現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP は、Drwtsn32.exe デバッガーのエラー レポートを送信が要求されます。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:949820
問題の説明
Windows XP では、送信する必要があります、Drwtsn32.exe デバッガーのエラー レポート。
原因
この現象により、例外が発生します。Drwtsn32.exe プログラムです。
解決方法
この問題を解決するのには、ワトソン博士デバッガーを無効にします。我々 はこの問題を解決するのには、移動します。 「を修正」 セクションです。ではなくこの問題を自分で修正する場合は、その 「自分で修正する」 セクションです。

Fix it で解決する

この問題を自動的に修正するのをクリックして、 この問題を解決するリンクします。[次へ] をクリックします Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない続いて [ダイアログ ボックスをオンにし、[このウィザードの手順を実行します。



メモ このウィザードは英語版のみ提供されています。ただし、自動修正も他の言語バージョンの Windows 用に動作します。

メモ 問題のあるコンピューターにない場合は、自動修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存でき、問題のあるコンピューターで実行することができます。

今すぐに移動して、 「この問題は解決しましたか?" セクションです。

自分で解決する

  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 regeditプロパティ ].
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AeDebug
  3. ダブルクリック、 自動レジストリのエントリです。
  4. で、 値データ ボックス型 0プロパティ ].
  5. レジストリ エディターを終了します。

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決したかどうか確認します。あなたは問題を解決する場合は、この記事で完了です。問題が解決されていない場合は、 サポートに問い合わせる.
詳細情報
「解決方法」セクション内の変更を逆にするには、ワトソン博士デバッガーを再度有効にするのには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力、ENTER キーを押します。
drwtsn32-i
[fixit 修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949820 - 最終更新日: 07/01/2013 04:56:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbfixme kbmsifixme kbexpertiseinter kbtshoot kbprb kbmt KB949820 KbMtja
フィードバック
dChild(m);