現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

IIS 6.0 および IIS 7.0 HTTP ログに - を行うフィールドの説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:944884
はじめに
インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 および IIS 7.0 HTTP ログ - を行うフィールドの機能について説明します。
詳細
既定では、IIS は、W3C 拡張ログ ファイル形式を使用して HTTP サイトの利用状況を記録します。IIS マネージャーを使用すると、ログ ファイルに含めるフィールドを選択できます。これらのフィールドの 1 つ - を行うフィールドです。

を行うフィールドは、要求の処理にかかる時間の長さを測定します。クライアント要求のタイムスタンプは HTTP.sys は要求の先頭バイトを受信したときに初期化されます。HTTP.sys は、担当する IIS のアクティビティをログする HTTP カーネル モード コンポーネントです。クライアント要求のタイムスタンプは HTTP.sys が要求を解析を開始する前に初期化されます。最後の IIS 応答送信の完了が発生すると、クライアント要求のタイムスタンプが停止します。

を行うフィールドにはから IIS 6.0 には、ネットワークの時間には、通常が含まれます。HTTP.sys - を行うフィールドの値をログに記録する前に、HTTP.sys は、通常、操作の最後の応答パケットを確認するのには、クライアントが待機する時間を送信または HTTP.sys は、基になる TCP 接続をリセットするのには、クライアントを待機します。したがって、大きな応答または大きな応答をクライアントに、低速ネットワーク接続を介して送信すると、- を行うフィールドの値以上予想可能性があります。

メモ 次の条件のいずれかに該当する場合 - を行う] フィールドの値ネットワーク時間は含まれません。
  • 応答のサイズが 2 KB 以下で、応答のサイズはメモリからです。
  • TCP のバッファーを使用します。HTTPAPI.dll が使用するアプリケーションは、Windows Server 2003 Service Pack 1 およびそれ以降の TCP のバッファリングを有効にするのには、HTTP_SEND_RESPONSE_FLAG_BUFFER_DATA フラグを設定できます。これは、サーバーは、クライアントの対応する受信確認を待たずにすべての応答データをクライアントに送信することができます。
関連情報
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
324279Web サイトの Windows Server 2003 でログ出力を構成する方法
W3C 拡張ログ ファイル形式の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
6.0 を IIS 7.0

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:944884 - 最終更新日: 08/10/2011 17:05:00 - リビジョン: 4.0

  • kbhowto kbinfo kbpubtypekc kbmt KB944884 KbMtja
フィードバック
d")[0].appendChild(m);