OneCare ファミリー セーフティを実行中のシステムでエクスプローラが終了して再起動する

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。レジストリのバックアップ、復元、および編集の方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
322756 Windows XP および Windows Server 2003 でレジストリをバックアップ、編集および復元する方法
現象
Windows Live OneCare ファミリー セーフティを実行しているシステム上で、エクスプローラが終了して再起動します。さらに、Windows が応答を停止することもあります。この問題は、エクスプローラを起動したとき、またはエクスプローラを使用したときに発生します。
原因
Windows Vista または Windows XP SP2 の構成によっては、ファミリー セーフティの Browser Helper Object が原因となってエクスプローラでアクセス違反が生じることがあります。ファミリー セーフティの Browser Helper Object のアップロードがエクスプローラから行われると、このオブジェクトは、自らが所有していないスレッド ローカル記憶域 (TLS) スロットを解放します。
解決方法
この問題を解決する修正プログラムは 2008 年 1 月にリリースされる予定です。現時点では、次の 3 つのオプションのいずれかを使用して、この問題を解決できます。

オプション 1 : レジストリ編集用のファイルをダウンロードする

レジストリ編集用のファイルをダウンロードして実行します。この操作を行うには、次の手順を実行します。
注 : このソフトウェアの使用は、Windows Live ID アカウントを使用して同意した Microsoft サービス利用規約 (http://help.live.com/help.aspx?project=tou&mkt=ja-jp ) に制約されます。また、このソフトウェアをダウンロードして使用することで、このソフトウェアは "現状のまま、一切の保証なく"、"利用可能な状態で" 提供されることに同意します。明示の担保責任、保証、または条件は存在せず、マイクロソフトは、黙示の保証 (商品性、特定目的に対する適合性、専門的努力、侵害のないことを含みます) については一切責任を負いません。このソフトウェアのダウンロードおよび使用によって生じたすべての損害 (コンピュータへの損害も含みます) に対し、マイクロソフトを保護することに同意します。
警告 レジストリ エディタやその他の方法を使用してレジストリを不適切に編集すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。上記のことに起因して発生した問題に関しては、マイクロソフトは一切責任を負わないものとします。レジストリの編集は、自己の責任において行ってください。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
  2. MSKB946758.exe ファイルをダウンロードします。ファイルをデスクトップに保存します。
  3. MSKB946758.exe ファイルをダブルクリックし、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意して、デスクトップにファイルを解凍します。
  4. "Familysafety critical update_explorer crash.reg" ファイルを右クリックし、[プログラムから開く] をクリックして、[Registry Editor] をクリックします。管理者パスワードの入力またはユーザー アカウント制御のアクセス許可の確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、[続行] をクリックします。
  5. 情報をレジストリに追加するかどうかをたずねるメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

オプション 2 : レジストリを手動で編集する

Browser Helper Object が Explorer.exe に読み込まれないように、自身でレジストリを編集します。この操作を行うには、次の手順を実行します。

警告 レジストリ エディタやその他の方法を使用してレジストリを不適切に編集すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。上記のことに起因して発生した問題に関しては、マイクロソフトは一切責任を負わないものとします。レジストリの編集は、自己の責任において行ってください。
  1. [スタート] ボタン [スタート] ボタン をクリックし、[検索] ボックスに「regedit」と入力して、Enter キーを押します。管理者パスワードの入力またはユーザー アカウント制御のアクセス許可の確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、[許可] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\Browser Helper Objects\{4f3ed5cd-0726-42a9-87f5-d13f3d2976ac}
  3. 左側のウィンドウで、[{4f3ed5cd-0726-42a9-87f5-d13f3d2976ac}] を右クリックし、[新規] をクリックして、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  4. 値の名前を「NoExplorer」に変更し、値を「1」に設定します。
  5. レジストリ エディタを閉じ、コンピュータを起動します。

オプション 3 : ソフトウェアをアンインストールする

Windows Live OneCare ファミリー セーフティをアンインストールします。

ファミリー セーフティなどの Windows Live サービスをアンインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
938275 Windows Live サービスを削除して再インストールする方法
プロパティ

文書番号:946758 - 最終更新日: 01/17/2008 23:41:24 - リビジョン: 1.2

Windows Live Family Safety

  • kbprb KB946758
フィードバック