Windows Server 2008 で NPS ポリシーの TS ゲートウェイの動作

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

947716
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは Windows Server 2008 でのネットワーク ポリシー サーバー (NPS) ポリシーのターミナル サーバー (TS) ゲートウェイの動作について説明します。
詳細
TS ゲートウェイ Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを使用すると TS ゲートウェイ用に、NPS ポリシーを構成するのにことができます。 TS ゲートウェイは、ローカル NPS サーバーを使用してネットワーク ポリシーと、関連付けられているターミナル サービス接続承認ポリシー (TS CAP) を格納します。 NPS は、TS ゲートウェイと同じ、コンピューターにインストールします。 ネットワーク ポリシーが、TS ゲートウェイ ユーザー インターフェイス (UI) から作成されると、ポリシーは、NPS バック エンド ストア (Ias.xml) に格納されます。

NPS サーバーは、格納されるポリシーのキャッシュも保持します。 TS ゲートウェイは NPS バック エンド ストアに加えられた変更を更新、NPS ポリシー キャッシュは更新されません。 ポリシー変更が加え NPS UI を使用して、NPS UI、バック エンド ストア キャッシュの内容を使用して上書きします。 この現象可能性スナップイン、TS ゲートウェイ MMC を使用して行ったポリシー変更を破棄します。

TS ゲートウェイは、Windows Server 2008 のターミナル サービス サーバーの役割、役割サービスです。 ロールにより、承認されたリモート ユーザーがインターネットに接続されたデバイスから、内部の企業ネットワークまたはプライベート ネットワーク上のリソースに接続できます。 ネットワーク リソースには、ターミナル サーバー、RemoteApp プログラムを実行しているターミナル サーバーまたはリモート デスクトップが有効にしているコンピューターを指定できます。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:947716 - 最終更新日: 01/16/2015 02:46:08 - リビジョン: 1.0

  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Standard
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbinfo kbpubtypekc kbmt KB947716 KbMtja
フィードバック