P2V プロセスを開始するシステム センター Virtual Machine Manager 2007 で物理-仮想 (P2V) ウィザードを使用しようとすると、エラー メッセージ:「メモリ不足利用可能な」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:942983
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
P2V プロセスを開始する Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2007 で、物理-仮想 (P2V) ウィザードを使用すると、次のようなエラー メッセージが表示されます可能性があります。
メモリ不足できません。 利用可能な最大メモリは 1492 MB です。 準備金のアカウンティング、利用可能な最大メモリは 1236 MB です。
メモ 最大メモリの値は、エラー メッセージで異なります。
原因
この問題は、対象となる物理システムは、仮想サーバーが割り当てる能力より多くの物理のランダム アクセス メモリ (RAM) があるために発生します。 P2V ウィザードによってように、対象となる物理システムの RAM 容量に等しい、バーチャル マシン用のメモリに構成されます。 バーチャル マシンのメモリ設定は、P2V ウィザードを使用して指定できません。
解決方法
この問題を解決する PowerShell スクリプトを使用するを使用して、P2V プロセスに開始、-MemoryMB を切り替えます。 このスイッチを使うと、バーチャル マシンのメモリ設定の値を指定できます。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
仮想サーバーは、利用可能なの物理メモリのバーチャル マシンを割り当てます。 仮想サーバーがある物理 RAM をバーチャル マシン用に構成できる最大量に影響します。

Virtual Machine Manager 管理コンソールを使用できます [ ホストのプロパティ ] ダイアログ ボックスで、[ ハードウェア ] タブをクリックしての仮想サーバーの最大構成されているメモリを表示します。 この情報は、仮想サーバーの管理 Web サイト [ 物理コンピューターのプロパティ ] をクリックしても検索できます。
SCVMM

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:942983 - 最終更新日: 01/15/2015 01:54:18 - リビジョン: 1.1

Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2007

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB942983 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)