) の使用に最適
  4. 適切なオペレーティング システムが、[オペレーティング システム] ページで選択し、[完了] をクリックを確認します。
  5. のインストール ウィザードを起動する] をクリックします。
  6. 圧縮アルゴリズム] ボックスの一覧で、適切な圧縮アルゴリズムをクリックします。

    注: ある一覧をクリックして圧縮されていないこのことをお勧めします。
  7. ブロック サイズの一覧で、[ 32 KB] をし、[次へ] をクリックします。
  8. 不要な不要なすべてのウィンドウを閉じて、すべてのプログラムを終了し、[監視の開始] をクリックします。
  9. 先ほど作成した .msp ファイルを使用して Microsoft Office Enterprise 2007 をインストールします。
  10. 以前のバージョンで作成した適切な .msp ファイルを使用して、他の 2007 Office プログラムをインストールします。

    重要: 同じパッケージのルート フォルダーに次のプログラムをインストールします。
    • Visio 2007
    • Project 2007
    • Microsoft Office Communicator 2007
    • Microsoft® Office Live Meeting
    • XPS と PDF のアドイン
  11. Outlook 2007 と Microsoft Office Groove 2007 以外にインストールされている各プログラムを起動します。
  12. 各プログラムが正しく動作することを確認します。必要がある場合は、各プログラムを再起動します。
  13. 監視の停止] をクリックします。
  14. ダイアログ ボックスが表示されたら、2007 Office プログラムをインストールする q: ドライブのパッケージ ルート フォルダーをクリックします。
  15. 仮想ファイルシステム (VFS) にファイルを追加するには、既定のオプションを同意し、[完了] をクリックします。
  16. のアプリケーション ウィザードを起動する] をクリックします。
  17. 環境内の適切なパッケージに含まれるショートカットをカスタマイズします。この場合、または更新操作をトリガーするショートカットの削除は必要ありません。
  18. [次へ] をクリックします。
  19. [アプリケーションの起動] ページで各プログラムを順番にクリックして、[起動] をクリックしてください

    重要: Outlook 2007 または Groove 2007 は選択しません。
  20. 各機能ブロック 1 に含まれる必要な機能に応じてのプログラムでの操作を実行します。たとえば、スペル チェック機能を含める、単語のスペルをスペル チェックを実行し。または、機能ブロック 1 に、ヘルプの機能にヘルプを起動します。

    注: 既定では、2007 Office プログラムは、次のファイル名拡張子の関連付けを登録しません。
    • .doc
    • .xls
    • .ppt
    場合は、これらのファイル名の拡張子に関連付け、適切な 2007 Office プログラムでは、.doc ファイルや .xls ファイル、.ppt ファイルを開くし、2007 Office プログラムのファイルの種類を登録する必要があります。

    プログラムの起動が完了したら、次へをクリックします。
  21. アプリケーション ウィザードで手順を完了する完了をクリックします。
  22. シーケンサーで、[仮想レジストリ] タブで、次の仮想レジストリの場所に展開します。
    USER\%SFT_SID%\Software\Microsoft\Office\Common\UserInfo
    次の値を削除してください。
    • UserInitials
    • ユーザー名
  23. Live Meeting アドインを追加するには、優先順位の操作で、次の手順を実行します。
    1. シーケンサーで、[仮想レジストリ] タブで、次の仮想レジストリの場所に展開します。
      USER\%SFT_SID%\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Data
      設定値との値のツールバーを削除してください。
    2. [仮想ファイル システム] タブの [ CSIDL_APPDATA\Microsoft\Templatesを展開し、[をオフにするには、このエントリを右クリックし、 仮想化 フラグです。この操作では、2007 Office オンラインのテンプレート関数は正しくことができます。
  24. Microsoft Windows XP ベースのコンピューターでシーケンス処理を実行する場合は、次の手順を実行します。
    1. [仮想ファイル システム] タブで、次の場所に展開します。
      CSIDL_PROGRAM_FILES_COMMON\Microsoft Shared\ink
    2. オフにするには、このエントリを右クリックし、 仮想化 フラグです。この操作では、タブレット PC コンピューター関数は正しくことができます。
  25. 適切な名前とパッケージを保存します。
  26. ローカルの操作が有効になっていることを確認します。これを行う、変更するには、次のエントリを追加するには各 .osd パッケージの<VIRTUALENV></VIRTUALENV>後に表示されるセクション、<ENVLIST></ENVLIST>タグ。
    <POLICIES><LOCAL_INTERACTION_ALLOWED>TRUE</LOCAL_INTERACTION_ALLOWED></POLICIES>
    ローカルの操作を有効にすると Internet Explorer の Windows との対話が向上します。

既知の問題

  • Outlook 2007 のインスタント検索機能が、APP-V (SoftGrid) 環境では機能しません。この資料に記載されているレジストリ キーの変更は、Outlook の検索のクラシック形式をオンします。
  • ストリームの後に、作成されるショートカットを Outlook 2007 で、クイック起動領域で、Microsoft Office OneNote 2007 の [スタートアップ] フォルダー内に作成されるショートカットは無効になりました。したがって、ユーザーする必要がありますこれらのショートカットを再作成手動でします。
  • オペレーティング システムや他のプログラムから Outlook 2007 との対話が必要な項目が正しく機能しません。これに含まれます"mailto:"リンクと、既定の電子メール クライアントのスタートメニューのショートカット。
  • Microsoft® Office Live Meeting の 2007 年には、オーディオとビデオの機能は、Windows XP の仮想化環境では動作しません。
OFF2007 Office 2007 APP-V SoftGrid の Office2007

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:939796 - 最終更新日: 11/01/2013 06:19:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft SoftGrid for Windows Desktops, Microsoft SoftGrid for Terminal Services, Microsoft Application Virtualization 4.6 for Terminal Services, Microsoft Application Virtualization 4.6 for Windows Desktops, Microsoft Application Virtualization 4.5 for Terminal Services, Microsoft Application Virtualization 4.5 for Windows Desktops

  • kbinfo kbhowto kbexpertiseadvanced kbmt KB939796 KbMtja
フィードバック