現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

グローバル カタログ サーバーで、Exchange Server サービスが自動的に起動しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:940845
現象
グローバル カタログ サーバーに Microsoft Exchange Server 2007年または Microsoft Exchange Server 2010年をインストールした後、Exchange Server サービスは開始されません。その他のサービスを手動で起動することができます。

この問題によりこの構成に含まれるサーバーがシャット ダウンに長い時間をかかる場合があります。

さらに、次のイベントはアプリケーション ログに記録され、イベント ビューアーを使用して表示することができます。
  • イベント ID: 1005年
    ソース: MSExchangeSA
    カテゴリ: 全般
    種類: エラー
    説明: 予期しないエラーが、ローカルのセキュリティ機関にすることはできません接続 ID no: 80090304 の Microsoft Exchange システム アテンダントが発生しました。
  • イベント ID: 2601年
    MSExchange ADAccess のソース:
    カテゴリ: 全般
    種類: 警告
    説明: MSEXCHANGEADTOPOLOGY のプロセス (PID = 1624年)。Microsoft Exchange Active Directory トポロジ サービスへのリモート プロシージャ コール (RPC) を初期化するときに Exchange を取得できませんでしたエラー コード<WKGUID=DC1301662F547445B9C490A52961F8FC,CN=Microsoft exchange,cn="Services,CN=Configuration,...">でのアカウントの SID = 80040934。Microsoft Exchange Active Directory トポロジ サービスは制限されたアクセス許可と起動を続行します</WKGUID=DC1301662F547445B9C490A52961F8FC,CN=Microsoft>。
  • イベント ID: 1121年
    ソース: MSExchangeIS
    カテゴリ: 全般
    種類: エラー
    説明: エラー 0x96e は、Microsoft Active Directory に接続します。
  • イベント ID: 5000
    ソース: MSExchangeIS
    カテゴリ: 全般
    種類: エラー
    説明: Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを初期化できませんでした。-0x96e のエラーです。
注: <b>最近のバージョンの Microsoft Exchange Server では、Microsoft Exchange システム アテンダントに以下の依存関係があります。たとえば、不要になった Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスが Microsoft Exchange システム アテンダントに依存します。そのため、この資料に記載されている現象が発生は、Microsoft Exchange Server の以前のバージョンで発生する現象と異なる場合があります。

原因
この問題は、ドメイン コント ローラー サービスとその他の Exchange サーバーの依存サービスを開始していない完全に Exchange Server 2007年または Exchange Server 2010年が起動する場合に発生する可能性があります。Exchange Server は、開始する前に、他のサービスとは異なります。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: サービスを手動で開始します。

Windows では、Exchange Server サービスを起動しようとしたときに問題が発生したことを通知、必要なすべての Exchange Server サービスを手動で開始できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 影響を受けるサーバーにログオンします。
  2. [スタート] メニューで、クリックを実行するには、型 services.mscと入力し、[OK] をクリックします。
  3. [結果] ウィンドウで、Microsoft Exchange サービスを検索します。
  4. サービスを右クリックし、[再起動] をクリックします。
  5. Exchange サービスは開始されませんが、手順 3 と 4 を繰り返します。

    サービスのスクリーン ショット
注:
  • 監視ソフトウェアも、Exchange Server が実行されていないことに検出します。
  • 適切な無停電電源装置 (UPS) を使用しているサーバーで再起動は管理者によって通常監視します。
  • 追加のダウンタイムが発生するリスクには、無人の再起動またはその他の従業員によって生成された再起動が含まれます。

方法 2: 依存関係を変更します。

Netlogon サービスと LSASS サービスに直接依存している他の Exchange Server サービスに依存しない、Exchange Server サービスには、このメソッドを使用します。依存サービスが開始されるまで開始を試みないように、Exchange Server サービスの依存関係を変更するのには、このメソッドを使用できます。

ここで簡単に解決する

変更する依存関係の場合、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、簡単に解決するソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

50328 の簡単な解決策
重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  • 依存関係を変更するのには Windows Server 2008 ベースのサーバーでは、自分で値を使用して次の表に、依存関係の適切な値を決定します。
    レジストリ パスレジストリの subkey(Multi_SZ)レジストリ値
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeSA
    によってイベント ログ、RPCSS である LanmanWorkstation、LanmanServer、Netlogon
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeADTopology
    によってNetlogon
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS
    によってNetlogon
  • 依存関係を変更するのには Windows server 2003 ベースのサーバーでは、自分で値を使用して次の表に、依存関係の適切な値を決定します。
    レジストリ パスレジストリの subkey(Multi_SZ)レジストリ値
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeSA
    によってイベント ログ、NtLmSsp、RPCSS、LanmanWorkstation、LanmanServer、Netlogon
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeADTopology
    によってNetlogon
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS
    によってNetlogon
注: <b>他の Windows サービスが開始できない場合、Exchange Server は起動しません。このメソッドは問題が解決しない場合は、Windows サービスを開始できません。ただし、このメソッドは、サーバーをシャット ダウンするために必要な時間を短縮する必要があります。


Exchange Server の起動を遅延する方法 3: 使用の BootPause

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


Exchange Server の起動を遅延させるには、BootPause レジストリ エントリを使用します。これを行うには、Microsoft Exchange システム アテンダントの開始を遅延する影響を受けるサーバーに次のレジストリ サブキーを追加します。
レジストリ パスレジストリ サブキー (DWORD)レジストリ値 (10 進数、値は秒単位です)
HKEY_LOCAL_MACHINE\\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeSA\Parameters
BootPause 120
注: <b>この問題を解決するのには、既定値として、120 を使用することをお勧めします。ただし、この値は、お客様の環境に適していない場合があります。Microsoft Exchange システム アテンダントを開始するには遅延を短縮するには、この値を減らすことができます。 またはお客様の要件に応じて、遅延時間を長くには、この値を増やすことができます。

Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server サービスを設定することもあります。Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server サービスが設定されていない場合、ディレクトリにアクセスするその他の Exchange Server サービスも失敗します。Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するサービスは、他のサービスが、Microsoft Exchange システム アテンダントを再起動したときにシャット ダウンする可能性があります。次のレジストリ エントリの例は、Microsoft Exchange システム アテンダントに依存する場合は、他の Exchange Server サービスを設定する方法を示します。
レジストリ パスレジストリ サブキー (レジストリ)レジストリ値
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeADTopology
によってMSExchangeSA
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS
によってMSExchangeSA

方法 4: 自動的に再起動するには、Microsoft Exchange システム アテンダントおよび他のサービスを設定します。

自動的に再起動するのには、任意のサービスを構成できます。サービスでは、何度か失敗した場合、それ自体の再開は、引き続きサービスを使用できます。

監視ソフトウェアまたはイベント ログを監視する必要はありません、サーバー上の問題が引き続き発生します。この方法では、問題をここで解決はします。さらに、エラーも記録されます。ただし、Exchange Server サービスは最終的に開始されます。

自動的に再起動するのには Exchange Server サービスを構成することがあるするには、「ここで簡単に解決するセクションに進んでください。自分で Exchange Server サービスを構成する場合に、「自分で解決するセクションに進んでください。

簡単に修正プログラムを次のとおりです: Exchange Server サービスを構成します。

自動的にこの問題を解決するのにをクリックして、をダウンロード ボタン。次に、[実行] をクリックしてまたはオープン ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックス ボックス、および簡単な修正プログラム ウィザードの手順に従います。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • いない場合に、問題があるコンピューターで、フラッシュ ドライバーまたは CD に簡単な解決策のソリューションを保存し、それを問題のあるコンピューターで実行します。




自分で解決する

50329 の簡単な解決策

自動的に再起動するサービスを構成するのには以下の手順を実行します。
  1. サービス MMC スナップインで、Microsoft Exchange の SystemAttendant のプロパティを開きます。
  2. [回復] をクリックします。
  3. [最初のエラー ] ボックスで、サービスを再起動してfirstfailure のサービスを再起動するをクリックします。
  4. サービスの再起動後] ボックスで次のように入力します。3 できるように、3 分後、サービスを再起動します。
  5. 各 Exchange Server サービスしない起動しないのは、手順 1 ~ 4 を繰り返します。

    注: <b>新しい Exchange Server サービスの一部を変更する必要はありません。たとえば、Microsoft Exchange トランスポート サービスには、restartlogic が含まれています。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この資料の手順を実行した後でも、次の例のように、Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server サービスを設定するのにはする可能性があります。
レジストリ パスレジストリ サブキー (レジストリ) レジストリ値
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeADTopology
によってMSExchangeSA
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS
によって MSExchangeSA
注意が必要
  • Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するその他の Exchange Server サービスが設定されていない場合も、ディレクトリにアクセスするその他の Exchange Server サービスは失敗します。
  • Microsoft Exchange システム アテンダントに依存するサービスは、他のサービスが、Microsoft Exchange システム アテンダントを再起動したときにシャット ダウンする可能性があります。
Exchange Server には、Microsoft Exchange 2000 Server 以降のこの問題が発生しました。一般的に勧め Active Directory ドメイン サービスまたは Active Directory ディレクトリ サービスを使用するサーバーで Exchange Server を実行することです。ただし、必要がある場合があることを認識してこの構成をサポート私たちの操作を行います。

Exchange Server 2007年および Exchange Server 2010年では、問題が解決しません。Microsoft Exchange トランスポート サービスなど、いくつかの新しいサービスでは、この問題を解決する組み込みがあります。ただし、古いサービスに対するこの問題を解決するプロセスは、非常に複雑です。Exchange Server の将来のバージョンでこの問題を最小限に抑えることを願っています。

イベント ID 1005 の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
318431 イベント ID 1005 エラー メッセージをログに記録され、システム アテンダントが応答しません。
fixit を修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:940845 - 最終更新日: 10/29/2015 03:42:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Windows Small Business Server 2008 Premium, Windows Small Business Server 2008 Standard

  • kbmsifixme kbfixme kbtshoot kbexpertiseinter kbprb kbmt KB940845 KbMtja
フィードバック
ml>body>