現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

[FIX Microsoft BizTalk Server 2006 R2 では、Windows 通信 Foundation (WCF) アダプターを使用すると、問題が発生する可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:942612
現象
Microsoft BizTalk Server 2006 R2 では、Windows 通信 Foundation (WCF) アダプターを使用すると、以下の問題のいずれかが発生することがあります。

問題 1

カスタム バインドが送信プロセスを使用すると、WCF アダプターの名前空間情報を渡しません。 開始タグを XML ファイルに書き込む、writeStartElement メソッドを呼び出すと、そのため、XML ファイルの開始タグする名前空間と関連付けられていません。

問題 2

次の条件に該当する場合、WCF アダプター不正確なデータが生成されます。
  • 文字列のエンコーディングを使用するテンプレート メッセージ WCF アダプターの送信ポートを使用します。
  • テンプレートのメッセージのサイズは 4 KB よりも大きくなります。
  • テンプレートのメッセージの非 UTF8 エンコーディングが使用されます。

問題 3

WCF アダプター Machine.config ファイルでトランザクションのタイムアウト設定に準拠していません。 WCF アダプター最大トランザクション タイムアウトを設定すると、60 分です。 トランザクションのタイムアウト設定 Machine.config ファイルに 60 分を超える場合でも、トランザクションのタイムアウト値は変更されません。
原因
これらの問題はバグ Microsoft.BizTalk.Adapter.Wcf.Runtime.dll アセンブリ内のために発生します。
解決方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。 この問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムのダウンロードに使用できる場合は、この「サポート技術情報」(Knowledge Base) 資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合は、修正プログラムを取得するのには、マイクロソフト カスタマーサービスとサポートに問い合わせてください。

メモ 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。 完全な一覧マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムを使用可能な言語が表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語で利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている BizTalk Server 2006 R2 を持っている必要があります。

再起動について

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

レジストリについて

レジストリを変更する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。 この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。 世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻をこれらのファイルに一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.biztalk.adapter.wcf.runtime.dll3.6.1413.2209,9842007 年 9 月 27 日09: 19x86
メモ ファイルの依存関係のため、これらのファイルに含まれている最新の修正プログラムも他のファイルを含めることがあります。
状況
マイクロソフトでは、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
「現象」で説明した問題の修正プログラムは次ののとおりに固定されています。

問題 1

名前空間情報が、writeStartElement メソッドに渡されるように、コードが変更されています。

問題 2

アダプターはアダプター メッセージ ストリーム、BizTalk Server メッセージ ストリームからを構築すると、バイト順マーク (BOM) からメッセージのエンコードが検出されます。

問題 3

システムのタイムアウト設定の WCF アダプター タイムアウト設定値が使用されます。 システムのタイムアウト設定の既定値は 10 分です。 この値は、Machine.config ファイルを変更することによって変更できます。 たとえば、15 分後にタイムアウト設定を変更するのには、Machine.config ファイルで次のセクションを変更することができます
<configuration> <system.transactions>   <machineSettings maxTimeout="00:15:00" /> </system.transactions></configuration>
ソフトウェア更新の用語の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:942612 - 最終更新日: 11/01/2007 16:53:00 - リビジョン: 1.5

  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Standard Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch
  • kbfix kbqfe kbpubtypekc kbbtsadapters kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbbiztalk2006r2sp1fix KB942612 KbMtja
フィードバック
if?DI=4050&did=1&t=">tps://c.microsoft.com/ms.js"> y>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");