現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

SQL Server Analysis Services の名前付きインスタンスへの接続を確立するときに、SQL Server ブラウザー サービスの SPN が必要

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:950599
現象
次のシナリオを検討してください。Microsoft SQL Server の Analysis Services の名前付きインスタンスへの接続を確立します。次に、SQL Server ブラウザー サービスは、名前付きインスタンスに使用可能なポートを決定します。接続は、Kerberos 認証を使用します。このシナリオでは、SQL Server ブラウザー サービスのサービス プリンシパル名 (SPN) は、ほかに、Analysis Services の名前付きインスタンスの SPN を必要です。SQL Server ブラウザー サービスの SPN が存在しない場合は、Kerberos 認証は失敗します。
原因
この現象は、接続文字列が含まれる場合をのみ、 SSPI = Kerberosパラメーター。この場合、接続を強制するには、Kerberos 認証を使用して、SQL Server ブラウザー サービスの SPN を構成する必要があります。

接続文字列がない場合は、 SSPI = Kerberosパラメーター、Kerberos の認証は、通常使用します。SQL Server ブラウザー サービスへの接続には NTLM と NT_ANONYMOUS アカウントの代わりに使用します。この場合、SQL Server ブラウザー サービスへの接続は成功します。SQL Server ブラウザー サービスは、適切なポートを決定します。実際のデータベース接続は、該当の認証を提供するのに Kerberos 認証を使用します。
解決方法
SQL Server ブラウザー サービスが実行されているアカウントを使用して SQL Server ブラウザー サービスの SPN を作成する必要があります。

NetBIOS の SPN の形式は、次のとおりです。
MSOLAPDisco.3/serverHostName
完全修飾ドメイン名の形式 SPN とおりです。
MSOLAPDisco.3/serverHostName.Fully_Qualified_domainName

SPN を登録する方法

Setspnコマンドを実行するには、ドメイン管理者グループのメンバーする必要があります。

ドメイン アカウントで実行されているブラウザー サービスの SPN を作成するのには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
Setspn.exe-MSOLAPDisco.3/serverHostName.Fully_Qualified_domainName Browser_Service_Startup_Account

Setspn.exe-MSOLAPDisco.3/serverHostName Browser_Service_Startup_Account
ブラウザーが LocalSystem アカウントで実行されているサービスの SPN を作成する必要があります、する場合は、コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
Setspn.exe-MSOLAPDisco.3/serverHostName.Fully_Qualified_domainName serverHostNameSetspn.exe-MSOLAPDisco.3/serverHostName serverHostName

SPN を確認するには

ドメイン アカウントで、サービスの実行時。
Setspn – l Browser_Service_Startup_Account
LocalSystem アカウントは、サービスの実行時。
Setspn -l serverHostName
状況
この動作は仕様です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:950599 - 最終更新日: 01/16/2014 17:56:00 - リビジョン: 7.0

  • Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • kbtshoot kbprb kbmt KB950599 KbMtja
フィードバック