現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows スクリプトでスクリプトを実行と、エラー メッセージが表示される:「ライブラリは登録されていません」

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:949140
エラー メッセージの説明
Windows スクリプトでスクリプトを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー: ライブラリが登録されていません。
コード: 8002801 D
ソース: (null)
原因
この問題は 1 つ以上のスクリプト コンポーネントでは、Windows レジストリに登録されていないために発生します。
解決方法
この問題を解決するのには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: をダウンロードして、Windows を再インストール

ダウンロードして、Windows のスクリプトを再インストールし、次のいずれか、次のマイクロソフト Web サイト、Windows スクリプトを使用して、コンピューターで実行されているオペレーティング システムのバージョンによって参照してください。

Windows Server 2003 用の Windows Script 5.7

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロードScripten.exe パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows XP 用の Windows Script 5.7

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロードScripten.exe パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows 2000 用の Windows Script 5.7

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロードScripten.exe パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows Server 2003 用の Windows Script 5.6

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロードWindowsServer2003 Script56-KB917344-x86-enu.exe パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows XP および Windows 2000 の Windows Script 5.6

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロードHttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c717d943-7e4b-4622-86eb-95a22b832caa&DisplayLang=en パッケージを今すぐダウンロードします。

方法 2: コンピューターにスクリプト コンポーネントを登録します。

この問題を解決するには、コンピューターにスクリプト コンポーネントを変更します。この問題を修正するに進んで、"自動的に解決する」セクションに進んでください。修正するにはこの問題自身を場合は、「自分で解決する」セクションに進んでください。

自動的に解決する

自動的にこの問題を解決するには、この問題を解決するリンクをクリックします。[実行] をクリックして、 ファイルをダウンロードダイアログ ボックス、し、このウィザードの手順に従います。



注: <b>このウィザードは英語のみで使用できます。ただし、この自動修正プログラムは、他言語バージョンの Windows でも動作します。

注: <b>いない場合は、問題のあるコンピューターで、問題のあるコンピューターで実行することができますように、自動的な修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存できます。

ここに移動します"この問題は解決しましたか?」セクションに進んでください。

自分で解決する

コンピューターにスクリプト コンポーネントを手動で登録するには、次の手順のいずれか、状況に応じて使用します。
Windows オペレーティング システムの 32 ビット バージョンを実行しています。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmdと入力し、[OK] をクリックします。
  2. タイプ regsvr32 %systemroot%\system32\vbscript.dll、し、ENTER キーを押します。
  3. タイプ regsvr32 %systemroot%\system32\jscript.dll、し、ENTER キーを押します。
  4. タイプ regsvr32 %systemroot%\system32\dispex.dll、し、ENTER キーを押します。
  5. タイプ regsvr32 %systemroot%\system32\scrobj.dll、し、ENTER キーを押します。
  6. タイプ regsvr32 %systemroot%\system32\scrrun.dll、し、ENTER キーを押します。
  7. タイプ regsvr32 %systemroot%\system32\wshext.dll、し、ENTER キーを押します。
  8. タイプ regsvr32 %systemroot%\system32\wshom.ocx、し、ENTER キーを押します。
Windows オペレーティング システムの 64 ビット バージョンを実行しているし、64 ビットのスクリプト コンポーネントを使用しているときに、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmdと入力し、[OK] をクリックします。
  2. タイプ %systemroot%\system32\regsvr32%systemroot%\system32\vbscript.dll、し、ENTER キーを押します。
  3. タイプ %systemroot%\system32\regsvr32%systemroot%\system32\jscript.dll、し、ENTER キーを押します。
  4. タイプ %systemroot%\system32\regsvr32%systemroot%\system32\dispex.dll、し、ENTER キーを押します。
  5. タイプ %systemroot%\system32\regsvr32%systemroot%\system32\scrobj.dll、し、ENTER キーを押します。
  6. タイプ %systemroot%\system32\regsvr32%systemroot%\system32\scrrun.dll、し、ENTER キーを押します。
  7. タイプ %systemroot%\system32\regsvr32%systemroot%\system32\wshext.dll、し、ENTER キーを押します。
  8. タイプ %systemroot%\system32\regsvr32%systemroot%\system32\wshom.ocx、し、ENTER キーを押します。
Windows オペレーティング システムの 64 ビット バージョンを実行しているし、32 ビットのスクリプト コンポーネントを使用しているときに、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmdと入力し、[OK] をクリックします。
  2. タイプ %systemroot%\syswow64\regsvr32%systemroot%\syswow64\vbscript.dll、し、ENTER キーを押します。
  3. タイプ %systemroot%\syswow64\regsvr32%systemroot%\syswow64\jscript.dll、し、ENTER キーを押します。
  4. タイプ %systemroot%\syswow64\regsvr32%systemroot%\syswow64\dispex.dll、し、ENTER キーを押します。
  5. タイプ %systemroot%\syswow64\regsvr32%systemroot%\syswow64\scrobj.dll、し、ENTER キーを押します。
  6. タイプ %systemroot%\syswow64\regsvr32%systemroot%\syswow64\scrrun.dll、し、ENTER キーを押します。
  7. タイプ %systemroot%\syswow64\regsvr32%systemroot%\syswow64\wshext.dll、し、ENTER キーを押します。
  8. タイプ %systemroot%\syswow64\regsvr32%systemroot%\syswow64\wshom.ocx、し、ENTER キーを押します。

この問題は解決しましたか?

問題が解決したかどうかを確認します。問題を解決、する場合はこの資料の終了後です。問題が解決しない、することができます。 サポートへの問い合わせ.
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
その fixit を修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949140 - 最終更新日: 01/03/2015 09:57:00 - リビジョン: 14.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition

  • kbmsifixme kbfixme kbdevsicnvrtkb kberrmsg kbtshoot kbprb kbmt KB949140 KbMtja
フィードバック