現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

エラー イベントは、Windows Server 2003 ベースのコンピューターでシステム状態のバックアップを実行しようとするときに生成します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:941956
現象
Windows Server 2003 ベースのコンピューターに登録されている 1 つ以上のプロバイダーがある場合は、ボリューム シャドウ コピー サービスは次の順序で、プロバイダーを起動しようと。
  1. ハードウェア プロバイダー
  2. ソフトウェア プロバイダー
  3. システムのプロバイダー
ただし、ハードウェア プロバイダーは、いくつかの理由で起動できない場合、期待どおりに、Ntbackup ツールはシステム状態のバックアップ実行できません。さらに、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。

種類: エラー
イベント ID: 12292
ソース: VSS
詳細: <the guid="" of="" third-party="" provider=""></the> 0x80070002

種類: エラー
イベント ID: 11
ソース: VSS
詳細: <the guid="" of="" third-party="" provider=""></the> HWPRV 0X80070002

イベントの種類: エラー
イベント ソース: VSS
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 12292
説明: ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: CLSID を持つシャドウ コピー プロバイダー COM クラスの作成エラー <the guid="" of="" third-party="" provider=""></the> [0x80040154] です。

解決方法
この問題を解決するには、システムにインストールされているプロバイダーの一覧を生成します。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
vssadmin リスト プロバイダー
このコマンドは、次の出力を生成します。
プロバイダー名: ' Microsoft ソフトウェア シャドウ コピー プロバイダー 1.0'
プロバイダーの種類: システム
プロバイダー Id: {b5946137-7b9f-4925-af80-51abd60b20d5}
バージョン: 1.0.0.7
これは、ボックスでボリューム シャドウ コピー サービスのシステム プロバイダーがインストールされている場合にのみ、既定の出力です。

コマンドは、追加のプロバイダーを返し、「現象」に記載されているエラーのイベントが発生した場合、製造元に問い合わせて、更新プログラムが問題のプロバイダーで使用できるかどうかを確認します。

ボックスでボリューム シャドウ コピー サービスのシステム プロバイダーを既定のプロバイダーとして使用するのには、Ntbackup ツールを構成するのには以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーし、右 clickit に移動します。
    HKey_Local_Machine\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\BackupRestore
  3. 新規作成] をポイントし、[ DWORDValue] をクリックします。
  4. タイプ UseMicrosoftProvider として名前の新しい DWORD 値、し、ENTER キーを押します。
  5. UseMicrosoftProviderをダブルクリックします。新しい機能を有効にするの種類 1 [] ボックスにします。新しい機能を無効にするには、次のように入力します。0 [] ボックスにします。
  6. Enter キーを押しながら、し、レジストリ エディターを終了します。
  7. サーバーを再起動します。
  8. Ntbackup ツールを使用すると、システムの statebackup を実行できます。
詳細
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
816819 マイクロソフトのプラットフォーム サポート レポート ユーティリティの説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:941956 - 最終更新日: 11/01/2015 02:36:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems

  • kbtshoot kbexpertiseinter kbprb kbmt KB941956 KbMtja
フィードバック