現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 をインストールするときにエラー メッセージが表示される

現象
Microsoft Update から 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) をインストールするときに、次のエラー メッセージが表示されます。
インストールの失敗: エラー 0x80070643 で以下の更新プログラムのインストールに失敗しました: 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 1 (SP1)
セットアップ ファイルから 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) をインストールするときに、次のエラー メッセージが表示されます。
2007 Microsoft Office Suite Service Pack 1 (SP1) は動作を停止しました
また、2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) をインストールするときに、次のいずれかのようなエラー メッセージが 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) のインストール ログに記録されます。
  • エラー メッセージ 1
    エラー 1935。アセンブリ コンポーネント {46174A62-FAFE-4BD6-9662-F9A9F588F034} のインストール中にエラーが発生しました。HRESULT: 0x80131047。アセンブリ インターフェイス: IAssemblyCacheItem、関数: Commit、アセンブリ名: Microsoft.Office.InfoPath.Client.Internal.Host,fileVersion="12.0.6215.1000",version= "12.0.0.0000000",カルチャ="neutral",publicKeyToken="71E9BCE111E9429C"
  • エラー メッセージ 2
    エラー 1935。アセンブリ コンポーネント {04E73476-518E-4B6A-8E10-021A00078847} のインストール中にエラーが発生しました。HRESULT: 0x80131047。アセンブリ インターフェイス: IAssemblyCacheItem、関数: Commit、アセンブリ名: Microsoft.Office.Interop.PowerPoint,fileVersion="12.0.6211.1000",version="12.0.0.000 0000",カルチャ="neutral",publicKeyToken="71E9BCE111E9429C"
原因
2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) のインストールがエラー 1935 またはエラー 78F で失敗します。インストールの失敗は、既に存在しないドライブまたは読み取り可能なメディアが格納されていないリムーバブル メディア デバイスに対する参照が Windows インストーラで行われた場合に発生します。たとえば、Windows インストーラにより空の DVD ドライブまたは空の CD ドライブに対する参照が行われた場合に、このエラーが発生することがあります。この問題は、2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) の更新プログラムの仕様が原因で発生するものではありません。
解決方法
この問題は、2007 Office system 用の更新プログラム 946691 によって解決されます。更新プログラム 946691 は、2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 をインストールするときに発生する可能性のある問題を解決するために提供されています。2007 Microsoft Office スイート SP1 をインストールする前に、更新プログラム 946691 をインストールする必要があります。

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

ダウンロードOffice2007-kb946691-fullfile-x86-glb.exe パッケージ

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
回避策
この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して 2007 Microsoft Office スイートを削除します。その後、2007 Office インストール CD から 2007 Office スイートを再度インストールします。

これを行うには、次の手順を実行します。

2007 Office スイートを削除する

  1. すべてのプログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。

    : Windows Vista の場合は、[プログラムのアンインストール] または [プログラムと機能] をクリックします。
  4. プログラムの一覧で [Microsoft Office Edition 2007] をクリックし、[削除] をクリックします。Edition には、インストールされている Office のエディションが入ります。

    : Windows Vista の場合は、[アンインストール] をクリックします。
  5. 次のメッセージが表示されたら [はい] をクリックします。
    コンピュータから Microsoft Office Edition 2007 を削除してもよろしいですか?
  6. 削除処理が完了したら、[閉じる] をクリックします。

2007 Office スイートを再インストールする

  1. 2007 Office インストール CD をドライブに挿入します。

    : プレインストール版の 2007 Office スイートを使用している場合、インストール CD はコンピュータに同梱されている白い箱の中に入っています。

    ユーザー アカウント制御の許可[ユーザー アカウント制御] で、管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. プロダクト キーを入力します。

    : プレインストール版の 2007 Office スイートを使用している場合、プロダクト キーは CD ケースの裏側にあります。
  3. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読み、[マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. インストールの種類を選択し、インストール処理を開始します。
  5. インストール処理が終了したら、[完了] をクリックします。

方法 2

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) をインストールする前に、読み取り可能な DVD または CD を DVD ドライブまたは CD ドライブに挿入しておきます。

: 方法 2 を使用することはお勧めしません。一部のオペレーティング システムでは、方法 2 を使用すると、ドライブに対するアクセスが可能になり、2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) が正常にインストールされるようになります。ただし、元の無効なドライブに関する問題は依然として存在します。また、今後の 2007 Office 更新プログラムの適用時にも、この問題が再発する可能性があります。
詳細
複数の根本的な原因により、2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (SP1) のインストール中にエラー 1935 またはエラー 78F が発生する可能性があります。通常、この問題は、2007 Office スイートを初めてインストールしたときに一時的な記憶装置が使用されていた場合に発生します。
プロパティ

文書番号:946691 - 最終更新日: 04/07/2008 04:18:37 - リビジョン: 4.7

2007 Microsoft Office Suite Service Pack 1

  • kbtshoot kberrmsg kbexpertisebeginner kbprb KB946691
フィードバック