Windows Server 2003 ベースのコンピューター上のデータベースをチェックすると、エラー メッセージ:「操作エラー-1011 (JET_errOutOfMemory、メモリが不足しています) で終了しました」

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:948603
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
以下のシナリオを考えます:
  • Active Directory ディレクトリ サービス データベースの保守を実行して Windows Server 2003 でいます。
  • ディレクトリ サービス復元モードのデータベースをチェックするまたはをクリーンアップするで再起動します。
このシナリオでは、オフライン最適化タスクを実行すると、次のような出力が表示されます可能性があります。

ファイルの保守: <target> 開くデータベース [現在] に最適化します。 実行中のコマンド: C:\WINDOWS\system32\esentutl.exe/d/t の"<source> \ntds.dit"/p/o 最適化の実行モードの"<target> \ntds.dit". データベース: <source> \ntds.dit 一時。 データベース: <target> \ntds.dit の最適化の状況 (達成率) 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 |----|----|----|----|----|----|----|----|----|----|....................... 操作は 1431.78 秒後にエラー-1011 (JET_errOutOfMemory、メモリ不足) で終了しました。 子プロセス終了コード 0xfffffc0d(-1011)
このエラー出力前に、最適化タスクと依存では、サーバーの構成データベースのサイズにする進行状況。 小さいデータベースこの問題を発生しないことがあります。

このシナリオでは、仮想メモリの不足を実行しないされ、インストールされているための十分な物理メモリが。 最適化タスクと共に実行しているかどうかは関係ありません、 と/3 GB 、Boot.ini ファイルに切り替えます。

メモ この問題は、64 ビット システムでは発生しません。
原因
この問題は、Windows Server 2003 ベースのコンピューターが 3 GB 以上の物理メモリに発生します。 ここでは、Esentutl.exe ユーティリティにより不正なキャッシュ サイズのヒント、データベース エンジンされます。 したがって、データベース エンジン、キャッシュの割り当てエラーが発生し、オフライン最適化を停止します。

この問題は、Esentutl.exe ユーティリティのキャッシュ計算がこれらのシステム上で異なるが大幅にするために、64 ビット システムで発生しません。
解決方法
この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. Windows Server 2003 を再起動に使用される、Boot.ini ファイル内の行をコピーします。
  2. この元の行の下の行を貼り付けるして、次のように変更:
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS=" Windows Server 2003, Enterprise DSREPAIR" /FASTDETECT /NOEXECUTE=OPTOUT /3GB /userva=2900 /maxmem=<memory that is available to the operating system> /safeboot:dsrepair
    のスタートアップ モードを切り替えるにすることができます該当する行コメント、Boot.ini ファイル内で行にします。 これは、スタートアップ モードを切り替えるには、サーバー コンソールにアクセスする必要がないも意味します。
  3. オペレーティング システムに使用可能な Esentutl.exe ユーティリティは与えません誤ったキャッシュ サイズ ヒントように、メモリを減らします。 2048 はすべての構成に合った値です。 2944 は、/3 GB スイッチの構成作業値です。 たとえば、3 G 構成の場合、行) を次のように変更:
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS=" Windows Server 2003, Enterprise DSREPAIR" /FASTDETECT /NOEXECUTE=OPTOUT /3GB /userva=2900 /maxmem=2944  /safeboot:dsrepair
    メモ メモリためにがありません、オフライン最適化に大きな影響をタスクがキャッシュではありません。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
com、4 GB のメモリを com

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:948603 - 最終更新日: 01/16/2015 02:19:54 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB948603 KbMtja
フィードバック