現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Windows Server 2003 ファイル サーバーを Windows Server 2008 にアップグレードした後、リモート暗号化ファイルにアクセスできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:948690
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Windows Server 2003 ベースのファイル サーバーがあります。また、プレリリース Windows Server 2008 ベースのファイル サーバーを与えます。
  • このファイル サーバーのホストは、リモートでファイルを暗号化。
  • このファイル サーバーは、Windows Server 2008 にアップグレードします。
このシナリオでは、リモートからの暗号化されたファイルにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
アクセスが拒否されました
ユーザー対話形式で、アップグレードする前に、ファイル ・ サーバにログオンした場合、この問題は発生しません。
原因
この問題が発生するは、Windows ファイル サーバーを Windows Server 2008 にアップグレードすると、特別なユーザー プロファイルが移行されないこと。したがって、暗号化ファイルにアクセスしようとすると、アップグレードされたファイル サーバーは、特別なプロファイルを認識されません。その後、アップグレードされたファイル サーバー新しい EFS 暗号化キーを持つ新しいプロファイルを作成します。これらの新しいキーの元のキーとは異なります。したがって、暗号化済みのファイルにアクセスできません。

Windows ファイル サーバーに保存されているファイルを暗号化すると、ファイルの実際の暗号化、ファイル サーバーに発生します。特別なユーザー プロファイルは、Windows Server 2003 ベースのファイル サーバー上に作成されます。この特別なユーザー プロファイルを作成し、暗号化ファイル システム (EFS) の暗号化キーを格納する使用されます。その後、ユーザーがファイル サーバー上の暗号化されたファイルにアクセスするたびに、ユーザーに代わってこの特別なプロファイルが読み込まれます。以前に作成した暗号化キーが使用されます。
解決方法
解決するには、この問題を入手してください投稿アップグレード EFS 回復ツール、マイクロソフト ・ ダウンロード ・ センターから。

メモ EFS 回復ツールは必要ありません EFS ファイルが存在する Windows Server 2003 ベースのコンピューターがインプレースが Windows Server 2008 R2 にアップグレードします。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロードポストをアップグレード EFS 回復のツール 1.0 パッケージします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

EFS 回復ツールは、アップグレードされたサーバー上の EFS キーが登録されていないアカウントのプロファイル ディレクトリをスキャンします。アカウントが見つかった場合は、ツール新しいプロファイルを作成し、EFS キーを新しいプロファイルにコピーします。ツールは、未登録のプロファイルを ~efs.000 ファイルにアーカイブされます。

EFS の回復ツールを実行する方法

サーバー上で管理者特権のコマンド プロンプトからこのツールを実行する必要があります。EfsUpgRecoverAccts.exe とを実行することができます 2 つのスイッチには、
  • /D
    のみを検出します。未登録のプロファイルを回復するには、スキャンしますが、リカバリは実行されません。
  • /R
    リカバリを実行します。
出力フォーマット] タブです。出力をファイルにリダイレクトすることができます。たとえば、次のコマンドを使用できます。
EfsUpgRecoverAccts/R > C:\Efsfix.log
リターン コードは、ツールを実行するときに発生する問題のレベルを示します。
  • 0: 警告またはエラーを報告なし。
  • 1: 警告を出力を確認してください。
  • 2: エラー、出力を確認してください。
  • 3 +: 致命的なエラー、ツールを実行できませんでした。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:948690 - 最終更新日: 08/11/2011 12:08:00 - リビジョン: 4.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB948690 KbMtja
フィードバック
lementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?"> >>ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");