現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 または Windows XP の64 ビット バージョンを実行しているコンピュータに複合 TCP (CTCP)を追加するホットフィックスの説明のサポート

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:949316
概要
ホットフィックスは、ホットフィックスは、 Windows Server 2003 または Windows XP の64 ビット バージョンを実行しているコンピュータに複合 TCP (CTCP)サポートを追加するのに使用できます。 CTCP は、大きな bandwidth-delay 製品との接続の TCP を最適化するために、送信者の混雑ウィンドウを積極的に調整します。 これらの製品には、 オンデマンドのWindows Server 2003 と Windows XP の64 ビット バージョンのビデオが含まれます。

注意: CTCP がサポートされるのが Windows Vista とWindows Server 2008導入されました。
詳細

Windows Server 2003 の修正プログラム情

今すぐ Microsoft からサポートされたホットフィックスが入手できます。 ただし、この資料に記載される問題のみを修正するよう設計されます。 この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。 このホットフィックスは、追加のテストを受信することがあります。 したがって、次のこのホットフィックスを含む Windows Server 2003 Service Pack を待つようにこの問題で深刻の影響を受けてない場合、勧めます。

この問題を直ちに解決するために、 Microsoft 顧客 サポート サービス に問い合わせのうえ、修正プログラムを入手します。 Microsoft 顧客 サポート サービス 電話番号とサポート料金についての情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注意: Microsoft Support Professional が問題が特定の更新で解決するように判断する場合、通常サポート呼び出しで発生される料金が取り消されます。 通常のサポート コストは、問題の特定の更新に正規でない追加サポート質問と正規でない問題に適用されます。

前提条件

この修正プログラムを適用するために、 Windows Server 2003 Service Pack 1 を持つ必要がある、または Windows Server 2003 Service Pack 2 がインストールされました。

要件を再起動します。

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正置換プログラム情報

このホットフィックスは、以前リリースされたホットフィックスを置き換えません。

ファイル情報

次の表がそれを示してありますこのホットフィックスの英語版がファイル属性または(それ以降のファイル属性)を持っています。 Coordinated Universal Time(UTC)が日付とこれらのファイルの時間の一覧です。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時間の違いを探すために、コントロール パネルの 項目の タブを使用します。
x86 ベースのバージョン x Windows Server 2003 Service Pack 1
File nameファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォー
Tcpip.sys5.2.3790.3094393,728の21-Feb-200810:04x86
x86 ベースのバージョン x Windows Server 2003 Service Pack 2
File nameファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォー
Tcpip.sys5.2.3790.4241390,144の21-Feb-200810:42x86
Windows Server 2003 Service Pack 1 Itanium 版
File nameファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォー
Tcpip.sys5.2.3790.30941,305,600の21-Feb-200817:43IA-64
Windows Server 2003 Service Pack 2 Itanium 版
File nameファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォー
Tcpip.sys5.2.3790.42411,307,648の21-Feb-200818:38IA-64
Windows Server 2003 は、 x 64 がバージョンを行いました。
File nameファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォー
Tcpip.sys5.2.3790.3094826,880の21-Feb-200817:43X 64
Windows Server 2003 Service Pack 2 は、 x 64 がバージョンを行いました。
File nameファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォー
Tcpip.sys5.2.3790.4241781,824の21-Feb-200818:38X 64

Windows XP の修正プログラム情

今すぐ Microsoft からサポートされたホットフィックスが入手できます。 ただし、この資料に記載される問題のみを修正するよう設計されます。 この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。 このホットフィックスは、追加のテストを受信することがあります。 したがって、このホットフィックスを含む次の Windows XP service pack を待つようにこの問題で深刻の影響を受けてない場合、勧めます。

この問題を直ちに解決するために、 Microsoft 顧客 サポート サービス に問い合わせのうえ、修正プログラムを入手します。 Microsoft 顧客 サポート サービス 電話番号とサポート料金についての情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注意: Microsoft Support Professional が問題が特定の更新で解決するように判断する場合、通常サポート呼び出しで発生される料金が取り消されます。 通常のサポート コストは、問題の特定の更新に正規でない追加サポート質問と正規でない問題に適用されます。

前提条件

この修正プログラムを適用するために、インストールされた Windows XP の64 ビット バージョンを持つ必要があります。

要件を再起動します。

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正置換プログラム情報

このホットフィックスは、以前リリースされたホットフィックスを置き換えません。

ファイル情報

次の表がそれを示してありますこのホットフィックスの英語版がファイル属性または(それ以降のファイル属性)を持っています。 Coordinated Universal Time(UTC)が日付とこれらのファイルの時間の一覧です。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時間の違いを探すために、コントロール パネルの 項目の タブを使用します。
x64 ベースのバージョン x Windows XP
File nameファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォー
Tcpip.sys5.2.3790.3094826,880の21-Feb-200817:43X 64
x64 ベースのバージョン x Windows XP Service Pack 2
File nameファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォー
Tcpip.sys5.2.3790.4241781,824の21-Feb-200818:38X 64
注意:この修正プログラムを適用すると、次のレジストリ サブキーが作成されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
このサブキーのプロパティには、次のものがあります。
名前: TCPCongestionControl
値の種類 : REG DWOR
値: 1 の
値が 1 に設定いますされると、 CTCP サポートが有効です。 値が 0 に設定されています場合、 CTCP サポートが無効です。
状況
マイクロソフトでは、これが問題として「適用」される欄に記載されたマイクロソフト製品の問題を認識しました。
詳細
大きなとの接続にウィンドウ サイズと bandwidth-delay 製品(BDP)を受信ために、複合TCP (CTCP)が積極的に送信ウィンドウを向上させます。 CTCP は、 CTCP は、遅延バリエーションと損失を監視することにより接続の種類によってスループットを最大をするのを試みます。 また、 CTCP が動作がほかの TCP 接続に悪影響を及ぼさないことを確認します。

ソフトウェアの詳細については、用語を更新し、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説
CTCP Compound TCP

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949316 - 最終更新日: 04/08/2008 19:02:58 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition

  • kbbug kbfix kbhotfixserver kbqfe kbpubtypekc KB949316 KbMtja kbmt
フィードバック