Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 では、Windows Server 2012 R2 のサーバー クラスターでボリューム マウント ポイントを構成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:947021
この資料の Windows Server 2003 バージョンでは、次を参照してください。 番号 280297.
はじめに
この資料では、NTFS ボリューム マウント ポイント機能を使用して Windows Server 2008 のサーバー クラスターでボリューム マウント ポイントを作成する方法について説明します。ボリューム マウント ポイントを使用すると、すると、移植したり、別の物理ディスク上のフォルダーに対象のパーティションをマウントすることができます。ドライブ文字の割り当ての 26 文字の制限を超えることができます。

Windows Server 2008 でマウント ポイントを追加するのには、次のメソッドを使用できます。

注: <b>これらのメソッドは、クラスター化インデックスまたは非クラスター化コンピューターで同じです。
  • 論理ディスク マネージャー (Diskmgmt.msc) を使用します。
  • Mountvol.exe を使用して、コマンド プロンプトにします。
  • Win32 SetVolumeMountPointDeleteVolumeMountPoint関数を使用して独自の .exe ファイルを記述します。
詳細
Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターでボリューム マウント ポイントを作成するとき以下の項目を考慮する必要があります。
  • クラスター化および非クラスター化ディスクの間では、ボリューム マウント ポイントを作成できません。
  • 監視ディスクまたはのために使用されるディスク上にボリューム マウント ポイントを作成することはできません、"マジョリティなし: ディスクのみ"クォーラムの種類です。
  • ボリューム マウント ポイントは、プログラムに対して透過的に行われます。

クラスター内のリソースではないディスク上のボリューム マウント ポイントを設定する方法

  1. マウント ポイントとマウント ポイントのボリュームの両方をホストするクラスター ノードに対する管理者権限を使用してローカル コンピューターにログオンします。
  2. クラスターの各ノードでは、その 1 つのノードが [オンライン] 状態の各ディスクを持つかどうかを確認するのにはディスクの管理コンソールを使用します。ディスクは、同じノードとそのノードのみオンラインにする必要があります。
  3. ボリュームのマウント ポイントをホストするディスクにこれらの手順に従います。
    1. ディスクの管理コンソールの中央のウィンドウで、ディスク番号が表示されているディスクの項目を右クリックし、ディスクが既にオンラインでない場合、[オンライン] をクリックします。
    2. ディスクの項目を再度右クリックし、ディスクは既に初期化されていない場合、[ディスクの初期化] をクリックします。
    3. ディスクには、ボリュームがない場合は、3 d 3 の手順を完了 g です。ディスクにボリュームがある場合は、手順 3 に移動します。
    4. 未割り当ての空き領域を右クリックし、新しいシンプル ボリューム] をクリックします。
    5. 新しいシンプル ボリューム ウィザードが起動したときは、[次へ] をクリックし、ボリュームのサイズを入力し、[次へ] をクリックします。
    6. 割り当てるドライブ文字またはパスの画面で、ドライブ文字を割り当てるし、[次へ] をクリックします。
    7. NTFS ファイル システムを使用してパーティションをフォーマットして、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
    8. ボリュームがドライブ文字を持たない場合は、手順 3i 3j を完了します。ボリュームにドライブ文字が設定されている場合は、手順 4 に進みます。
    9. ディスクを右クリックし、変更のドライブ文字とパス] をクリックします。
    10. [追加] をクリックして、ドライブ文字を割り当てるし、[ OK] をクリックします。
  4. マウントをホストするディスクのポイントし、これらの手順に従います。
    1. ディスクの管理コンソールの中央のウィンドウで、ディスク番号が表示されているディスクの項目を右クリックし、ディスクが既にオンラインでない場合、[オンライン] をクリックします。
    2. ディスクの項目を再度右クリックし、ディスクは既に初期化されていない場合、[ディスクの初期化] をクリックします。
    3. ディスクには、ボリュームがない場合は、4 d 4i の手順を完了します。ディスクにボリュームがある場合は、手順 4j に移動します。
    4. 未割り当ての空き領域を右クリックし、新しいシンプル ボリューム] をクリックします。
    5. 新しいシンプル ボリューム ウィザードが起動したときは、次へをクリックします。
    6. ボリュームのサイズを入力し、[次へ] をクリックします。
    7. またはパスのドライブ文字の割り当て] 画面で、上は、次の空の NTFS フォルダーにマウントするにはをクリックし、し、[参照] をクリックします。
    8. X:、ここで X は、マウント ポイントをホストしているルート ドライブを展開します。空のフォルダーを選択または新しいフォルダーを作成、 [ok]を [次へ] をクリックします。
    9. NTFS ファイル システムを使用してパーティションをフォーマットして、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
    10. ボリューム ドライブ文字が割り当てられていないことを確認します。
    11. ディスクを右クリックし、[変更のドライブ文字とパス、し、[追加] をクリックします。
    12. 次の空の NTFS フォルダーにマウントする] をクリックし、[参照] をクリックします。
    13. ボリュームのマウント ポイントをホストしているルート ドライブを展開します。空のフォルダーを選択や新しいフォルダーを作成し、[ ok]をクリックします。
  5. 次のディスクをクラスターに追加するのには次の手順に従います。
    • マウント ポイントが格納されているディスク
    • ボリュームのマウント ポイントをホストしているディスク
    1. フェールオーバー クラスター管理スナップインを開きます。これを行うに、[スタート] ボタン、 [管理ツール] をクリックし、[フェールオーバー クラスター管理] をクリックします。場合は、[ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示されたら、ことを確認して、表示されるアクションとしをクリックして続行します。
    2. ナビゲーション ウィンドウで [ストレージ] をクリックします。
    3. [操作] ウィンドウで、ディスクの追加をクリックします。
    4. マウント ポイントとマウント ポイントのボリュームの両方をホストするディスクを選択し、[ OK] をクリックします。両方のディスクがストレージ ・ ウィンドウの使用可能なストレージ領域に表示されます。
    5. 、マウント ポイントをホストしているディスク リソースを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    6. リソース] 列で、[依存関係] タブをクリックします。
    7. ルート ディスクをクリックして、 [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。この依存関係には、マウント ポイントをホストしているディスク リソースが正常にオンラインにした後にオンラインにするのにはリソースが発生します。
  6. 新しく追加されたディスク ・ リソースを右クリックし、他のアクション] をクリックします。
  7. 別のサービスまたはアプリケーションには、このリソースの移動を適切なアプリケーションまたはサービスのグループにリソースを移動する] をクリックします。

クラスター ディスク上のボリューム マウント ポイントを設定する方法

注:
  • [サービスとアプリケーション] グループがホストされているノードは以下の手順を実行します。
  • ボリューム N と Y のボリュームは次の手順で、既に同じ「クラスター サービスとアプリケーション」グループに存在します。
  • N のボリュームは、マウント ポイント フォルダーをホストするボリュームを表します。Y のボリュームは、ボリューム マウント ポイントでマウントされていることを表します。Y のボリュームでは、これらの手順を実行する前にドライブ文字の割り当てを必要はありません。
  • 「パラメーターが正しくありません」が表示される場合、サーバー クラスター内のノードの 1 つでディスクの管理にアクセスするときにエラー メッセージ ディスクの管理を終了、フェールオーバー クラスター マネージャーを起動、ストレージに移動し、ボリューム N をメンテナンス モードに入れます。
  1. 所有するクラスター ノードのディスクの管理コンソールの中央のウィンドウで両方 N と Y のボリュームが Y のボリュームを右クリックし、変更のドライブ文字とパス] をクリックします。
  2. [追加] をクリックして、次の空の NTFS フォルダーにマウントするにはを参照] をクリックします。
  3. ボリューム N をクリックして [新しいフォルダー] をクリックして、新しいフォルダーの名前を入力、[サーバー マネージャー コンソールに戻るには、 [ok]キーを 2 回クリックします。
  4. フェールオーバー クラスター管理コンソールを開きます。
  5. 各ノードにマウント ポイントをテストするには、各ノードにディスク リソースの両方を保持している"サービスとアプリケーション] グループに移動します。各ノード上のディスクがオンライン、および Windows エクスプ ローラーまたはコマンド ・ ラインと「N:\ を使用してマウントされたボリューム内情報にアクセスできることを確認。マウント ポイントのフォルダー名」のパス。

マウント ポイントのボリュームを使用する場合のベスト プラクティス

  • マウントされたボリュームのディスク リソース マウント ポイント フォルダーをホストしているディスクを指定するには、依存関係を作成します。これにより、マウントされたボリュームは、ホストのボリュームに依存して、あるホストのボリュームがオンラインになった最初ことを確認します。

    注: <b>この実習は、Windows Server 2008 とそれ以降のバージョンの Windows で必要ではありません。
  • 1 つの共有ディスクから別の共有ディスクにマウント ポイントを移動する場合は、共有ディスクが同じグループ内にあることを確認します。
  • 専用のマウント ポイントのルート (ホスト) ボリュームを使用しようとしてください。ルート ボリュームは、マウント ポイントをホストしているボリュームです。この実習は、Chkdsk.exe ツールを実行する必要がある場合、マウントされたボリュームにアクセスを復元するために必要な時間を大幅に削減します。これは、ホスト ボリューム上のバックアップから復元するために必要な時間も減少します。
  • 専用のマウント ポイントのルート (ホスト) ボリュームを使用する場合、ホスト ・ ボリュームのサイズは少なくとも 5 mb (メガバイト) をする必要があります。これにより、ボリュームに使用するもの以外のマウント ・ ポイントの確率が減少します。
  • クラスターでは、高可用性が重要な場合、別のホスト ・ ボリュームの冗長化されたマウント ・ ポイントを行うことができます。これにより、1 つのルート (ホスト) ボリュームがアクセスできない場合は、他のマウント ポイントをマウントされたボリューム上にあるデータをアクセスもできます。などの場合は HOST_VOL1 (D:) にある Mountpoint1、LUN3 上にユーザーのデータが格納されます。Mountpoint1 には、HOST_VOL2 (e:) が存在する場合は、LUN3 にユーザー データがあります。したがって、お客様は、LUN3 に D:\mountpoint1 または E:\mountpount1 のいずれかを使用してアクセスできます。

    注: <b>LUN3 に配置されているユーザー データは、D と E の両方のボリュームに依存しているためボリュームがサービスに戻るまでの障害が発生したホストのボリュームの依存関係を一時的に削除する必要があります。それ以外の場合、LUN3 に配置されているユーザー データは、障害が発生した状態になります。
mscs

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:947021 - 最終更新日: 07/24/2015 22:40:00 - リビジョン: 6.0

Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard

  • kbclustering kbinfo kbhowto kbexpertiseadvanced kbmt KB947021 KbMtja
フィードバック