更新プログラムの検出と削除したファイルの復元を提供する、ファイル管理 Api を拡張

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

943790
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Windows Vista Service Pack 1 (SP1)、2011 年 7 月 12日、終了をサポートしてください。Windows 用のセキュリティ更新プログラムを受信を続行するには、Service Pack 2 (SP2) で Windows Vista を実行しているかどうかを確認します。詳細についてには、このマイクロソフト web サイトを参照してください。 Windows の一部のバージョンのサポート終了します。.
概要
Windows オペレーティング システムの現在のファイル システム Api を操作します。削除されたファイルを検出し、復元する簡単な方法提供されません。新しいバージョンファイルの管理 Api が利用可能暗号化されていないファイルを検出し、復元するのには、サード パーティの開発者を削除ボリューム。これは、新しい Api もできます。開発者は、パスワードまたは回復キー ファイルを渡します。したがって、検出して BitLocker 暗号化されてから削除されたファイルを復元できます。ボリューム。ただし、ファイルの管理 Api はほかの種類のファイルの復元をサポートして暗号化されたボリュームの。

これらの新しい Apiファイル管理 Api は Windows 7 は、Windows vista、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 の拡張をのみ使用できます。さらに、これらの関数は、オフライン環境で関数を使用する場合にのみサポートされています、Windows プレインストール環境 (Windows PE) などとして、またはWindows 回復環境 (Windows RE)。

詳細については個々 の関数についての情報この更新プログラム提供する、次を参照してください。マイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) のサイト。
詳細

情報を更新します。

この更新プログラムを入手する方法

次のファイルをマイクロソフトからダウンロード可能します。ダウンロード センター:
オペレーティング ・ システム更新プログラム
X 86 ベース バージョンの Windows Vista と Windows Server 2008 のすべてサポートダウンロード更新プログラム パッケージをダウンロードします。
サポートするすべての Windows Vista と Windows Server 2008 の x64 ベース バージョン xダウンロード更新プログラム パッケージをダウンロードします。
サポートするすべての Windows 7 の x86 ベースのバージョン xダウンロード更新プログラム パッケージをダウンロードします。
X x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 および Windows 7 のサポートするすべてダウンロード更新プログラム パッケージをダウンロードします。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

インストールの手順


Windows PE イメージにこの更新プログラムを展開するには、次の手順を実行します。

メモ X の x64 ベース バージョンの Windows を実行しているコンピューターにこの更新プログラムを適用するには、交換してください。 x 86 使用する SMTP サーバー x64 手順 1 と 2 のコマンドで。
  1. 一時的な場所にファイルを手動で抽出します。行うにはこれには、コマンド プロンプトで、実行、次のコマンド。
    展開し、-f: * パス \Windows6。X・ KB943790 ・ x86.msu ターゲット パス 1
    展開し、-f: * ターゲット パス 1 \Windows6。X・ KB943790 ・ x86.cab ターゲット パス 2
  2. Winpe.wim ファイルをマウントしてから、Imagex.exe ツールを実行とともに、 /mountrw 構文があります。コマンド プロンプトでこれを行うには、次を実行します。コマンド:
    IMAGEX。EXE/mountrw Winpe.wim 1 舞台裏のパス
  3. マウントされているディレクトリに、更新されたファイルをコピーします。Winpe.wim ファイルです。
  4. マウント解除します。Winpe.wim ファイルし、Imagex.exe を実行ツールと共に、 /commit構文があります。これを行うには、次のコマンドを実行します。
    IMAGEX。EXE/commit

前提条件

この更新プログラムを適用するには、コンピューター、次のオペレーティング システムのいずれかが実行されている必要があります。
  • Windows Vista Service Pack 1 では
  • Windows Server 2008
  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動するとして必要。

置換情報を更新します。

この更新プログラムは、他の以前リリースされた置き換わりません更新します。

ファイル情報

この更新プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
サポートされているすべての Windows Vista および Windows Server 2008 の x86 ベースのバージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Fmapi.dll6.0.6000.16754104,4562008 年 9 月 19 日20: 33x 86
サポートされているすべての Windows Vista と Windows Server 2008 の x64 ベース バージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Fmapi.dll6.0.6000.16754124,4242008 年 9 月 19 日20: 33x64
サポートされているすべての Windows 7 の x86 ベースのバージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Fmapi.dll6.1.7651.0116,2242009 の 11 月 19 日13: 46x 86
サポートされているすべての Windows Server 2008 R2 および Windows 7 の x64 ベース バージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Fmapi.dll6.1.7651.0135,1682009 の 11 月 19 日13: 44x64
関連情報
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:943790 - 最終更新日: 01/16/2015 09:54:14 - リビジョン: 5.0

  • Windows Vista Service Pack 1
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Starter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Foundation
  • Windows HPC Server 2008
  • Windows Web Server 2008
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Web Server 2008 R2
  • kbnosurvey kbarchive kbexpertiseadvanced atdownload kbfix kbqfe kbmt KB943790 KbMtja
フィードバック