現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

使用方法のフィールドを識別して、BizTalk Server プロジェクトのプロパティを昇格

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:942250
概要
Microsoft Visual Studio で Microsoft BizTalk Server プロジェクトを作成すると、識別フィールドと昇格させたプロパティの両方としてフィールドを昇格できます。 ベスト プラクティスとして、フィールドを識別するフィールドまたは昇格させたプロパティを昇格する必要があります。 フィールドを識別フィールドと昇格させたプロパティの両方としてを昇格する必要があります。

この資料に識別フィールドを使ってプロパティを昇格する場合を考慮するいくつかの点について説明します。
詳細
識別フィールドを使用してプロパティを昇格して、次のポイントは、検討します。
  • 決定を下すまたはオーケストレーションでデータを操作する場合、識別フィールドを使用します。 パイプライン逆アセンブラーは、 更新データ のプロパティを識別フィールドとしてマークされたアイテムに対して、メッセージ コンテキストに挿入します。
  • メッセージ ルーティングの抽出条件として昇格させたプロパティを使用します。 ただし、昇格させたプロパティがオーケストレーションで利用できるでもいることがわかります。 パイプライン逆アセンブラーは、 Promoted プロパティを昇格させたプロパティとしてマークされたアイテムに対して、メッセージ コンテキストに挿入します。
  • 昇格させたプロパティは、パフォーマンス上の理由から 256 の文字に制限されます。 たとえば、昇格させたプロパティは比較演算ではストレージの操作でパフォーマンスを向上させるの 256 文字に制限します。
  • 書き込まれたプロパティには、サイズの制限はありません。 ただし、大きな値をメッセージ コンテキストに記述されている BizTalk Server によっても処理する必要があります。 したがって、パフォーマンスに影響する可能性があります。
  • 昇格させたプロパティできない昇格させたプロパティとして使用後、メッセージ コンテキストに値を記述します。 メッセージ コンテキストに記述する値が同じ名前と、プロパティの昇格に使用された名前空間含まれている場合この状況になります。
  • NULL 値を持つプロパティが、メッセージ コンテキストで許可されていません。 したがって、NULL 値は、メッセージ コンテキストに書き込まれます場合、この値は削除されます。
関連情報
BizTalk Server 2006 のメッセージの詳細については、ご覧次マイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) 下さい。メッセージを BizTalk Server 2006 の処理の詳細については、ご覧次 Microsoft MSDN 下さい。BizTalk Server 2004 でメッセージング エンジンの詳細については、次のマイクロソフト MSDN Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:942250 - 最終更新日: 10/31/2007 04:10:00 - リビジョン: 1.6

Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Standard Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 Standard Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2004 Standard Edition, Microsoft BizTalk Server 2004 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2004 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2004 Partner Edition

  • kbhowto kbinfo kbbtsmessaging kbbts kbmt KB942250 KbMtja
フィードバック