Windows Vista の無人インストール後スリープ状態から、コンピューターが再開しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

946485
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
監査モードの Windows Vista の無人インストール中に長い時間を RunSynchronous コマンドを実行すると、Windows Vista ベースのコンピューターはスリープ状態入力できます。 このシナリオでは、管理者のパスワードが設定されていない場合、コンピューターが再開しないスリープ状態から自動的にします。 コンピューターは完全にロックされている、および、オペレーティング システムを回復する再インストールすることがあります。
原因
この問題は、しコンピューターがスリープまたは休止状態などの低い、電源状態になった管理者のパスワードが設定されていない場合に発生します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:946485 - 最終更新日: 01/16/2015 10:15:08 - リビジョン: 1.0

  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbtshoot kbmt KB946485 KbMtja
フィードバック