Microsoft システム センター操作マネージャー 2007年で、サブスクリプションのプロパティを表示するときに選択した追加警告条件が表示されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

946431
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
以下のシナリオを考えます。 Microsoft システム センター操作マネージャー 2007年では、新しいサブスクリプションの通知を作成します。 サブスクリプション ウィザードを完了する前に [警告の抽出条件] ページのすべてのアイテムを選択します。 次に、作成したサブスクリプションのプロパティを表示し、 警告条件 をクリックします。 このシナリオでは、既定の選択のみ表示されます。 追加の条件を選択した表示されません。

メモ この問題はすべての利用可能な条件を選択し、サブスクリプションを保存する場合にのみに発生します。
解決方法
この問題を解決するアクションを実行する必要はありません。 通知は正常に生成されます。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
条件は、内部の管理パックのファイルに書き込まれます正しく。 ただし、すべての条件を選択した場合は、管理パックのファイルに [次のタグが表示。
<AlertChangedSubscription プロパティ =「任意」>
をこのタグが含まれているサブスクリプションを再び開くと操作マネージャー 2007年は既定のウィザード選択範囲を選択したすべての条件の表示ではなく警告条件を表示します。
関連情報
サーバー構成の管理マネージャー 2007年で、通知サブスクリプション ウィザードの詳細については参照の次のマイクロソフト Web サイトをしてください。
SCOM 2007 OPMAN MOM

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:946431 - 最終更新日: 01/15/2015 15:44:14 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft System Center Operations Manager 2007
  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbbug kbopmanalerts kbexpertiseadvanced kbmt KB946431 KbMtja
フィードバック