現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

説明のアドレス解決プロトコル (ARP) キャッシュの動作の Windows Vista の TCP/IP 実装で

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:949589
概要
この資料ではアドレス解決プロトコル (ARP) キャッシュの Windows Vista の TCP/IP 実装で動作します。
詳細
Windows Vista では、ARP キャッシュの動作が変更されました。RFC4861 に準拠して、Windows Vista での TCP/IP スタック実装 (IP version 6 [Ipv6] の近隣探索プロトコル) IPv4 と IPv6 の近隣探索プロセスの両方の。

ArpCacheLife と ArpCacheMinReferencedLife レジストリ エントリは、Windows xp および Windows Server 2003 では、ARP キャッシュの保守方法を決定します。これらのレジストリ エントリを Windows Vista に適用されなくなります。

新しい Windows Vista の TCP/IP スタックの実装でホストは近隣キャッシュの中には、一致するエントリがない場合、近隣ノード キャッシュのエントリを作成します。IPv4 の ARP キャッシュ エントリは、近隣ノード キャッシュのエントリの例を示します。近隣ノード キャッシュのエントリが正常に作成後に、エントリはエントリが特定の条件を満たしている場合"Reachable"状態に変更できます。エントリが場合"Reachable"状態で、Windows Vista の TCP/IP ホスト送信しない ARP 要求をネットワークに。このため、Windows Vista の TCP/IP ホスト キャッシュ内の情報を使用します。エントリは使用されませんが、その「到達可能時間」値よりも長く"Reachable"状態ままになる場合は、「古い」状態の変更のエントリ。エントリが「古い」状態の場合、Windows Vista の TCP/IP ホストする必要がありますその宛先に到達するには、ARP 要求を送信します。

「到達可能時間」値は、次ように計算されます。
到達可能時間 = BaseReachable 時間 × (MIN_RANDOM_FACTOR と MAX_RANDOM_FACTOR の間でランダムな値)
RFC は、次の計算結果を提供します。
BaseReachable 時間30,000 ミリ秒 (ms)
MIN_RANDOM_FACTOR0.5
MAX_RANDOM_FACTOR1.5
したがって、「到達可能時間」値は 15 秒 (30 × 0.5 秒) と 45 秒 (30 × 1.5 秒) の間でどこかに。15 ~ 45 秒間の時間のエントリを使用しない場合は、「古い」状態に変更します。ホストする必要があります送信、ARP 要求 ipv4 ネットワークに IP データグラムがその送信先に送信するときに。

表示現在の「到達可能時間」値は、以下手順を実行します。
  1. 開始をクリックして型cmd [ cmdプログラムの一覧で、[検索の開始] ボックスに
  2. 管理者のパスワードまたは確認されたら、「了解」を入力するか、続行をクリックしますします。
  3. コマンド プロンプトでいますを入力します。
    netsh インターフェイスの ipv4 の showinterfaces
    結果の例:
    Idx  Met   MTU   State        Name---  ---  -----  -----------  -------------------  1   50 4294967295  connected    Loopback Pseudo-Interface 1  9   20   1500  connected    Local Area Connection
  4. Step2the には「ローカル エリア接続」Idx は 9 です。したがって、できるインターフェイスを表示 9 の次の commandat を入力して、コマンド プロンプト。
    netsh インターフェイスの ipv4 の表示 interface9
    結果の例:
    Interface Local Area Connection Parameters----------------------------------------------IfLuid                             : ethernet_7IfIndex                            : 9Compartment Id                     : 1State                              : connectedMetric                             : 20Link MTU                           : 1500 bytesReachable Time                     : 19000 ms Base Reachable Time : 30000 ms Retransmission Interval : 1000 ms				DAD Transmits : 3 Site Prefix Length : 64 Site Id : 1 Forwarding : disabled				Advertising : disabled Neighbor Discovery : enabled Neighbor Unreachability				Detecion : enabled Router Discovery : dhcp Managed Address Configuration :				enabled Other Stateful Configuration : enabled Weak Host Sends : disabled Weak				Host Receives : disabled Use Automatic Metric : enabled Ignore Default routes :				disabled 
  5. できます、「BaseReachable ・ タイム」の値入力して、コマンド プロンプト、次の使用例 commandat を変更します。
    netshinterface の ipv4 設定インターフェイス 9 basereachable = 60000
  6. 手順 4 の結果を参照することをするには、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。
    netsh インターフェイスの ipv4 の表示 interface9
    結果の例:
    Interface Local Area Connection Parameters----------------------------------------------IfLuid                             : ethernet_7IfIndex                            : 9Compartment Id                     : 1State                              : connectedMetric                             : 20Link MTU                           : 1500 bytesReachable Time                     : 61500 msBase Reachable Time                : 60000 ms Retransmission Interval : 1000 ms DAD Transmits : 3 Site Prefix				Length : 64 Site Id : 1 Forwarding : disabled Advertising : disabled Neighbor				Discovery : enabled Neighbor Unreachability Detecion : enabled Router Discovery				: dhcp Managed Address Configuration : enabled Other Stateful Configuration :				enabled Weak Host Sends : disabled Weak Host Receives : disabled Use Automatic				Metric : enabled Ignore Default routes : disabled 
    メモ 「基本の到達可能時間」値が 60000 ミリ秒に変更されました。
  7. できます、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力して theneighbor キャッシュの制限値を増やします。
    netsh インターフェイスの ipv4 の設定グローバル neighborcachelimit = 4096
    メモ 近隣ノード キャッシュの既定の制限は 256 です。
近隣ノード キャッシュのエントリ状態の詳細については、次の Web サイトを参照してください。詳細については TCP/IP レジストリ値を Windows Vista と Windows Server 2008 の次の Web サイトを参照してください。この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。マイクロソフトは、これらの製品のパフォーマンスや信頼性に対し何の保証も行いません。

Microsoft は適切なテクニカル サポートを見つけやすいようにサード パーティ連絡先情報を提供しています。この連絡先情報は予告なく変更する可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。
ArpCache ArpCacheLife 有効期間の Arp キャッシュのタイムアウト

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949589 - 最終更新日: 01/03/2015 09:57:00 - リビジョン: 9.0

Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional N, Windows 7 Ultimate

  • kbexpertiseinter kbinfo kbmt KB949589 KbMtja
フィードバック