Office SharePoint Server 2007 のリッチ テキスト入力欄にてフォントが意図せず変更される場合がある

現象
Microsoft Office SharePoint Server 2007 (MOSS 2007) および Microsoft Windows SharePoint Service 3.0 (WSS 3.0) のリッチ テキスト入力欄でフォントの種類とサイズが意図せず変更される場合があります。
原因
MOSS 2007 および WSS 3.0 のリッチ テキスト入力欄では、文字列の入力に、ブラウザ内で編集可能なインライン フレームを用い、ブロック要素でフォントの指定を行っています。本文入力操作時に何らかの原因でカーソルがブロック要素で制御された範囲を逸脱した場合には、MOSS 2007 およびWSS 3.0 のリッチ テキスト入力欄で設定されたフォントではなく、Microsoft Internet Explorer のエディット コントロール (mshtml.dll) において、Internet Explorer に設定されているデフォルトのフォントである MS Pゴシック の 12pt が使用されるためこの現象が発生します。
詳細

問題の再現手順

  1. MOSS 2007 および WSS 3.0 のリストにて、以下のオプションで列を追加します。
    列の情報の種類 : [複数行テキスト]
    使用可能なテキストの種類 : [リッチ テキスト (太字、斜体、テキストの配置)] または [拡張リッチ テキスト (画像、表、ハイパーリンクを含むリッチ テキスト)]
  2. リストに戻り、[新規] ボタンをクリックして新しいアイテムの編集画面を開きます。
  3. 手順 1 で作成したリッチ テキスト入力欄をクリックし、Microsoft IME をオンにします。
  4. メッセージのフォントを Internet Explorer 既定のフォントである [MS Pゴシック] の [フォント サイズ 1] (12pt) 以外に設定します。
  5. にほんごと入力し、スペース キーを押して日本語と漢字変換し、Enter キーを押して変換候補を確定します。
  6. Enter キーを押し、改行します。
  7. 右カーソルキーを押します。
結果 : フォントが [MS Pゴシック] の [フォント サイズ 1] (12pt) に変わります。
関連情報
関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。
949958 Exchange Server 2007 の OWA で、メッセージ作成画面の本文のフォントとサイズが意図せず変更される場合がある
プロパティ

文書番号:950669 - 最終更新日: 10/05/2016 08:18:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Office SharePoint Server 2007, Microsoft Windows SharePoint Services 3.0

  • kbharmony kbexpertiseinter kbtshoot KB950669
フィードバック