Exchange Server 2007 でのクォータに関連した設定をパブリック フォルダーを変更することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:949852
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Exchange Server 2007 環境では、問題が発生するいくつかパブリック フォルダーのクォータを管理するとき。 たとえば、クォータの動作をディクテーションするプロパティのいくつか設定できません管理コマンドレット、または、Exchange 管理コンソール (EMC) から。 選択する特定の設定戻せません適用されると同時にインスタンスもあります。
解決方法
この問題を解決をするには Exchange Server 2007 の Service Pack 2 (SP2) をインストールします。 Exchange Server 2007 の SP2 をダウンロードする次のマイクロソフト Web サイトにアクセスすることができます。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
このソフトウェア更新プログラムを適用するは、以下のパブリック フォルダーのクォータ設定更新プログラムが導入されました。
  • 名前を変更、新規作成-PublicFolder、Get PublicFolder、Get PublicFolderDatabase 設定-PublicFolder コマンドレットの次のパラメーター名は。

    EMC UI 名 現在のコマンドレット 新しいコマンドレット
    問題警告 StorageQuotaIssueWarningQuota
    投稿を禁止します。 PostStorageQuotaProhibitPostQuota
    最大アイテム サイズ MaxItemSizeMaxItemSize
  • EMC でパブリック フォルダーのクォータの設定が一貫してと正確に処理されます。
  • ユーザーが他の設定は、元設定より優先するために使用されない設定を変更できなくなります。
  • 設定がオーバーライドされることは表示されません。
  • パブリック フォルダーがある、 UseDatabaseQuotaDefaults の値を設定場合は FALSE を指定 する値を再設定しよう FALSE を指定 し、変更たいありませんが、クォータ値はリセットされます。
  • 新しいチェックは、次の項目が true 確認に追加されます。

    IssueWarningQuota < = ProhibitPostQuota
    MaxItemSize < = ProhibitPostQuota

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949852 - 最終更新日: 01/16/2015 02:47:52 - リビジョン: 1.1

Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1

  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB949852 KbMtja
フィードバック