少し型のフィールドが予期せず戻り値に設定既定 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のレコードのいくつか他のフィールドを更新するワークフロー ルールを実行すると

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:949732
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Dynamics CRM 4. 0 ワークフロー デザイナーで、以下の問題の 1 つ以上の一部のビット属性フィールドに既定値を代入するとき発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のレコードのいくつか他のフィールドを更新するワークフロー ルールを実行すると少し型のフィールドは既定値に戻る設定が予期せずされます。
  • Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のワークフロー デザイナーでビット-属性フィールドに既定値を代入するときは、期待どおりの既定値はいくつかのフィールドに割り当てられません。
    • ビット属性フィールドが、リスト ボックスの形式で、ある場合は、フィールドに割り当てられている値は 未定義 または Null です。
    • ビット属性フィールドがチェック ボックス形式場合、フィールドに値は割り当てられません。
    • 既定値をビット属性フィールドに代入することができますとフィールドが、オプション ボタンの形式である場合にのみです。
原因
この問題は、ビット属性フィールドは、ワークフロー ルールが別のフォーム内のフィールドを更新するレコードに対して発生したときにリセットされるために発生します。 ただし、この JScript コードはのみ既定値をクラス名がオプション ボタンでは、フィールドに代入します。 したがって、フィールドのクラス名がリスト ボックスまたはチェック ボックスでは場合、既定値がフィールドに割り当てられますされません。
解決方法
この問題は、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の最新の累積的な更新プログラムのロールアップで修正します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
949256Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の更新プログラムおよび修正プログラム
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
マイクロソフトのソフトウェアの更新に使用される用語についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの名前付け規則

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949732 - 最終更新日: 01/15/2015 17:46:17 - リビジョン: 3.0

Microsoft Dynamics CRM 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbqfe kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbhotfixserver kbmbsworkflow kbmbscustomization kbautohotfix kbmt KB949732 KbMtja
フィードバック