Outlook から RFC で認められていない形式のメール アドレスにメールを送信すると、配信不能メールが返され送信できない

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
Microsoft Office Outlook 2003、Microsoft Office Outlook 2007、Microsoft Outlook 2010 および Microsoft Outlook 2013 (以降 Outlook) を使用して、「メール アドレスの @ の直前にピリオド (.) がある」または「@ より前でピリオドが連続する」といった、RFC (Request for Comments) で認められていない形式のメール アドレス宛にメールを送信すると、以下のような配信不能メールが返され、メールは送信されません。

注 : 以下は一例です。メール サーバーによって配信不能メールの形式や内容は異なり、英語で記載されている場合もあります。


例 1
[件名]
配信不能 : <メールの件名>

[本文内容]
このメールは、受信者全員または一部に届きませんでした。

例 2
[件名] <メールの件名>

[送信日時] <メールの送信日時>

[本文内容]
以下の受信者にメールを配信できません :

' <メール アドレス>' <メールの送信日時>
無効な受信者


詳細
Outlook では、RFC で認められていない形式のメール アドレスにメールを送信することはできません。これは Outlook の仕様です。したがって、Outlook からその受信者宛にメールを送信する場合は、別のメール アドレス宛に行います。

補足 : RFC (Request for Comments) とは、IETF (インターネット技術標準化委員会) により公開されている、インターネットの技術に関する標準仕様文書を指します。RFC では、メール アドレスの "@" より前の部分で、テキスト文字列をピリオド (.) で区切ることは認めていますが、区切り文字であるピリオドや "@" などを連続して使用することは認めていません。RFC で認められていないメール アドレスの形式には、以下のようなものが含まれます。

RFC で認められていない、よくあるメール アドレスの例
  • @ の直前にピリオド (.) があるメール アドレス : xxxx.@xxxxxx
  • @ より前で、ピリオド (.) が連続しているメール アドレス : xx..xx@xxxxxx


プロパティ

文書番号:940620 - 最終更新日: 10/04/2016 17:52:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003

  • kbprb kbinfo kbharmony kbexpertisebeginner KB940620
フィードバック