Internet Explorer がインストールされている web サーバーを参照するとエラー メッセージ:「ASP 0177:8000ffff」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:945701
現象
Windows Internet Explorer を実行している Windows ベースのサーバーで、MS07-045 (KB937143) よりも大きいのある Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。ここでは、サーバーを参照するのには、任意の web ブラウザーを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます。
サーバー オブジェクト エラー ' ASP0177: 8000ffff'
Server.CreateObject が失敗しました
<FileName></FileName>.asp を行 <LineNumber></LineNumber>
8000ffff
参照する web サイトを呼び出す、Active Server Pages (ASP) ページである場合は、この問題が発生します。NET マネージ コンポーネントです。

メモ これは、。NET マネージ コンポーネントは .NET 相互運用機能を使用します。
解決方法

セキュリティ更新プログラムの情報

この資料に記載されている修正プログラムは、セキュリティ更新プログラム 950759 (MS08-031) に含まれています。

メモ 一般的な配布リリース (GDR) 更新プログラムのバージョンは、この問題を解決されません。

詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
950759MS08-031: 累積的なセキュリティ更新プログラムは Internet Explorer の
修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
897225累積的なセキュリティ更新プログラムを Internet Explorer に含まれている修正プログラムをインストールする方法
メモ この修正プログラムを有効にするのには、「関連情報」に記載されているレジストリ キーを追加しなければなりません。

Windows XP 用の修正プログラム情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。しかし、これはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムさらにテストを行う場合があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するのには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は場合、まれに通常サポート依頼にかかるは料金が適用されます。通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

これを適用するのには修正プログラムは、Windows XP サービス パック 2 をインストール (SP2) が必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが、他のいかなる修正プログラムも置き換えることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
ファイル名ファイル バージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Urlmon.dll7.0.6000.207331,162,7522007 年 12 月 07 日05:53x86

Windows Server 2003 用の修正プログラム情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。しかし、これはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムさらにテストを行う場合があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するのには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は場合、まれに通常サポート依頼にかかるは料金が適用されます。通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

これを適用するのには修正プログラムは、Windows Server 2003 サービス パック 2 をインストールしてください。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが、他のいかなる修正プログラムも置き換えることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
ファイル名ファイル バージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Urlmon.dll7.0.6000.207331,162,7522007 年 12 月 6 日19:32x86

Windows Vista 用の更新プログラムに関する情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。しかし、これはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムさらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次の Windows Vista service pack のリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するのには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は場合、まれに通常サポート依頼にかかるは料金が適用されます。通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが、他のいかなる修正プログラムも置き換えることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
ファイル名ファイル バージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Update.mumない該当します。2,0312007 年 12 月 05 日12:47ない該当します。
X86_395ee482d2c34d4bc21bf30dc6c83930_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20733_none_6a8300a61a7b767b.manifestない該当します。7242007 年 12 月 05 日12:47ない該当します。
X86_microsoft-windows i.ersandsecurityzones_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20733_none_b369071af2d69a04.manifestない該当します。283,4922007 年 12 月 05 日12:47ない該当します。
Urlmon.dll7.0.6000.207331,162,7522007 年 12 月 05 日04:09x86

Windows Server 2008 の修正プログラム情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。しかし、これはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムさらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次の Windows Server 2008 service pack のリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するのには、修正プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は場合、まれに通常サポート依頼にかかるは料金が適用されます。通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

重要な Windows Vista と Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。ただし、これらの製品は 1 つだけ、「修正プログラムの要求」ページに表示されます。Windows Vista と Windows Server 2008 の両方に適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページに記載されている製品を選択します。

前提条件

この修正プログラムをインストールするための前提条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。

Windows サーバー 2008 は、x86 ベースのバージョン

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Urlmon.dll7.0.6001.222461,166,8482008 年 8 月 19 日03:30x86

Windows Server 2008 x 64 版をに基づいて書かれて

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Urlmon.dll7.0.6001.222461,419,2642008 年 8 月 19 日04: 46x64

Windows Server 2008 は、ia64 ベースのバージョン

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Urlmon.dll7.0.6001.222462,600,9602008 年 8 月 19 日04:44IA-64
詳細
重要このセクション、メソッド、またはタスクは、その方法を説明する手順が含まれていますレジストリを変更します。変更する場合ただし、深刻な問題が発生可能性があります、レジストリが正しくします。したがって、次の手順を実行することを確認します慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリの復元の次の資料をクリックする方法についてマイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する番号:
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
修正プログラムを有効にするのには、移動を」Fix it で解決する」に記載します。ただし、自分で修正プログラムを有効にする場合は、」自分で解決する"セクションに移動します。

Fix it で解決する



この修正プログラムを自動的に有効にするのをクリックして、 [ ]続いて Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない 続いて [ ファイルのダウンロード [ ダイアログ ボックスで




注意
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、その後問題のあるコンピューターで実行することができます。

このため、Exchange Server 2010 SP1 にパブリック フォルダーがインストールされている場合、空き時間情報取得のリクエストは、Exchange RPC Client Access サービスにより妨害されます。問題が解決されたかどうかの確認"セクションに移動します。



自分で解決する

この修正プログラムの適用後、修正プログラムに加えられる変更を有効にするのには、次の手順を実行します。

メモ この修正プログラムは、既に Internet Explorer 8 では Internet Explorer 9 でに含まれています。しかし、FEATURE_IGNORE_ZONES_INITIALIZATION_FAILURE_KB945701 のレジストリ キーはこの修正プログラムに加えられる変更を有効にする有効にする. します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 をクリックし、プロパティ ].
  2. 見つけて、コンピューター上で実行されている Windows のバージョンに応じて、次のレジストリ サブキーのいずれかをクリックします。コンピューターは、32 ビット バージョンの Windows を実行している場合は、次のレジストリ サブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_IGNORE_ZONES_INITIALIZATION_FAILURE_KB945701

    32 ビット、64 ビット バージョンの Windows を実行してプログラムを WOW64 モードで動作します。これらのプログラムのレジストリ キーとは別のレジストリ サブキーに格納されている値にアクセスします。64 ビット バージョンの Windows で 32 ビット プログラムを実行している場合は、次のレジストリ サブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_IGNORE_ZONES_INITIALIZATION_FAILURE_KB945701

    メモ FEATURE_IGNORE_ZONES_INITIALIZATION_FAILURE_KB945701 のサブキーがない場合は、手動で作成する必要があります。
  3. 右クリックします。FEATURE_IGNORE_ZONES_INITIALIZATION_FAILURE_KB945701、ポイント新しいプロパティ DWORD 値.
  4. 種類 w3wp.exe 新しい名前を付けるレジストリ エントリ、し、ENTER キーを押します。
  5. 右クリックします。 w3wp.exeプロパティ変更.
  6. で、 [値のデータ ボックス型 1、とをクリックします。 ].
  7. レジストリ エディターを終了します。
注: 実行している web サーバーにこの修正プログラムを適用する必要があります。インターネット インフォメーション サービス (IIS)。

この資料に記載されている修正プログラムは、セキュリティ更新プログラム 950759 (MS08-031) に含まれています。

メモ 一般的な配布リリース (GDR) 更新プログラムのバージョンは、この問題を解決されません。

詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
950759MS08-031: 累積的なセキュリティ更新プログラムは Internet Explorer の
修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
897225累積的なセキュリティ更新プログラムを Internet Explorer に含まれている修正プログラムをインストールする方法

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、 サポートに問い合わせる.
  • マイクロソフトはフィードバックをお待ちしています。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it で解決するブログにコメントを記入するか、 e メール メッセージ。
状況
マイクロソフトこの問題を記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「適用」で。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:945701 - 最終更新日: 02/18/2013 07:03:00 - リビジョン: 3.0

Windows Internet Explorer 9, Windows Internet Explorer 8, Windows Internet Explorer 7

  • kbautohotfix kbexpertisebeginner kbqfe kbfix kbbug kbfixme kbmsifixme kbmt KB945701 KbMtja
フィードバック