CLR ルーチンの実行または SQL Server でアセンブリを使用すると、エラー メッセージ:「ホスト ストア内のアセンブリがアセンブリとは異な署名 GAC にします。(HRESULT からの例外: 0x80131050)」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:949080
現象
次のシナリオを検討してください。

シナリオ 1

参照、共通言語ランタイム (CLR) のルーチンを作成します。Microsoft.NET Framework のアセンブリ。.NET Framework アセンブリで文書化されていません。ナレッジ ベースの記事 922672。次に、.NET Framework 3.5 または.NET Framework 2.0 ベースの修正プログラムをインストールします。

シナリオ 2

アセンブリを作成して、[Microsoft SQL Server データベースにアセンブリを登録します。次に、グローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) アセンブリの異なるバージョンをインストールします。

CLR ルーチンの実行または SQL Server でアセンブリからこれらのいずれかを使用すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

サーバー: メッセージ 6522、レベル 16、状態 2、行 1
.NET Framework のユーザー定義のルーチンまたは集計の実行時のエラーが発生しました' getsid'。

System.IO.FileLoadException: ファイルまたはアセンブリを読み込めませんでした。' System.DirectoryServices、バージョン 2.0.0.0 をカルチャを = = の中立的なために b03f5f7f11d50a3a =' またはその依存関係の 1 つ。アセンブリのホストストアは、アセンブリとは異な署名 GAC にあります。(HRESULT からの例外。0x80131050)

System.IO.FileLoadException。
原因
CLR アセンブリが読み込まれると、CLR は、同じアセンブリが GAC に存在することを確認します。同じアセンブリが GAC に存在するかどうか、CLR の検証します。は、これらのアセンブリのモジュールのバージョン Id (MVIDs) と一致します。場合は、これらの MVIDsアセンブリが一致しない、エラー メッセージ、「現象」を参照をセクションします。

アセンブリを再コンパイルすると、それを MVID のアセンブリが変更されます。そのため、.NET Framework は、.NET Framework のアセンブリを更新する場合別の MVIDs があります。これらのアセンブリが再コンパイルされるためです。さらに、場合独自のアセンブリを更新する、アセンブリ再コンパイルします。そのため、アセンブリも異なるがあります。MVID。
回避策

回避策 1

1「現象」でのシナリオを回避するには、.NET Framework アセンブリに SQL Server を手動で更新する必要があります。これを行うには、 ALTER ASSEMBLYステートメントを使用します。ポイント新しいするには.NET Framework アセンブリのバージョン次のフォルダー:
%Windir%\Microsoft.NET\Framework\バージョン
バージョン 表す、.NET Framework のバージョンは、インストールまたは更新します。

回避策 2

問題を回避するには2 で「現象」セクションで、 ALTER ASSEMBLYステートメントを使用して、アセンブリを更新するにはデータベース。

問題が解決しない場合は、この操作を行うと、データベースから、アセンブリをドロップし、登録は新しいバージョンアセンブリデータベースにします。
状況
マイクロソフトこの問題を記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。
詳細
技術情報の資料 922672 に記載されていない.NET Framework アセンブリを使用することはお勧めできません。サポート情報記事 922672、SQL Server の CLR によってホストされる環境でテスト済みのアセンブリを一覧表示します。

詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
922672 CLR の SQL Server でホストされている環境でのテストが済んでいない.NET Framework アセンブリのサポート ポリシー

CLR ルーチンの説明

CLR ルーチン含まれて使用して実装されている次のオブジェクト.NET Framework CLR と SQL Server の統合:
  • スカラー値ユーザー定義関数 (スカラーユーザー定義関数)
  • テーブル値関数 (Tvf)
  • ユーザー定義プロシージャ (UDPs)
  • ユーザー定義トリガー
  • ユーザー定義データ型
  • ユーザー定義集計

アセンブリは、.NET Framework 3.5 をインストールした後に更新するには

.NET Framework 3.5 をインストールした後、の変更を使用する必要があります。アセンブリ、次のアセンブリを更新するステートメント。
  • Accessibility.dll
  • AspNetMMCExt.dll
  • Cscompmgd.dll
  • IEExecRemote.dll
  • IEHost.dll
  • IIEHost.dll
  • Microsoft.Build.Conversion.dll
  • Microsoft.Build.Engine.dll
  • Microsoft.Build.Framework.dll
  • Microsoft.Build.Tasks.dll
  • Microsoft.Build.Utilities.dll
  • Microsoft.CompactFramework.Build.Tasks.dll
  • Microsoft.JScript.dll
  • Microsoft.VisualBasic.Vsa.dll
  • Microsoft.Vsa.dll
  • Microsoft.Vsa.Vb.CodeDOMProcessor.dll
  • Microsoft_VsaVb.dll
  • Sysglobl.dll
  • System.Configuration.Install.dll
  • System.Design.dll
  • System.DirectoryServices.dll
  • System.DirectoryServices.Protocols.dll
  • System.Drawing.dll
  • System.Drawing.Design.dll
  • System.EnterpriseServices.dll
  • System.Management.dll
  • System.Messaging.dll
  • ような
  • System.ServiceProcess.dll
  • System.Web.dll
  • System.Web.Mobile.dll
  • System.Web.RegularExpressions.dll
これらのアセンブリは次のフォルダーです。
%Windir%\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727

アセンブリを削除した後、ユーザー定義データ型からのデータを保持する方法

ユーザー定義データ型から SQL Server を使用したアセンブリを削除すると、次のいずれかのデータを保持するために使用できます。

次のシナリオであると仮定します。
  • という名前のアセンブリを作成します。MyAssembly.dll
  • MyAssemblyのアセンブリへの参照をSystem.DirectoryServices.dllアセンブリ。
  • ユーザー定義のデータ型と一致する名前があります。MyDateTime
  • MyAssembly.dllMyDateTimeのデータ型を使用します。アセンブリ。
  • MyTable をという名前のテーブルを作成します。
  • MyTable テーブルにはMyDateTimeデータのデータが含まれています。入力します。

方法 1: が、bcp.exe ユーティリティを使用します。

  1. Bcp.exe ユーティリティ– nスイッチを使用してコピーするのにはMyTable テーブルをファイルからのデータです。たとえば、実行、コマンド プロンプトで次のコマンド:
    bcp MyDatabase.dbo.MyTable out C:\MyFile.bcp -n –SSQLServerName  -T
  2. でSQL Server Management Studio、次の手順を実行します。
    1. MyTable テーブルをドロップします。
    2. MyDateTimeデータ型を削除します。
    3. System.DirectoryServices.dll をドロップします。アセンブリ。
    4. MyAssemblyのアセンブリを削除します。
  3. でSQL Server Management Studio、次の手順を実行します。
    1. System.DirectoryServices.dll を登録します。アセンブリ。
    2. MyAssemblyのアセンブリを登録します。
    3. MyDateTimeデータ型を作成します。
    4. 同じテーブル構造を持つ新しいテーブルを作成します。MyTable テーブルです。
  4. Bcp.exe ユーティリティ、 – nスイッチを使用します。データ ファイルから、MyTable テーブルにインポートします。たとえば、実行、コマンド プロンプトで次のコマンド:
    bcp MyDatabase.dbo.MyTable in C:\MyFile.bcp -n –SSQLServerName  -T

方法 2: 挿入を使用してください.SELECT ステートメント

MyDateTimeデータ型 9 バイトのストレージを占めるように想定しています。
  1. SQL Server Management Studio では、新しいテーブルを作成します。次を実行して、 VARBINARY(9)データ型の列が含まれます。ステートメント:
    CREATE TABLE TempTable (c1 VARBINARY(9))
  2. 次の実行を挿入しています.選択ステートメントを作成するのには、一時テーブル テーブル:
    INSERT INTO TempTable SELECT CAST(c1 as VARBINARY(9)) FROM MyTable
  3. でSQL Server Management Studio、次の手順を実行します。
    1. MyTable テーブルをドロップします。
    2. MyDateTimeデータ型を削除します。
    3. System.DirectoryServices.dll をドロップします。アセンブリ。
    4. MyAssemblyのアセンブリを削除します。
  4. でSQL Server Management Studio、次の手順を実行します。
    1. System.DirectoryServices.dll を登録します。アセンブリ。
    2. MyAssemblyのアセンブリを登録します。
    3. MyDateTimeデータ型を作成します。
    4. 同じテーブル構造を持つ新しいテーブルを作成します。MyTable テーブルです。
  5. 次の実行を挿入しています.選択ステートメントを作成するのには、MyTable テーブル:
    INSERT INTO MyTable SELECT c1 FROM TempTable
関連情報
アセンブリのバージョンの詳細についてを参照してください、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイト。 をアセンブリを更新する方法の詳細については、次の MSDN Web を参照してください。サイト: をアセンブリを削除する方法の詳細については、次の MSDN Web を参照してください。サイト: をSQL Server 2005 データベースにアセンブリを登録する方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。 をBcp.exe ユーティリティの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949080 - 最終更新日: 01/07/2013 20:49:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition

  • kbexpertiseadvanced kbtshoot kbprb kbmt KB949080 KbMtja
フィードバック