FIX: SQL Server 2005 でのマージ レプリケーションのデータを同期すると、エラー メッセージ:"マージ プロセスが「 ArticleName」 Reason 資料に加えられた失敗する操作を再試行している:'無効がパラメータ値を入力した . " 詳細についてのステータス値を確認する . '""。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

英語版 KB:949959
#をバグ: 50002540(SQL ホットフィックス)
Microsoft は、 1 つのダウンロード可能なファイルで Microsoft SQL Server 2005 修正プログラムを配布します。 修正プログラムが累積されるので、以前の SQL Server 2005 に付属したすべてのセキュリティ修正プログラムがすべての修正プログラムが新しい各リリースに含まれて、リリースを修正します。
現象
以下のシナリオを考えます。 SQL Server 2005 で、テーブルから一部の列を削除します。 テーブルにマージ パブリケーションを作成します。 その後、テーブルから複数列を一部削除します。 データを同期させるために、マージ エージェントを実行すると、次のエラー メッセージを断続的に表示することがあります。
マージ プロセスが「 」 Reason 資料に加えられた失敗する操作を再試行しています。:'無効なのは、パラメータ値を入力しました。 . '詳細についてのステータス値を確認します。
この問題が発生すると、ミニダンプ ファイルが SQL Server Errorlog ファイルを含むフォルダに生成されます。
原因
この問題はメモリ破損が原因で発生します。 データを同期すると、データを SQL Server 2005 がスキップする削除された列で間違って SQL Server 2005 が設定します。
解決方法

修正プログラム情報

今すぐ Microsoft からサポートされたホットフィックスが入手できます。 ただし、このホットフィックスは、この資料に記載される問題のみを修正するよう設計されます。 この特定の問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。 このホットフィックスは、追加のテストを受信することがあります。 したがって、次のこのホットフィックスを含む SQL Server 2005 Service Pack を待つようにこの問題で深刻の影響を受けてない場合、勧めます。

この問題を解決するために、修正プログラムを入手する Microsoft オンライン顧客 サービス の要求を送信します。 修正プログラムを入手するオンライン要求を送信するために、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注意:すべてのトラブルシューティングを指定する必要がある、他の問題が発生する場合、別のサービス要求を作成しなければならない可能性があります。 通常のサポート コストは、この特定のホットフィックスに正規でない追加サポート質問と正規でない問題に適用されます。 別のサービス要求を作成するために、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

前提条件

SQL Server 2005 Service Pack 2(SP2)がこの修正プログラムを適用するために、インストールされる必要があります。

SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の複数の詳細については、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
913089 SQL Server 2005 の最新の Service Pack を入手する方法。

情報を再起動します。

このホットフィックスの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

レジストリ情報

レジストリを変更する必要はありません。

修正プログラム ファイル情

この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。 この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。

次の表がそれを示してありますこのホットフィックスの英語版がファイル属性または(それ以降のファイル属性)を持っています。 Coordinated Universal Time(UTC)が日付とこれらのファイルの時間の一覧です。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時間の違いを探すために、コントロール パネルの 項目の タブを使用します。
File nameファイルのバージョン ファイル サイズ日付時間プラットフォー
Bcp.exe2005.90.3232.068,632の04-Mar-200803:10x86
Chsbrkr.dll12.0.7822.01,684,840の22-Jun-200709:22x86
Chtbrkr.dll12.0.7822.06,112,616の22-Jun-200709:22x86
Databasemailprotocols.dll9.0.3232.046,104の04-Mar-200803:10x86
Distrib.exe2005.90.3232.070,680の04-Mar-200803:10x86
Dts.dll2005.90.3232.01,102,360の04-Mar-200803:10x86
Dtsconn.dll2005.90.3232.0250,392の04-Mar-200803:10x86
Dtspipeline.dll2005.90.3232.0605,208の04-Mar-200803:10x86
Fteref.dll12.0.7822.0446,464の22-Jun-200709:22x86
Infosoft.dll12.0.7822.0468,328の22-Jun-200709:22x86
Korwbrkr.dll12.0.7822.071,016の22-Jun-200709:22x86
Langwrbk.dll12.0.7822.0136,552の22-Jun-200709:22x86
Mergetxt.dll2005.90.3232.032,280の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.analysisservices.dll9.0.3232.01,217,560の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.sqlserver.connectioninfo.dll9.0.3232.0156,696の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.sqlserver.dtstransferprovider.dll9.0.3232.0115,736の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.sqlserver.maintenanceplantasks.dll9.0.3232.0295,960の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.sqlserver.Replication.dll2005.90.3232.01,628,184の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.sqlserver.servicebrokerenum.dll9.0.3232.042,008の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.sqlserver.smo.dll9.0.3232.01,606,680の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.sqlserver.smoenum.dll9.0.3232.0222,232の04-Mar-200803:10x86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll9.0.3232.0898,072の04-Mar-200803:10x86
Msfte.dll12.0.7822.02,430,312の22-Jun-200709:22x86
Msftefd.exe12.0.7822.066,920の22-Jun-200709:22x86
Msftepxy.dll12.0.7822.095,592の22-Jun-200709:22x86
Msftesql.exe12.0.7822.095,592の22-Jun-200709:22x86
Msgprox.dll2005.90.3232.0200,216の04-Mar-200803:11x86
Msir5jp.dll5.0.2130.03,159,912の22-Jun-200709:22x86
Nlhtml.dll12.0.7822.0124,264の22-Jun-200709:22x86
Nls400.dll5.0.4217.012,240,744の22-Jun-200709:22x86
Odsole70.dll2005.90.3232.058,904の04-Mar-200803:11x86
Osql.exe2005.90.3232.053,272の04-Mar-200803:11x86
Query9x.dll12.0.7822.048,488の22-Jun-200709:22x86
Rdistcom.dll2005.90.3232.0644,632の04-Mar-200803:11x86
Replerrx.dll2005.90.3232.0114,712の04-Mar-200803:11x86
Replisapi.dll2005.90.3232.0272,920の04-Mar-200803:11x86
Replmerg.exe2005.90.3232.0320,536の04-Mar-200803:11x86
Replprov.dll2005.90.3232.0552,984の04-Mar-200803:11x86
Replrec.dll2005.90.3232.0785,432の04-Mar-200803:11x86
Replsub.dll2005.90.3232.0408,088の04-Mar-200803:11x86
Replsync.dll2005.90.3232.0101,400の04-Mar-200803:11x86
Sac.exe9.0.3232.082,968の04-Mar-200803:11x86
Sbmsmdlocal.dll9.0.3232.015,969,304の04-Mar-200803:11x86
Sbmsmdredir.dll9.0.3232.04,022,808の04-Mar-200803:11x86
Sqlaccess.dll2005.90.3232.0350,232の04-Mar-200803:11x86
Sqladhlp.exe2005.90.3232.047,128の04-Mar-200803:11x86
Sqlagent90.exe2005.90.3232.0349,720の04-Mar-200803:11x86
Sqlbrowser.exe2005.90.3232.0242,712の04-Mar-200803:11x86
Sqlcmd.exe2005.90.3232.0143,384の04-Mar-200803:11x86
Sqlctr90.dll2005.90.3232.067,608の04-Mar-200803:11x86
Sqldiag.exe2005.90.3232.01,074,200の04-Mar-200803:11x86
Sqldumper.exe2005.90.3232.068,632の04-Mar-200803:11x86
Sqlmaint.exe2005.90.3232.077,848の04-Mar-200803:11x86
Sqlmergx.dll2005.90.3232.0194,072の04-Mar-200803:11x86
Sqlmgmprovider.dll2005.90.3232.0236,568の04-Mar-200803:11x86
Sqlsac.exe2005.90.3232.01,246,232の04-Mar-200803:11x86
Sqlservr.exe2005.90.3232.029,215,256の04-Mar-200803:11x86
Sqlsqm.exe9.0.3232.0128,024の04-Mar-200803:11x86
Sqlwep.dll2005.90.3232.090,648の04-Mar-200803:11x86
Sqlwtsn.exe9.0.3232.099,352の04-Mar-200803:11x86
sqsrvres.dll2005.90.3232.070,168の04-Mar-200803:11x86
Ssradd.dll2005.90.3232.042,520の04-Mar-200803:11x86
Sravg.dll2005.90.3232.043,032の04-Mar-200803:11x86
Ssrmax.dll2005.90.3232.040,984の04-Mar-200803:11x86
Ssrmin.dll2005.90.3232.040,984の04-Mar-200803:11x86
Ssrpub.dll2005.90.3232.030,232の04-Mar-200803:11x86
Svrenumapi.dll2005.90.3232.0615,448の04-Mar-200803:11x86
Tablediff.exe9.0.3232.087,064の04-Mar-200803:11x86
Thawbrkr.dll12.0.7822.0206,184の22-Jun-200709:22x86
Xmlfilt.dll12.0.7822.0197,992の22-Jun-200709:22x86
Xmlsub.dll2005.90.3232.0194,584の04-Mar-200803:11x86
Xpadsi90.exe2005.90.3232.050,712の04-Mar-200803:11x86
Xpqueue.dll2005.90.3232.056,856の04-Mar-200803:11x86
Xprepl.dll2005.90.3232.073,240の04-Mar-200803:11x86
Xpstar90.dll2005.90.3232.0298,520の04-Mar-200803:11x86
状況
マイクロソフトでは、これが問題として「適用」される欄に記載されたマイクロソフト製品の問題を認識しました。
詳細
SQL Server 更新の名前付けスキーマの詳細については、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
822499 Microsoft SQL Server software 更新パッケージのスキーマに名前を新規付けます。
ソフトウェアの詳細については、用語を更新し、サポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の資料を表示するために、次の文書番号をクリックします。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:949959 - 最終更新日: 03/19/2008 17:55:18 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition

  • kbhotfixserver kbfix kbexpertiseadvanced kbqfe kbmsccsearch kbpubtypekc KB949959 KbMtja kbmt
フィードバック