現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ReadmeSP2.htm ファイルに記載されていないある BizTalk Server 2004 Service Pack 2 での既知の問題

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:940519
概要
Microsoft BizTalk Server 2004 Service Pack 2 (SP2) で、ReadmeSP2.htm ファイルに記載されていないいる既知の問題について説明します。
詳細

問題 1: BizTalk Server 2004 SP2 のインストールを BizTalk 追跡データベースをクリアするときの応答を停止

BizTalk Server 2004 の SP2 をインストールするときにダイアログ ボックスに、BizTalk 管理データベース (BizTalkDTADb) をオフにするとは、処理は行の数が表示されます。 [ 続行 ] をクリックすると、BizTalk 追跡データベースが完全にクリアされるまで、インストールの状態は更新されません。 クリアリング処理が数時間かかる場合は、1 つまたは複数、次の条件に該当。
  • BizTalk 管理データベースは非常に大きいです。
  • BizTalk Server 2004 の複数のインスタンスが、分離ホスト [アダプター ハンドラーのインスタンス実行されています。
時間を BizTalk 追跡データベースから追跡データをオフにする必要が適切な次のメソッドを使用します。

BizTalk Server 2004 の SP2 をインストールする前に、BizTalk 追跡データベースのサイズを減らす方法 1。

BizTalk 管理データベースが場合非常に大きくすることを検討 BizTalk Server 2004 の SP2 をインストールする前に、 dtasp_PruneTrackingdatabase ストアド プロシージャを実行します。 dtasp_PruneTrackingdatabase ストアド プロシージャの前に BizTalk Server 2004 SP2 バージョンの詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
894253[FIX、dtasp_PruneTrackingdatabase() ストアド プロシージャ数時間かかります BizTalk Server 2004 で DTA データベースをクリーンアップするには

方法 2: 分離ホストで実行されているアダプターのハンドラーのすべてのインスタンスを停止します。

BizTalk 管理データベースから追跡データをオフに必要な時間を短縮するには、BizTalk Server 2004 環境の分離ホストで実行されているアダプターのハンドラーのインスタンスをすべて停止します。 たとえば、次のインスタンスを停止します。
  • HTTP のすべてのインスタンスはハンドラーを受け取り、SOAP の受信ハンドラー
  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6. 0 アプリケーション プール内の分離のホストで実行されるアダプターのハンドラーのインスタンス
  • BizTalk Server 2004 と IIS 5. 0 を実行しているサーバーで、Microsoft COM + アプリケーション内の分離のホストで実行されるアダプターのハンドラーのインスタンス

問題 2: BizTalk Server 2004 のデータベースと、SQL Server エージェント ジョブが復元されない BizTalk Server 2004 の SP2 をアンインストールすると

BizTalk Server 2004 の SP2 をアンインストールすると、BizTalk Server 2004 の SP2 バイナリ削除されます。 さらに、期待どおり、Microsoft BizTalk Server 2004 Service Pack 1 (SP1) バイナリが復元されます。 ただし、BizTalk Server 2004 の SP2 に重要なデータベース スキーマの変更が表示されます。 BizTalk Server 2004 の SP2 をアンインストールすると、BizTalk Server 2004 のデータベースは BizTalk Server 2004 SP1 の状態に復元されません。 また、BizTalk Server 2004 の SP2 をアンインストールすると、SQL Server エージェント ジョブは BizTalk Server 2004 の SP2 をインストールする前に存在していた状態に復元されません。

BizTalk Server 2004 が BizTalk Server 2004 の SP2 をアンインストールすると、予期どおりに動作することを確認、手順します。
  1. BizTalk Server 2004 の SP2 をインストールする前に、BizTalk Server 2004 のデータベースのバックアップを持っていることを確認してください。 BizTalk Server 2004 の SP2 をアンインストールすると、既存のバックアップから BizTalk Server 2004 データベースを復元します。
  2. BizTalk Server 2004 の SP2 をインストールする前に SQL スクリプト、SQL Server エージェント ジョブを生成します。 BizTalk Server 2004 の SP2 をアンインストールすると、これらの SQL スクリプトから、SQL Server エージェント ジョブを再生成します。 SQL Server エージェント ジョブの SQL スクリプトを生成する方法の詳細については、Microsoft SQL Server のヘルプ ドキュメントを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:940519 - 最終更新日: 07/25/2007 18:03:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft BizTalk Server 2004 Service Pack 2

  • kbinfo kbtshoot kbreadme kbbtsservpack kbbts kbmt KB940519 KbMtja
フィードバック