Outlook で配布グループのアクセス許可を設定しようとするときにエラー メッセージが表示される場合があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:941318
現象
Microsoft Outlook 2007 およびそれ以降のバージョンで配布グループ用のフォルダーのアクセス許可を設定することはできません。さらに、次のエラー メッセージのいずれかが表示される場合があります。

エラー メッセージ 1
1 つまたは複数のユーザーには、フォルダー アクセス一覧に beadded ことはできません。ローカル ユーザー以外のサーバの権限を与えることはできません。

エラー メッセージ 2
保存アクセス許可を変更したのでした。


代理人として配布グループを追加しようとする場合、次のエラー メッセージが表示されます。

ユーザーのユーザー名を追加することはできません。ローカル ユーザー以外のサーバーに権限を与えることはできません。

さらに、配布グループの横にある禁止記号が表示されます。禁止記号は、このスクリーン ショットに示すように取り消し線付きの円です。

原因
Outlook 2007 およびそれ以降のバージョンのフォルダーのアクセス許可、または配布グループのオブジェクトのアクセス許可を設定するのには許可されていませんので、この問題が発生します。
回避策
この問題を回避するには、配布グループの代わりにセキュリティ グループを作成します。次に、フォルダーのアクセス許可または一連のセキュリティ グループのアクセス許可の委任を設定します。
状況
この動作は仕様です。
詳細
以前のバージョンの Outlook と Exchange Server の Microsoft Exchange インフォメーション ストア プロセスはセキュリティ グループに配布グループを自動的に変換します。


ユニバーサル配布グループをユニバーサル セキュリティ グループに手動で変更する方法の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

https://blogs.msdn.microsoft.com/pepeedu/2010/08/26/how-to-change-a-udg-to-a-usg-in-exchange-2010/

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:941318 - 最終更新日: 04/20/2016 09:28:00 - リビジョン: 5.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007

  • kbtshoot kberrmsg kbexpertisebeginner kbprb kbmt KB941318 KbMtja
フィードバック