現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX インストーラー ツールを使用して、リモート コンピューター上にあるアセンブリをインストールすると、エラー メッセージ:「、インストール段階で例外が発生しました"

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:946503
現象
次のシナリオを検討してください。インストーラー ツール (Installutil.exe) を使用して、アセンブリをインストールします。アセンブリは、リモート コンピューター上にあります。リモート コンピューターでは、読み取り専用 NTFS ファイル システムのアクセス権があります。インストーラー ツールを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
例外は、インストール フェーズ中に発生しました。System.UnauthorizedAccessException アクセス パス '。パス\AssemblyName.InstallState' は拒否されます。
原因
コマンド パラメーターを使用して InstallUtil.InstallLog ファイルを指定の場所にリダイレクトできます。ただし、 AssemblyName.InstallState ファイルにリダイレクトすることはできません。は、 AssemblyName.InstallState ファイルは、アセンブリの場所と同じ場所のディレクトリに書き込まれます。ディレクトリに書き込みアクセス許可を持たない場合は、この問題が発生します。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料で説明する問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この問題を解決するには、マイクロソフト カスタマー サポート サービス、修正プログラムを入手するに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は特殊なケースでは、料金が通常のサポート免除されるキャンセルする可能性があります。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

Microsoft が必要です。この修正プログラムを適用するのには NET Framework 2.0 Service Pack 1 をインストールします。

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを代わりにはなりません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
System.configuration.install.dll2.0.50727.181981,9202008 年 3 月 14 日03: 40x 86
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この修正プログラムの適用後、リダイレクトすることができます、 AssemblyName.InstallState ファイルを使用してコマンド パラメーターを使用します。たとえば、リダイレクトするのには、次のコマンドを実行、 AssemblyName.InstallState ファイル:
InstallUtil/LogFile =TargetLogFile /InstallStateDir =TargetDirectory パス\AssemblyName
メモ コマンド パラメーターを使用すると、以下を検討してください。パスの最後に、末尾の円記号を追加して、パスを囲む引用符を使用する場合は、末尾の円記号、末尾の引用符を無効にできます。たとえば、次のコマンドが違います。
InstallUtil/LogFile/InstallStateDir ="C:\Installstate\"= パス\AssemblyName
以下のバージョンのいずれかにコマンドを変更する必要があります。
  • InstallUtil/LogFile/InstallStateDir ="C:\Installstate\\"= パス\AssemblyName
  • InstallUtil/LogFile/InstallStateDir ="C:\Installstate"= パス\AssemblyName
  • InstallUtil/LogFile/InstallStateDir = C:\Installstate\ = パス\AssemblyName
この修正プログラムで修正される類似の問題の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
934388アンインストール後、.installstate ファイルは削除されませんがします。NET Framework 2.0 ベースのアプリケーション
(Microsoft Knowledge Base) 資料 934388 に記載されている問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. Visual Studio の 2008 年には、アセンブリのセットアップ プロジェクトを開きます。
  2. 次のパラメーターを指定する、 CustomActionData マネージ カスタム動作のプロパティ:
    /InstallStateDir ="[TARGETDIR] \"
    メモ この操作を行うと、します。InstallState ファイルは指定したコピー先のディレクトリに保存されます、 CustomActionData [プロパティ] します。これは、保証をします。InstallState ファイル削除アンインストール時。
  3. アセンブリがインストールされているすべてのターゲット コンピューターにこの修正プログラムをインストールします。

    メモ また修正プログラムのテストは、開発用コンピューターにインストールすることをお勧めします。
  4. アセンブリをインストールします。
メモ パラメーターの終わりには、末尾の円記号を追加することを確認してください。ターゲット ディレクトリをディレクトリには、円記号で終了し、二重引用符 () で囲まれている決定されるためです。前に説明したように、末尾の円記号、末尾の引用符を無効にできます。そのため、二重の円記号で終わるディレクトリ先ディレクトリが決定されますようにパラメーターの最後に、末尾の円記号を追加する必要があります。

インストーラー ツールの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。 ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:946503 - 最終更新日: 08/10/2011 11:46:00 - リビジョン: 3.0

  • kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt KB946503 KbMtja
フィードバック
/html>html>