現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2008 のフェールオーバー クラスター リソースの回復の動作

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:947712
概要
クラスター リソースの障害は、組織内の高可用性に悪影響します。 構成可能なクラスター リソースのポリシーで Windows Server 2008 フェールオーバー クラスター リソースの障害の影響を軽減できます。
詳細
Windows Server 2003 サーバー クラスターでは既定リソース回復動作は、サーバー クラスターを所有する同じノード上のリソースを再起動しようとします。 リソースは 15 分間隔で 3 つまでの再起動を試みます。 リソース、元の所有者にオンライン状態に返されることはできない場合、リソースが失敗しましたとしてマークします。 リソースにフェールオーバー クラスター内の別のノード。

Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターでは既定の回復動作が変更されました。 Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターで、リソースには、リソースが失敗しましたとしてマークされて前に 15 分間隔で 1 つだけの再起動が試行されます。 次に、サービス グループまたはリソースが所属するアプリケーション グループはフェールオーバー、クラスター内の別のノードに。 この新しい動作は、フェールオーバーが発生する各ノードでクラスター リソースの 1 つだけ再起動しようとすることにより、高可用性モデル向上します。 リソースが失敗しましたとしてマークされて、失敗、クラスター内の各ノードで障害が発生したリソースの再開が試行、すぐ

操作がないと、リソースは 60 分間の失敗状態のまま場合、Windows Server リソースをオンラインをもう一度表示を試みます。 この動作は、各リソースの RetryPeriodOnFailure プロパティで指定された既定値に基づいています。 RetryPeriodOnFailure プロパティについては、「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
228923自動的に再起動するようにクラスター リソースを構成できます。
win2008 フェールオーバー クラスター

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:947712 - 最終更新日: 05/28/2009 21:18:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Standard

  • kbhowto kbinfo kbpubtypekc kbmt KB947712 KbMtja
フィードバック
ndChild(m);