Windows Server 2008 での新しいグループ ポリシー基本設定に関する情報

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:943729
はじめに
この資料では、Windows Server 2008 で新しい項目を処理するのには、ダウンレベル コンピューターを有効にする方法を新たに追加されたグループ ポリシーの基本設定について説明します。グループ ポリシーの基本設定は、変更可能な設定は、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) の範囲を拡張する 20 を超える新しいグループ ポリシー クライアント側拡張子 (Cse) で構成されています。グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) のグループ ポリシー管理エディター] ウィンドウではこれら新しい基本設定の拡張機能が含まれています。新規の拡張子を選択すると、各拡張機能を使用して作成することができます] 基本設定項目の種類が一覧表示されます。新しいグループ ポリシー基本設定の拡張機能の例としては、次のとおりです。
  • フォルダー オプション
  • ドライブのマップ
  • プリンター
  • スケジュールされたタスク
  • サービス
  • [スタート] メニュー
新しいグループ ポリシーで Windows Server 2008 R2 のものの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 「関連情報」に記載されているパッケージでは、Cse 新しいグループ ポリシー基本設定機能が含まれます。これらの Cse は、新しい基本設定項目を処理するのには、Windows Vista では Windows XP Service Pack 2 (SP2)、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) では、必要があります。

このインストーラー ユーザー インターフェイスは、グループ ポリシーの基本設定を設定する方法についてを提供しません。この新機能はユーザーまたはの次のコンピューターに GPMC のグループ ポリシー管理エディター] ウィンドウで [コンピューターの構成] の下の新しい初期設定フォルダーでのみ構成できます。
  • Windows Server 2008 ベースのコンピューター
  • Windows がインストールされているリモート サーバー管理ツール (RSAT) が Vista SP1 ベースのコンピューター
重要PolicyMaker の既存のお客様に対しては、このインストーラーは既存の PolicyMaker の Cse のインストール削除されます。これの PolicyMaker の設定、gpo のグループ ポリシーの基本設定の設定を移行するが、PolicyMaker の設定を現在処理しているコンピューターにはインストールしないでください。PolicyMaker の設定から移行するグループ ポリシーの基本設定の設定を自動化するためのツールは非常にすぐに利用できます。
詳細
グループ ポリシーの基本設定の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Windows Update を使用して、新しい Windows Server 2008 グループ ポリシーの基本設定のクライアント側拡張子を Windows Server 2003 および Windows XP の最新バージョンをダウンロードできます。

これらの更新されたバージョンは、次の問題を解決します。
  • Cse は、service pack をインストールすると削除されます。
  • パッケージをアンインストールして再インストールすると削除オプションは追加と削除] で利用可能なありません。
  • 削除プログラムの追加とのサポートの無効な URL です。
  • 不正なタイトルは、[インストールされた更新プログラム] ウィンドウで表示されます。
  • Vista のパッケージは、Service Pack 2 以降をインストールします。
または、元グループ ポリシー基本設定のクライアント側拡張子のオペレーティング システムをダウンロードするには、いずれか、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。これらの更新プログラムのオリジナル リリース版をインストールしようとしています、インストールに失敗すると、次のエラー メッセージが表示されること。

エラーのタイトル バーのテキスト:
Windows インストーラーを更新します。

エラー メッセージ テキスト。
この更新プログラムをシステムには適用されません。
この問題が発生した場合は、更新プログラムの再リリース バージョンをインストールします。

前提条件

XmlLite では、Windows Server 2003 および Windows XP で新しい Windows Server 2008 グループ ポリシーの基本設定クライアント側の拡張機能を正常にインストールが必要です。XmlLite の詳細については。次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 XmlLite のパッケージをダウンロードするには、いずれか、次のマイクロソフト Web サイトを参照してくださいWindows Server 2003、64-bit editionWindows Server 2003 32-bit editionWindows XP 64-bit editionWindows XP は、32 ビット版

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:943729 - 最終更新日: 07/18/2012 08:22:00 - リビジョン: 10.0

Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition

  • kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbmt KB943729 KbMtja
フィードバック