現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

有人インストールの Windows Server 2008 を起動すると、セットアップが正しく、MSR パーティション作成されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:947300
現象
Microsoft 予約 (MSR) パーティションは GPT ディスク上の未割り当て領域を Windows Server 2008 または Windows Vista Service Pack 1 (SP1) をインストールすると、自動的に作成されません。その結果、ベーシック GPT ディスクをダイナミック ディスクに変換できません。
原因
既に、拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) システム パーティションを含む GPT ディスク上の未割り当て領域を Windows Server 2008 または Windows Vista SP1 をインストールすると、MSR パーティションは自動的には作成されません。
解決方法
これを回避するには、インストール中にディスク構成ウィンドウを使用してパーティションを未割り当てのスペースを作成します。インストールは、MSR パーティションを自動的に予約します。インストールが完了した後にこの問題が発生する場合は、次のオプションのいずれかを使用します。

オプション 1

データ パーティションが作成される前に未割り当ての領域が存在する場合は、Diskpart コマンド プロンプト ユーティリティを使用して 128 MB の MSR パーティションを作成するのには。 Diskpart のコマンド プロンプト ユーティリティの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
300415Diskpart コマンド ライン ユーティリティの説明

オプション 2

データのパーティションを作成する前に、MSR を作成できない場合、次の手順を実行します。
  1. ディスクをフォーマットします。
  2. Windows インストール メディアを再起動します。
  3. Windows セットアップ ディスク構成ページからをインストールするパーティションを作成します。
  4. 新しく作成されたパーティションにインストールします。
詳細

問題の再現手順

他のパーティションがない GPT ディスクでは、EFI システム パーティションを作成します。Windows Server 2008 または Windows Vista SP1 は、ディスク上の未割り当て領域に Windows セットアップを使用してインストールします。次の条件が満たされているかどうかを確認します。
  • GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクは、あります。
  • GPT ディスクします。拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) システム パーティションで。
  • GPT ディスクの残りの部分のスペース スペースを未割り当てです。
  • 有人インストールの Windows Server 2008 を起動します。
  • ディスク構成ウィンドウでは、未割り当てのスペースは、インストールを選択します。
  • Microsoft 予約 (MSR) パーティションを検出しないことを示す警告メッセージが表示されます。
  • インストールを続行するオプションを選択します。
  • インストールは、MSR パーティションを作成しようとします。
.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:947300 - 最終更新日: 08/11/2011 11:06:00 - リビジョン: 4.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB947300 KbMtja
フィードバック
=">