2007 Office System をインストールした Windows XP または Windows Server 2003 で Sysprep ツールを使用すると [既定の言語] が IME 2002 に戻る

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Microsoft Office IME 2003 については、次の資料を参照してください。896754
現象
Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 に 2007 Microsoft Office System をインストールした後に Sysprep ツールを使用した場合、Windows の [既定の言語] の設定が [日本語 - Microsoft Office IME 2007] に設定されず、[日本語 - Microsoft IME 2002] に戻ります。
原因
Sysprep ツールが、イメージを作成した際にキーボード レイアウトの設定を Windows インストール時の設定へ強制的に戻してしまうことが問題で発生します。
回避策
重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

方法 1 : マスター イメージを作成する前にレジストリを削除する

マスター イメージを作成する前にこの問題を回避するには、Sysprep にて再シールを行う直前に、以下のレジストリ値を削除します。

2007 Microsoft Office System Service Pack 1 未適用の場合
キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\IMEJP\12.0

値の型 : REG_DWORD

値 : SetPreload
2007 Microsoft Office System Service Pack 1 適用済の場合
キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\IMEJP\12.0

値の型 : REG_DWORD

値 : SetPreloadSP
: デフォルト ユーザーの設定をカスタマイズして、Default User プロファイルを上書きする場合、カスタマイズが完了しログオフする直前にも上記のレジストリを削除してから、カスタマイズされたプロファイルを Default User プロファイルへコピーします。

Windows XP SP2 の環境の場合、カスタマイズされたプロファイルが正しく反映されない問題があります。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください
887816 Windows XP Service Pack 2 インストール後の SysPrep ツールと RIPREP ツールの動作の変化

方法 2 : Sysprep ツール実行後にレジストリを削除する

Sysprep ツール実行後にこの問題を回避するには、次の手順で操作します。
  1. レジストリ エディタを起動します。
  2. 以下のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\IMEJP\12.0
  3. 以下の値を削除します。
    • 2007 Microsoft Office System Service Pack 1 未適用の場合の値 : SetPreload
    • 2007 Microsoft Office System Service Pack 1 適用済の場合の値 : SetPreloadSP
  4. レジストリ エディタを終了し、ログオフします。
  5. 再度、Windows にログオンします。
    ログオンにより [既定の言語] に [日本語 - Microsoft Office IME 2007] が設定されます。
詳細
2007 Office System がインストールされた環境に対して Sysprep ツールを使用してイメージを作成すると、以下のような問題が発生する場合があります。
  • 標準で使用する日本語入力が、IME 2007 よりも古いバージョンの IME 2002 に戻る
  • [地域と言語のオプション] の [言語] タブにある [詳細] ボタンをクリックすると、input.dll のエラーが発生する。この問題の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    887852 [地域と言語のオプション] ダイアログ ボックスの [詳細] をクリックすると input.dll に関するエラー メッセージが表示される
  • [テキスト サービスと入力言語] の [設定] タブにある [既定の言語] ドロップダウン リストが空欄になる
プロパティ

文書番号:940898 - 最終更新日: 10/04/2016 17:53:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)

  • kbharmony kbtshoot kbexpertiseinter kbinput KB940898
フィードバック