Windows Vista ベースのシステムにログオンした後、一時プロファイルが読み込まれる

重要 この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを変更する前に必ずレジストリのバックアップを作成してください。問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。レジストリのバックアップ、復元、および編集方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法
現象
Windows Vista ベースのシステムにログオンした後に、現在のユーザーに対応するプロファイルではなく、一時プロファイルが読み込まれている場合があります。そのため、システムをログオフすると、現在のデスクトップへの変更が失われます。また、通知領域に次のエラー メッセージが表示されることがあります。
プロファイルを正常に読み込めませんでした。一時プロファイルでログオンしています。

ログオフ時にこのプロファイルへの変更は失われます。詳細情報については、イベント ログを参照するか、管理者に問い合わせてください。
さらに、アプリケーション ログに次のイベントが出力されます。

ログの名前: アプリケーション
ソース: Microsoft-Windows-User Profiles Service
日付: Date
イベント ID: 1511
タスクのカテゴリ: なし
レベル: 警告
キーワード: クラシック
ユーザー: User
コンピューター: Computer
説明:
ローカルのプロファイルが見つかりません。一時的なプロファイルでログインしています。ログオフ時にこのプロファイルへの変更は失われます。

原因
この問題は、現在のユーザーのプロファイルが誤ってシステムから削除された場合に発生します。
解決方法
重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法
この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 問題が発生しているユーザー アカウント以外の管理者ユーザー アカウントを使用してシステムにログオンします。
  2. 現在のユーザー プロファイル フォルダーが存在する場合は、そのプロファイル フォルダーをバックアップしてから削除します。既定では、プロファイルは次の場所にあります。
    %SystemDrive%\Users\UserName
  3. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押します。

    ユーザー アカウント制御の許可 管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  4. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList
  5. ProfileList サブキーの下の、SID.bak という名前のサブキーを削除します。

    : SID には、問題が発生しているユーザー アカウントのセキュリティ識別子 (SID) が入ります。SID.bak サブキーには、問題が発生しているユーザー アカウントの元のプロファイル フォルダーを指す ProfileImagePath レジストリ エントリが含まれます。
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. システムからログオフします。
  8. 再度システムにログオンします。
システムにログオンすると、プロファイル フォルダーが再作成されます。
プロパティ

文書番号:947242 - 最終更新日: 07/09/2011 01:59:00 - リビジョン: 1.6

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter KB947242
フィードバック