現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

更新プログラムには、Windows サーバー更新サービス (WSUS) 3.0 を Windows Server 2008 のサーバー マネージャーに統合

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:940518
はじめに
サーバー マネージャー スナップインをインストール、構成、および Windows Server 2008 の役割と機能を管理する管理者ガイド、Windows Server 2008 の新機能です。サーバー マネージャーの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。既定では、Windows Server 2008 にはいくつかのサーバーの役割が含まれています。サーバー マネージャーの他の役割と機能は、Microsoft ダウンロード センターから、Windows Update Web サイトから Windows Server 2008 へのオプションの更新プログラムとして利用できます。1 つの役割を更新プログラムとして利用できる Windows サーバー更新サービス (WSUS) 3.0 Service Pack 1 (SP1) です。この更新プログラムでサーバー マネージャーを Windows Server 2008 で完全 WSUS 3.0 SP1 サーバー マネージャーに統合しています。この更新プログラムをインストール、構成、および WSUS 3.0 SP1 を管理するには、サーバー マネージャー スナップインとウィザードを使用することができます。

管理コンソールを含むサーバーの WSUS 3.0 SP1 の完全インストールをインストールする予定がない場合は、WSUS 3.0 SP1 管理コンソールのみをインストールする場合は、この更新プログラムは適用されません。管理コンソールを含むサーバーの WSUS 3.0 SP1 の完全インストールがコンピューターにインストールされている場合は、この更新プログラムでサーバー マネージャーを使用して WSUS を管理することができます。
詳細

情報を更新します。

次のファイルをマイクロソフトからダウンロード可能します。ダウンロード センター:

Windows Server 2008 は、32 ビット版
ダウンロード更新プログラムを Windows Server 2008 のサーバー マネージャー (KB940518) パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows Server 2008 64 ビット エディション
ダウンロードX 64 のエディション (KB940518) パッケージは、Windows Server 2008 のサーバー マネージャー用の更新プログラムを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

Service pack がインストールされているかどうかを確認する方法

検索対象 Windows (KB940518) 用の更新 で、 更新プログラムのインストールの表示 アイテムまたは、 [プログラムと機能 コントロール パネルの項目。If Windows (KB940518) 用の更新 更新プログラムがインストールされていません。

インストールの手順

コンピューターの再起動を回避するには、サーバー マネージャーでは、初期構成タスク、Servermanagercmd.exe はインストール プロセス中に実行されていないことを確認してください。また、コンピューターにこの更新プログラムをインストールするのには、管理者としてログオンする必要があります。
  1. Windows Server 2008 を実行しているコンピューターで、更新プログラム パッケージから、Web の「更新情報」に記載されているマイクロソフトをダウンロードします。
  2. セットアップ ウィザードを開始するダウンロードしたパッケージをダブルクリックします。インストールを完了するのには、ウィザードの指示に従ってください。
  3. サーバー マネージャーを開くには、次の方法のいずれかを使用します。
    • クリックしてください。 開始を右クリックして コンピューター、し 管理.
    • クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し サーバー マネージャー.
    • クイック起動バーをクリックしをクリックしてください サーバー マネージャー.
    メモ コンピューターに WSUS 3.0 SP1 が既にインストールされている場合は、残りの手順を実行する必要はありません。
  4. サーバー マネージャーのホーム ページをクリックします。 ロールを追加します。 で、 [役割の概要 セクションです。
  5. で、 ロールを選択します。 ページの 役割の追加ウィザードを選択する] をクリックします。 Windows Server Update Services 使用可能なロールのリストから。
  6. 役割の追加ウィザード] の指示に従ってインストールを完了します。

プログラムのアンインストール情報

サーバー マネージャーをアンインストールするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして コントロール パネル、し プログラム.
  2. 下にあります。 [プログラムと機能をクリックして 更新プログラムのインストールの表示.
  3. Windows グループの下にインストールする更新の一覧で、ダブルクリックします。 Windows (KB940518) 用の更新、し、サーバー マネージャーの更新プログラムを削除するのには、指示します。

既知の問題

この更新と WSUS 3.0 SP1 管理コンソールのみをインストールする場合は、サーバー マネージャーの役割追加のウィザードを使用して、他の役割をインストールできません。

この問題を回避するには、更新プログラムを Windows Server 2008 サーバー マネージャー (KB940518) を削除します。
メモ この問題は、Windows Server 2008 SP2 で修正しより高いです。


サーバー マネージャーが誤って、インストールが失敗を報告します。

サーバー マネージャーは、インストールが失敗、次のシナリオで表示されます。
  • サーバー マネージャーを使用して WSUS 3.0 SP1 をインストールするのには、インストールを完了するのには、コンピューターを再起動する必要があります。
  • WSUS 3.0 SP1 のインストール後コンピューターを再起動しました。このシナリオでは、サーバー マネージャーが誤ってインストールが失敗し、次のエラー メッセージを生成したことを報告します。
    この更新プログラムが見つかりましたがダウンロードできませんでした。
この問題を回避するには、アクションは必要ありません。サーバー マネージャー、役割の追加ウィザードを終了すると、WSUS 3.0 SP1 がインストールされていることを示します。

コンピューターでは、Windows Web Server インストール、2008 で更新プログラムを Windows Server 2008 サーバー マネージャー (KB940518) サーバーの役割が実行しているし、Windows Server Update Services のほかに次の役割サービスを表示します。ただし、Windows Web Server 2008 ではこれらのサーバーの役割のインストールはサポートされていませんが、Web サーバーの役割のみをインストールする必要があります。
  • アプリケーション サーバー
  • アプリケーション サーバー基盤
  • Web サーバー (IIS) のサポート
  • COM + ネットワーク アクセス
  • TCP ポートの共有
  • Windows プロセス アクティブ化サービス サポート
    • HTTP アクティブ化
    • メッセージ キューのアクティブ化
    • TCP のアクティブ化
    • 名前付きパイプのアクティブ化
  • 分散トランザクション
    • 受信リモート トランザクション
    • 発信リモート トランザクション
    • Web サービス-アトミック トランザクション
  • ファイル サービス
  • 分散ファイル システム
    • DFS レプリケーション
また、ファイル サーバー リソース マネージャー (FSRM) 機能と、インデックス作成サービスの機能、ファイル サービス役割の役割サービスとして表示されます。役割の追加ウィザードを使用して、これらの機能をインストールできます。
  • ファイル サービス
  • ファイル サーバー リソース マネージャー
  • Windows Server 2003 のファイル サービス
    • インデックス サービス
メモ ファイル サーバー リソース マネージャーをインストールする場合は、ファイル サーバー リソース マネージャーのインストールは成功せず。ただし、この機能の Windows Web Server 2008 に設定を適用できないため、エラー メッセージが表示されます。ファイル サーバー リソース マネージャーがこのエラー メッセージにかかわらず機能として完全に機能です。

システム要件

以外の Server Core インストール オプションが Windows Server 2008 のリリース バージョンを実行している必要があります。

要件を再起動します。

コンピューターの再起動を回避するには、サーバー マネージャーでは、初期構成タスク、Servermanagercmd.exe はインストール プロセス中に実行されていないことを確認します。

言語機能

このインストール パッケージは、すべての言語版の Windows Server 2008 の設計されています。これらには、英語版、ローカライズ、および言語インターフェイス パックが含まれます。

サーバー マネージャーの更新プログラムのインストール パッケージ、更新プログラムのオペレーティング システムが選択されているロケールと一致する、サーバー マネージャーの言語パックが自動的にインストールされます。

サーバー マネージャーのアップデート完全の Windows Server 2008 でサポートされているすべての言語にローカライズされています。これらの言語は次のとおりです。
  • 簡体字中国語
  • 繁体字
  • チェコ語
  • オランダ語
  • ハンガリー語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア
  • 日本語版
  • 韓国語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • トルコ語
関連情報
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
948014Windows サーバー更新サービス 3.0 Service Pack 1 パッケージ
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
サーバー マネージャーでは、WSUS の更新

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:940518 - 最終更新日: 08/10/2011 15:45:00 - リビジョン: 7.0

  • kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseinter kbhotfixserver kbmt KB940518 KbMtja
フィードバック