Windows Update エージェントが Windows Vista で"スケジュールされたインストールで再起動の Re-prompt"グループ ポリシー設定に従っていません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:949590
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Windows Vista では、Windows Update エージェント"スケジュールされたインストールで再起動の Re-prompt"グループ ポリシー設定が従っていません。 この問題は、特定の時間に自動的に修正プログラムをインストールする Windows Update を構成したコンピューターを再起動しないと発生します。

修正プログラムのインストール後に定義された遅延が、コンピューターを再起動する最初のテキストの前に発生します。 ただし、Windows Update エージェントのデザインを変更、必要が今すぐありますユーザーをドロップダウン リストから、定義済みの遅延値を選択すること。 たとえば、ユーザーに 10 分、1 時間、または 4 時間の値を選択することがあります。 既定の遅延値は 10 分です。

ユーザーを選択する遅延値は次のプロンプト、コンピューターを再起動するまで、Windows Update エージェントは遅延時間を決定します。
詳細
"スケジュールされたインストールで再起動の Re-prompt"のグループ ポリシー設定では、もう一度再起動をスケジュールのユーザーに確認する前に自動更新の待機時間を指定します。

状態は設定を [ 有効] に 、指定した時間 (分) の経過後、スケジュールされた再起動が発生する場合、再起動の前、プロンプトからの経過が。

既定では場合状態が 無効に するまたは 構成されていません ] 設定の間隔は 10 分です。

グループ ポリシーの"スケジュールされたインストールで再起動の Re-prompt"の設定は、次の場所です。
コンピューターの構成 \ 管理用テンプレート \Windows コンポーネント更新
次のバージョンの Windows とそれ以降のバージョンを"スケジュールされたインストールで再起動の Re-prompt"のグループ ポリシー設定をサポートします。
  • Windows Server 2003
  • Windows XP Service Pack 1 (SP1)
  • Microsoft Windows 2000 Server Service Pack 3 (SP3)

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949590 - 最終更新日: 01/16/2015 10:07:52 - リビジョン: 1.2

Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB949590 KbMtja
フィードバック