Visual Studio 2005年で実行可能ファイルにマニフェスト ファイルを埋め込む方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:944276
概要
この資料では、Microsoft Visual Studio 2005年で実行可能 (.exe) ファイルにマニフェスト ファイルを埋め込む方法について説明します。"Windows Vista の認定"プログラムを開発する場合は、実行可能ファイルにマニフェスト ファイルを埋め込むことがあります。
詳細
この資料では、プレース ホルダーに appname サンプル アプリケーションを参照します。交換する必要があります、 appname アプリケーションの実際の名前のプレース ホルダーです。

実行可能ファイルに埋め込むマニフェスト ファイルには、以下の手順を実行します。
  1. Visual Studio 2005 では、アプリケーションを開きます。
  2. [ビルド] メニューで、[構成マネージャー] をクリックします。
  3. [構成マネージャー] ウィンドウでは、 x86の項目が、[アクティブ ソリューション プラットフォーム] ボックスの一覧に既に存在するかどうかを決定します。
    • X86の項目が存在しない場合は、手順 4 に進みます。
    • X86の項目が既に存在する場合を選択して<Edit…></Edit…>で、[アクティブ ソリューション プラットフォーム] ボックスの一覧。ソリューション プラットフォームの編集] ダイアログ ボックスで [ x86] をクリックを選択し、削除を、] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  4. [構成マネージャー] ウィンドウで、次のように選択します。<New…></New…>で、[アクティブ ソリューション プラットフォーム] ボックスの一覧です。
  5. 新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスで次のように入力します。 x86入力または新しいプラットフォームを選択します] ボックスで、次のように選択します。 <Empty></Empty>設定のコピー元] ボックスの一覧で、[新しいプロジェクト プラットフォームを作成する] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  6. [構成マネージャー] ウィンドウで、[閉じる] をクリックします。

    注: <b> ビルド後のスクリプトを使用して、MT.exe ファイルを呼び出すには場合、は、ビルド後のスクリプトを削除します。この例では、マニフェスト ファイルを埋め込む、MT.exe ファイルを呼び出すことはありません。
  7. [ビルド] メニューで、ソリューションのリビルド]をクリックします。
  8. [ファイル] メニューの [ソリューションを閉じるをクリックします。
  9. メモ帳を起動し、新しい文書に次のコードを貼り付けます。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?><assembly xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" manifestVersion="1.0">  <trustInfo xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v3">    <security>      <requestedPrivileges>        <requestedExecutionLevel level="asInvoker" uiAccess="false"/>      </requestedPrivileges>    </security>  </trustInfo></assembly>
  10. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、としては、このファイルを保存し、 appname。 exe.manifest。
  11. [ファイル] メニューの [閉じる] をクリックします。
  12. Visual Studio 2005年で開くには、 appname.exe ファイルです。ツリー ビューが表示されます。
  13. をクリックしますappname.exeノードで、[リソースの追加] をクリックします。
  14. リソースの追加] ダイアログ ボックスで、[インポート] をクリックして、検索、 appname。 exe.manifest ファイル、および、[開く] をクリックします。
  15. カスタム リソースの種類] ダイアログ ボックスで次のように入力します。 RT_MANIFESTと入力し、[OK] をクリックします。
  16. プロパティパネルで、 IDプロパティを「101」から「1」の値を変更します。

    注: <b> マニフェスト内の XML が正しいことを確認する場合は、バイナリを表示するのには、ツリー ビュー内のマニフェストをダブルクリックします。ASCII データが表示されます。
  17. [ファイル] メニューで、すべてを保存] をクリックします。
場合、 appname.exe ファイル配置の ClickOnce アプリケーションの一部では、ClickOnce アプリケーションのマニフェスト ファイルと配置マニフェスト ファイルを更新する必要があります。実行可能ファイルにマニフェスト ファイルを埋め込むと、実行可能ファイルのハッシュが変更されたために、これを行う必要があります。ClickOnce アプリケーションのマニフェスト ファイルと配置マニフェスト ファイルを更新するには、マニフェストの生成および編集ツールを使用します。コマンド ライン バージョン (Mage.exe) か、Windows フォーム バージョン (MageUI.exe) を使用することができます。

Mage.exe を使用する場合、コマンド プロンプトを開き、Mage.exe が格納されているディレクトリへのアクセスおよび次の 2 つのコマンドを実行しています。
mage.exe u appname.exe.manifest ファイルのインストール先ディレクトリ\appname.exe.manifest -名」AppName"-バージョン アプリケーションのバージョン FromDirectory- appname.exe.manifest ファイルのソース ディレクトリ cf .pfx ファイルのディレクトリ\name.pfx -pwd」パスワード"

mage.exe u .application ファイルのディレクトリ\appname.application -appm appname.exe.manifest ファイルのディレクトリ\appname.exe.manifest cf .pfx ファイルのディレクトリ\name.pfx -pwd」パスワード"

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:944276 - 最終更新日: 08/06/2016 22:32:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft .NET Framework 2.0

  • kbexpertiseadvanced kbhowto kbmt KB944276 KbMtja
フィードバック