可用性、Enterprise Manager のコレクションのサーバーの現在までのクライアント セキュリティの更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:943846
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Forefront クライアント セキュリティ (FCS) Enterprise Manager これらの展開のより簡単に管理できるために複数の FSE クライアント展開を集中します。 現在までのクライアント セキュリティを標準シングルサーバーまたはデュアルサーバー展開することの Enterprise Manager の基盤をいいます。 互換性 Enterprise Manager で有効にするには、現在までのクライアントのセキュリティ コレクション サーバー上に次アップデートを適用する必要があります。
詳細
この更新プログラムを Windows Server の更新サービスからまたは Microsoft Update から入手できます。

この更新プログラムは、現在までクライアント セキュリティ Microsoft オペレーション マネージャー (MOM) 2005年管理パックに変更を含みます。 これらの変更が Enterprise Manager として使用される 1 つ、FCS サーバー必要です。 他の任意の FCS のインストールこれらの変更は省略可能です。

情報を更新します。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の要件

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

置き換えに関する情報を更新します。

この修正プログラムが他の修正プログラムを置き換えることはありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語版にファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [ 日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。
ファイル名ファイルのサイズ日付時間
SecurityMP.akm200,5222007 年 12 月 11 日1: 34
関連情報
ソフトウェア更新の用語についてについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
FCS

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:943846 - 最終更新日: 01/15/2015 17:27:53 - リビジョン: 1.2

Microsoft Forefront Client Security

  • kbnosurvey kbarchive kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbmt KB943846 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)