着信 VPN 接続の稼働状態が Windows Server 2008 ベースのコンピューターで正しくないように見えます

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

947019
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
稼働状態、着信仮想プライベート ネットワーク (VPN) の接続が不適切なルーティングとリモート アクセス スナップインで、Windows Server 2008 ベースのコンピューター。
詳細
いくつかのシナリオでこの問題があります。 次のサンプル シナリオの問題を識別できます。

シナリオ 1

  • 以外のネットワーク アクセス保護 NAP 接続は、クライアント コンピューターから Windows Server 2008 ベースのルーティングとリモート アクセス サーバーに接続を使用しています。
  • リモート アクセス検疫サービスのフィルターを使用しています。
このシナリオでは、ルーティングとリモート アクセス クライアントのステータスが表示されますが誤って。

シナリオ 2

  • 使用していない-[保護された拡張認証プロトコル PEAP 認証、Windows Server 2008 ベースのルーティングとリモート アクセス サーバーに接続します。
  • ネットワーク ポリシー サーバー (NPS) を使用して従来のリモート アクセス検疫サービスのフィルターと組み合わせています。
このシナリオでは、Windows Server 2008 ベースのコンピューターで "制限あり" として、または 検疫 としてを表示する、ルーティングとリモート アクセス クライアントの状態はずです。 代わりに、クライアントの状態 は NAP 対応 として表示されます。 状態は「不明」として表示されます、 netsh コマンドを使用して状態を表示する場合

シナリオ 3

  • 使用して PEAP 認証、Windows Server 2008 ベースのルーティングとリモート アクセス サーバーに接続します。
  • クライアント コンピューターを接続構成します着信、NAP 正常性ポリシーと一致します。
  • リモート アクセス検疫サービスは、Windows Server 2008 ベースのコンピューターで実行されて。
このシナリオでは、Windows Server 2008 ベースのコンピューターで "制限しない" として、ルーティングとリモート アクセス クライアントのステータスが表示されます。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:947019 - 最終更新日: 01/16/2015 16:10:53 - リビジョン: 1.1

  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbbug kbmt KB947019 KbMtja
フィードバック