現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) およびそれ以降のバージョン 用のキー マネージメント サービス 1.1 をインストールする更新プログラムが利用可能です。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:948003
はじめに
この更新プログラムは、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) およびそれ以降のバージョンを実行しているコンピューター上のキー マネージメント サービス (KMS) 1.1 をインストールします。KMS 1.1 は、以下の KMS クライアント コンピューターのサポートを提供します。
  • Windows Server 2008 を実行している KMS クライアント
  • Windows Vista を実行している KMS クライアント
詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムの入手方法

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
ダウンロードキー マネージメント サービス (x86 など) は、バージョン 1.1 のパッケージを今すぐダウンロードします。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
ダウンロードキー マネージメント サービス (x 64) は、バージョン 1.1 のパッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

インストール手順

KMS 1.1 をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. インストールされていない場合、Windows Server 2003 の KMS 1.0 をインストールするのにには、Kmsw2k3.exe ファイルを使用します。
  2. KB948003.exe 更新プログラム ファイルを実行します。
  3. コンピューターを再起動します。

    注: <b> KB948003.exe ファイルをインストールした後にコンピューターを再起動しないと、プロダクト キーを入力するときに次のエラー メッセージが表示される場合があります。
    プロダクト キーが無効である報告されたエラー: 0xc004f050、ソフトウェア ライセンス サービス
  4. 更新プログラム パッケージに含まれているステップ バイ ステップ ガイド、次の手順に従います。
    1. インストールし、適切な KMS キーを有効にします。
    2. TCP ポート 1688年を使用して KMS ホスト コンピューターの着信通信を有効にするのには、ファイアウォールが正しく構成されていることを確認します。
    3. KMS ホスト コンピューターが KMS クライアント コンピューターの自動検出を有効にする DNS SRV レコードで公開されていることを確認します。
詳細については、ステップ バイ ステップ ガイドを参照するか、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Windows Server 2003 SP1 または Windows Server 2003 がインストールされている新しいバージョンのキー管理サービス 1.0 が必要です。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2003 では、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Kms08cfg.xrm該当なし14,3782008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms1oob.xrm該当なし11,4052008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms1phn.xrm該当なし16,6272008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms1pl.xrm該当なし13,3342008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms1ppd.xrm該当なし3,1242008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms2oob.xrm該当なし11,4072008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms2phn.xrm該当なし16,6292008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms2pl.xrm該当なし13,3342008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms2ppd.xrm該当なし3,1812008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms3oob.xrm該当なし11,4072008 年 2 月 12 日18:56該当なしSP1
Kms3phn.xrm該当なし16,6292008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms3pl.xrm該当なし13,3342008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms3ppd.xrm該当なし3,2382008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms4oob.xrm該当なし11,4072008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms4phn.xrm該当なし16,6292008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms4pl.xrm該当なし13,3342008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kms4ppd.xrm該当なし3,2952008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Kmsphone.inf該当なし25,4232008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Slmgr.ini該当なし33,3082008 年 2 月 12 日04:58該当なしSP1
Slmgr.vbs該当なし73,9342008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Sppc.dll6.0.6001.16501216,5682008 年 2 月 12 日04:58x86SP1
Sppcext.dll6.0.6001.16501167,4162008 年 2 月 12 日04:58x86SP1
Sppsvc.exe6.0.6001.165012,635,2562008 年 2 月 12 日04:58x86SP1
Sppwmi.dll6.0.6001.1650163,9922008 年 2 月 12 日04:59x86SP1
Sppwmi.mof該当なし25,4322008 年 2 月 12 日04:42該当なしSP1
Windows Server 2003 では、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Kms08cfg.xrm該当なし14,3782008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms1oob.xrm該当なし11,4052008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms1phn.xrm該当なし16,6272008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms1pl.xrm該当なし13,3342008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms1ppd.xrm該当なし3,1242008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms2oob.xrm該当なし11,4072008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms2phn.xrm該当なし16,6292008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms2pl.xrm該当なし13,3342008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms2ppd.xrm該当なし3,1812008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms3oob.xrm該当なし11,4072008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms3phn.xrm該当なし16,6292008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms3pl.xrm該当なし13,3342008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms3ppd.xrm該当なし3,2382008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms4oob.xrm該当なし11,4072008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms4phn.xrm該当なし16,6292008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms4pl.xrm該当なし13,3342008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kms4ppd.xrm該当なし3,2952008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Kmsphone.inf該当なし25,4232008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Slmgr.ini該当なし33,3082008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Slmgr.vbs該当なし73,9342008 年 2 月 12 日18:53該当なしSP1
Sppc.dll6.0.6001.16501170,4882008 年 2 月 12 日18:53x64SP1
Sppcext.dll6.0.6001.16501215,5442008 年 2 月 12 日18:53x64SP1
Sppsvc.exe6.0.6001.165012,152,9522008 年 2 月 12 日18:53x64SP1
Sppwmi.dll6.0.6001.1650170,6482008 年 2 月 12 日18:53x64SP1
Sppwmi.mof該当なし25,4322008 年 2 月 12 日18:54該当なしSP1

KMS を Windows Server 2003

Windows Server 2003 の KMS は、Microsoft Windows のボリューム アクティベーション 2.0 の一部です。Windows Server 2003 でエンタープライズ ・ ユーザーの KMS は、KMS は KMS キーを使用して Windows Vista のライセンス認証を有効にする Windows Server 2003 をホストします。

マイクロソフト ボリューム ライセンス認証 2.0 は、マイクロソフト ソフトウェア保護プラットフォーム (SPP) からの技術とポリシーに関連するソリューションのセットです。マイクロソフト ボリューム アクティベーション 2.0 は、マイクロソフトのお客様を保護して、ボリューム ライセンス キーを管理するための簡単で信頼性の高い方法を提供します。

ボリューム アクティベーション 2.0 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
関連情報
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
ws08 2008

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:948003 - 最終更新日: 06/11/2016 19:25:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Key Management Service for Windows Server 2003

  • atdownload kbexpertiseinter kbwinserv2003postsp2fix kbbug kbfix kbqfe kbmt KB948003 KbMtja
フィードバック
ocument.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(m);