Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 1 について

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
マイクロソフトは、Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1) の更新プログラムのロールアップ 1 をリリースしました。この資料では、この更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • この更新プログラムのロールアップで修正される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • この更新プログラムのロールアップをインストールするための必要条件
  • 既知の問題が存在するかどうか
はじめに

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Exchange Server 2007 SP1 の更新プログラムのロールアップ 1 を適用することにより、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている問題が修正されます。
  • 925252 Exchange Server 2007 で Store.exe プロセスの CPU リソース使用率がほぼ 100% に達し、パブリック フォルダ ストアのサイズが急速に大きくなる
  • 935894 Exchange Server 2007 の Outlook Web Access 仮想ディレクトリに対する FilterWebBeaconsAndHtmlForms パラメータの設定に関係なく、電子メール メッセージの添付ファイルに含まれている Web ビーコンおよび HTML フォームがブロックされる
  • 938957 Exchange Server 2007 で、Exchange Web サービスの GetItem 操作を使用すると重複した文字列が返される
  • 940053 ユーザーが DAV 電子メール クライアント プログラムを使用してメールボックスにアクセスして電子メール メッセージをダウンロードするときにエラー メッセージ "HTTP 500 - 内部サーバー エラー" が表示される
  • 941655 Exchange Server 2007 サーバーで Store.exe プロセスが応答を停止し、イベント ID 9659 がログに記録される
  • 941805 特定の月の 31 日に 1 年ごとの定期的な予定を設定するとエラー メッセージ "定期的なアイテムの日付が無効です" が表示される
  • 941851 Exchange Server 2007 のユーザー宛てに HTML 電子メール メッセージを送信すると、Outlook でそのメッセージ内の文字が正しく表示されない
  • 942374 Exchange Server 2007 で、メールボックスに対して設定された予定に従来の空き時間情報が表示されなくなる
  • 942418 Outlook 2007 で、委任された電子メール メッセージの件名が正しく表示されない
  • 942424 Exchange Server 2007 ベースのコンピュータで、Microsoft Exchange Information Store サービスを開始したときまたはデータベース ストアをマウントしたときに、サービスが予期せず停止する
  • 942647 Exchange Server 2007 で拡張文字を使用すると、電子メール アドレスの表示名が RFC 2047 に従って正しくエンコードされない
  • 942814 POP3 接続または IMAP4 接続を使用して Exchange Server 2007 のメールボックスに接続するように Outlook 2007 クライアントを構成する場合に、アカウント設定のテスト処理が失敗する
  • 943149 Outlook Web Access for Exchange Server 2007 で電子メール メッセージを作成するときに、[件名]、[宛先] または [Cc] のボックスにポーランド語の文字 "Ł" を入力できない
  • 943163 Exchange Server 2007 を実行しているコンピュータで Test-OwaConnectivity および Test-ActiveSyncConnectivity コマンドレットが正常に実行されない
  • 943264 Exchange Server 2007 で、IMAP サービスによりタグのない EXISTS 応答が EXPUNGE コマンドの前に返される
  • 943371 Exchange Server 2007 環境でイベント ID 8206、8213 および 8199 がログに記録される
  • 943479 Move-Mailbox コマンドレットを使用して Exchange 2003 組織から Exchange Server 2007 組織にメールボックスを移行すると、複数の移行元メールボックスが 1 つの移行先メールボックスに移行される
  • 944321 Exchange Server 2007 ベースのエッジ サーバーで Edgetransport.exe プロセスが予期せず停止することがある
  • 944451 ハブ トランスポートの役割とメールボックスの役割の両方をホストする Exchange Server 2007 サーバーに対して Get-MessageTrackingLog コマンドレットを実行すると、MailSubmission ログのエントリのみが返される
  • 945046 Exchange Server 2007 エッジ サーバーを使用して電子メール メッセージを送信すると NDR メッセージが届く
  • 945141 Exchange Server 2007 ベースのサーバーに対して実行されている IMAP4 クライアントで待ち時間が発生したり処理に時間がかかったりすることがある
  • 945428 Exchange Server 2007 環境で電子メール メッセージに異常があり読み取ることができない
詳細

更新プログラムのロールアップの情報

この更新プログラムのロールアップは、Exchange Server 2007 RTM (Release To Manufacturing) には適用できません。RTM 版の Exchange Server 2007 に適用できる更新プログラムのロールアップの一覧については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料の「Exchange Server 2007 RTM 用の更新プログラムのロールアップ」を参照してください。
937052 Exchange 2007 用の最新の更新プログラムのロールアップを入手する方法

ダウンロード情報

Exchange Server 2007 SP1 の更新プログラムのロールアップ 1 をダウンロードしてインストールするには、次の Microsoft Update Web サイトにアクセスしてください。 : Exchange Server 2007 の更新プログラムのロールアップは、クラスタ化された Exchange Server 2007 システムでは Microsoft Update によって検出されません。

Exchange Server 2007 を実行している複数のコンピュータに Exchange Server 2007 SP1 の更新プログラムのロールアップ 1 を適用する必要がある場合、または Exchange Server 2007 を実行しているクラスタ化されたサーバーに Exchange Server 2007 SP1 の更新プログラムのロールアップ 1 を適用する必要がある場合は、「Microsoft ダウンロード センター」から更新プログラムのロールアップを入手することもできます。

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

ダウンロードExchange Server 2007 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 1 パッケージ

リリース日 : 2008 年 2 月 28 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

Exchange Server 2007 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 1 の必要条件を以下に示します。
  • この更新プログラムのロールアップを適用する前に Exchange Server 2007 SP1 をコンピュータにインストールします。
  • この更新プログラムのロールアップを適用する前に、Exchange Server 2007 用の暫定的な更新プログラムをすべて削除します。

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用する際に、必要に応じてサービスは自動的に停止され、再開されます。

アンインストール情報

Exchange Server 2007 SP1 の更新プログラムのロールアップ 1 を削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、更新プログラム 945684 を削除します。
関連情報
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
SP1 Ru1 rollup update exchange
プロパティ

文書番号:945684 - 最終更新日: 01/16/2015 02:16:17 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexpertiseinter atdownload KB945684
フィードバック