現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ユーザーがグループ ポリシーを適用できるようにする方法について、"デバイス: 未署名のドライバーのインストール時の動作"を Windows Vista ベースのコンピューターからクライアント コンピューターへのグループ ポリシー設定

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:947250
はじめに
"デバイス: 未署名のドライバーのインストール時の動作"グループ ポリシー設定は、ローカル グループ ポリシー エディターのユーザー インターフェイス (UI) で Windows Vista を実行しているコンピューターにします。そのため、Windows Vista ベースのコンピューターから以前のバージョンの Microsoft オペレーティング システムを実行しているクライアント コンピューターにグループ ポリシーの設定がグループ ポリシーを適用できません。

メモ Windows Vista より前のバージョンの Microsoft オペレーティング システムで、"デバイス: 未署名のドライバーのインストール時の動作"グループ ポリシー設定は次の場所に存在します。
ローカル コンピューター ポリシー構成設定 \ セキュリティ設定 \ ローカル ポリシー \ セキュリティ Options\Devices: 署名されていないドライバーのインストールの動作
ユーザーがグループ ポリシーを適用できるようにする方法について説明します、"デバイス: 未署名のドライバーのインストール時の動作"を以前のバージョンの Microsoft オペレーティング システムを実行しているクライアント コンピューターのグループ ポリシーの設定を Windows Vista ベースのコンピューターから。
詳細
ユーザーがグループ ポリシーを適用することがでくには、"デバイス: 未署名のドライバーのインストール時の動作"グループ ポリシー設定は、Sceregvl.inf ファイルを変更し、Scecli.dll を再登録します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Sceregvl.inf ファイルを既知の場所にバックアップします。
  2. メモ帳で、Sceregvl.inf ファイルを開きます。
  3. 次のテキストを追加、 [レジスタのレジストリの値] セクション:
    MACHINE\Software\Microsoft\Driver Signing\Policy、3、"デバイス: 未署名のドライバーのインストール時の動作"、3, 0|DriverSigning0」、同じくなし"= ="警告するがインストールを許可する"2|"インストールを許可しない]
  4. 変更を保存します。
  5. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。
    regsvr32 scecli.dll

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:947250 - 最終更新日: 08/10/2011 12:45:00 - リビジョン: 3.0

  • kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB947250 KbMtja
フィードバック