現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

同期のプラグインは、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で発生したイベントに応答しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:950542
現象
同期のプラグインでは、Microsoft Dynamics を展開する場合使用するように構成された CRM 4. 0 サーバーをホスト ヘッダーを同期プラグインの操作を行います発生したイベントに応答しません。Microsoft Dynamics CRM 4. 0。

イベント ビューアーとプラットフォーム トレースに以下のようなエラーが表示されます。
  • スタック トレース情報: [中に WebException 要求が HTTP ステータス 400 で失敗しました: 不正な要求です。]。
    Microsoft.Crm.Extensibility.SdkTypeProxyCrmServiceWrapper.InternalInvoke (オブジェクトのパラメーター MethodInfo methodInfo)
    Microsoft.Crm.Extensibility.SdkTypeProxyCrmServiceWrapper.Execute オブジェクトの要求に
  • System.Net.WebException: 要求は HTTP ステータス 404 で失敗しました: が見つかりません。
    Microsoft.Crm.Extensibility.PluginStep.Execute PipelineExecutionContext のコンテキストで
    Microsoft.Crm.Extensibility.Pipelin.Execute PipelineExecutionContext のコンテキストで
原因
この問題が発生するための URLは、CrmServiceソフトウェア開発キット (SDK) のプロキシ オブジェクトような次の URL:
http://localhost
そのため、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 がホスト ヘッダーが正しく処理されません。
解決方法
Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の最新の累積的な更新プログラムのロールアップでこの問題を解決します。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
949256Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の更新プログラムおよび修正プログラム

さらに、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 サーバーで、LocalSdkHost のレジストリ キーを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. をクリックして開始をクリックして実行、タイプレジストリ エディター、し、[OK].
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM
  3. 右クリックMSCRMをクリックして新しい、し、文字列値.
  4. で、名前ボックス タイプLocalSdkHost.
  5. 右クリックLocalSdkHost、し、変更.
  6. で、ボックス、Microsoft Dynamics CRM サーバーのホスト ヘッダー、名前を入力しをクリックしてください[OK].

    メモHttp://」または「ポート番号も指定しません。
  7. LocalSdkPort のキーと同じ場所を見つけます。CRM Web サイトで使用されているポートのポートと一致していることを確認します。
  8. LocalSdkPort キーの値が正しくない場合は、右クリックします。LocalSdkPort、し、変更.正しいポート番号を入力しをクリックしてください[OK].
状況
マイクロソフトこれで、記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています[適用] セクションで。
詳細
詳細については、マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用する用語をクリックして、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号:
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM のソフトウェア修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの命名規則

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:950542 - 最終更新日: 03/21/2011 09:06:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB950542 KbMtja
フィードバック
);