現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Exchange Server 2007 メールボックス ユーザーを 100 個を超える管理グループを持つ大規模な Exchange Server 組織内の Exchange Server 2003 メールボックス ユーザーの空き/予約済み情報を取得できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:947346
現象
100 を超える管理グループを含む大規模な Exchange Server 組織があります。 Exchange Server 組織には、Microsoft Exchange Server 2007 サーバーと Microsoft Exchange Server 2003 サーバーが含まれます。 この状況では、Exchange Server 2007 メールボックス ユーザーは Exchange Server 2003 メールボックス ユーザーの空き/予約済み情報を取得できません。 また、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。

イベント ID 4003

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchange 利用可能時間
可用性サービスのイベント カテゴリ:
イベント ID: 4003
説明:
プロセスの xxxx[w3wp.exe:/LM/W3SVC/1/ROOT/xxxx]:
Microsoft.Exchange.InfoWorker.Common.Availability.PublicFolderRequest が失敗しました。 例外の Microsoft.Exchange.InfoWorker.Common.Availability.PublicFolderRequestProcessingException が返されます: 要求は中止されました: 要求は取り消されました 要求の情報が <xxxxxxxx> 可用性サービスは、取得できませんでした正常に Schedule + 空き時間情報の 1 つ以上のレガシ Exchange メールボックスのデータ。 このエラーの根本原因を検索、MSExchange 可用性サービスの診断ログ レベルを上げます。

イベント ID 4004

イベントの種類: 警告
イベント ソース: MSExchange 利用可能時間
可用性サービスのイベント カテゴリ:
イベント ID: 4004
説明:
プロセスの xxxx[w3wp.exe:/LM/W3SVC/1/ROOT/xxxx]:
パブリック フォルダー サーバーを組織単位 (OU) xxxx は見つかりませんでした。 サービスは、ランダム サーバーを要求を処理時間がかかる場合がありますを検索を試みます。

原因
Exchange Server 2007 の利用可能な時期サービス組織が 100 以上のパブリック フォルダー ストアにあるすべてのパブリック フォルダー ストアを検索できません。 つまり、空き/予約済み情報はすべてのユーザーに対して取得されません。
解決方法
この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. Exchange 用の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールする Server 2007 の Service Pack 1。 Exchange Server 2007 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 2 の詳細については、次の Exchange のヘルプ トピックを参照してください。 Exchange Service Pack をインストールまたは更新プログラムのロールアップする方法の詳細については、次の Exchange のヘルプ トピックを参照してください。
  2. 次フォルダーで、Web.config ファイルを検索します。
    %ProgramFiles%\Microsoft\Exchange Server\ClientAccess\Owa
  3. メモ帳で、Web.config ファイルを開き間で次の行を検索、<appsettings> セグメントと </appsettings> セグメント。
    <add key="MaximumDatabasesInQuery"value="250"/>

    メモ この行の間で存在しない場合、<appsettings> セグメントと </appsettings> セグメント、行を挿入します。

    メモ MaximumDatabasesInQuery キーの値を必要となる組織のパブリック フォルダーの数を示します。 既定値は 100 です。
  4. Web.config ファイルを保存します。
  5. 手順 3 ~ 5 次のフォルダーで Web.config ファイルを同じ変更を実行します。
    %ProgramFiles%\Microsoft\Exchange Server\ClientAccess\EWS
メモ により、OWA フォルダー内の Web.config ファイルが行った変更が Microsoft Office Outlook Web Access で空き時間情報が表示されます。 EWS フォルダー内の Web.config ファイルが行った変更により、Microsoft Office Outlook 2007 で空き時間情報を参照することを確実できます。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:947346 - 最終更新日: 03/10/2009 16:34:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition

  • kbqfe kbexpertiseinter kbmt KB947346 KbMtja
フィードバック
ody>dChild(m);