給与を「コード年初来のお支払い」の列を追加する方法は、Microsoft Dynamics GP でチェック

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:950703
迅速な発行記事は、マイクロソフト サポート組織内から直接情報を提供します。新興または一意応答でここに含まれる情報が作成されたトピック、または、その他のサポート技術情報を補足するものでは。
はじめに
この資料を追加する方法について説明、コード年初来のお支払い Microsoft Dynamics GP で給与の列をチェックします。

「YTD」は、「今年」の省略形です。
詳細
このフィールドは、レポート ライターを使用して、チェックを追加する必要があり、給与の設定] ウィンドウで変更する必要があます。そのためには、以下の手順を実行します。

ステップ 1: ファイルをバックアップ、Reports.dic、およびレポート ライターを起動し、

  1. 変更後、Microsoft Dynamics GP レポートがあれば、Reports.dic ファイルをバックアップします。Reports.dic ファイルを見つけるには、次の手順を実行します。
    1. バージョンに適切な手順を使用します。
      • Microsoft Dynamics GP 10.0、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、セットアップ] をポイントシステム] をポイントし、起動ファイルの編集] をクリックします。
      • および Microsoft ビジネス ソリューションの Microsoft Dynamics GP 9.0 でグレートプレーンズ 8.0 では、ツール] メニューの [設定] をポイントシステム] をポイントし、起動ファイルの編集] をクリックします。
    2. ダイアログ ボックスが表示されたら、システムのパスワードを入力します。
    3. 適切な手順を使用します。
      • Microsoft Dynamics GP 10.0 と Microsoft Dynamics GP 9.0 では、起動ファイルの編集] ウィンドウでは、 Microsoft Dynamics GP ] をクリックします。
      • グレートプレーンズ 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、起動ファイルの編集] ウィンドウでは、大草原地帯をクリックします。
    4. [レポート] ボックスに表示されている Reports.dic ファイルへのパスに注意してください。
    5. 起動ファイルの編集] ウィンドウを閉じます[ok]をクリックします。
  2. レポート ライターを起動するのにには、バージョンに適切な手順を使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、 [カスタマイズ] をポイントおよびレポート ライター] をクリックします。
    • および Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 8.0 では、Microsoft Dynamics GP 9.0 で [ツール] メニューの[カスタマイズ] をポイントし、 Report Writer] をクリックします。
  3. 適切な手順を使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 と Microsoft Dynamics GP 9.0 では、 Microsoft Dynamics GP製品の一覧でをし、[ OK] をクリックします。
    • 大草原地帯 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、製品一覧で、大草原地帯をクリックし、し、[ OK] をクリックします。

手順 2: レポートを開く

  1. [レポート] をクリックします。
  2. 元のレポートでは、従業員の上部と下部 – L のスタブのチェックや、編集のために必要なレポートを [挿入] をクリックします。
  3. レポートの変更] セクションでは、従業員の上部と下部 – L のスタブのチェックや、編集のために必要なレポートをクリックし、し、[開く] をクリックします。
  4. [レイアウト] をクリックします。

手順 3: レポートを変更します。

  1. レポートのレイアウトに、「コード年初来のお支払い」フィールドを追加するための追加の空き領域を確保するのには調整する必要があるレポートの一番上のスタブ セクションのフィールドを選択します。これを行うには、フィールドのグループの左上隅でをクリックして、レポートの一番上のスタブ セクション内のフィールドのグループの右下隅にポインターをドラッグします。
  2. 同じセクションをクリックし、グループ内のすべてのフィールドを移動するキーボードの方向キーをクリックします。
  3. ツールボックスで、給与の作業を確認して年初来をドロップ ダウン リストで選択ボックスで、年初来の配列を支払う、レポートの目的の場所にドラッグします。
  4. レポートのフィールドのオプション] ウィンドウでを支払う収益配列に一致する値を配列のインデックスのフィールドを設定し、非表示にすると、空表示/非表示フィールドを設定します。、
  5. 3 ~ 4 の手順を繰り返して、すべての配列フィールドは、レポートに追加されています。
  6. 小切手には、各スタブの手順 1 から 5 を繰り返します。

手順 4: 変更内容をレポートに保存して、レポート ライターを終了し、

  1. [ファイル] メニューには、 Microsoft Dynamics GPまたはMicrosoft ビジネス ソリューションの大草原地帯をクリックします。
  2. レポートのレイアウトに変更を保存するメッセージが表示されたら、[保存] をクリックします。
  3. 変更後のレポートに変更を保存するメッセージが表示されたら、[保存] をクリックします。

手順 5: 変更後のレポートにセキュリティ アクセス許可を割り当てる

変更後のレポートには、セキュリティのアクセス許可を割り当てるするには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: Microsoft Dynamics GP 10.0 でセキュリティを使用します。

  1. Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントセットアップ] をポイントし、システム] をポイントし、または変更済みの代替のフォームとレポート] をクリックします。
  2. [ ID ] ボックスには、この変更後のレポートを印刷するユーザー ID を入力します。
  3. 製品の一覧では、 Microsoft Dynamics GPをクリックします。
  4. 種類] ボックスの一覧で [レポート] をクリックします。
  5. 給与] フォルダーを展開します。
  6. 変更したレポート用のフォルダーを展開します。
  7. Microsoft Dynamics GP (変更済み)を選択する] をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。
  9. Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、セットアップ] をポイントし、システムをポイントおよびユーザーのセキュリティ] をクリックします。
  10. ユーザーの一覧でクリックすると、ユーザー ID を選択します
  11. 会社名] ボックスの一覧では、会社を選択するをクリックします。
  12. /更新日時の代替のフォームおよびレポートの ID ] ボックスの一覧で、手順 2 から ID を選択するをクリックします。

方法 2: Microsoft Dynamics GP 10.0 より前のバージョンで高度なセキュリティ ツールを使用します。

  1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システムを指す高度なセキュリティ] をクリックします。
  2. ダイアログ ボックスが表示されたら、[パスワードの入力してください] ボックスで、システムのパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。
  3. セキュリティの詳細設定] ウィンドウでビュー] をクリックし、で代替、変更およびユーザー設定] をクリックします。
  4. バージョンがインストールされているかによって、次の手順のいずれかを使用します。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、 Microsoft Dynamics GPを展開します。
    • 大草原地帯 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、大草原地帯を展開します。
  5. レポートを展開し、給与を展開し、変更したレポートを展開します。
  6. バージョンがインストールされているかによって、次の手順のいずれかを使用します。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、 Microsoft Dynamics GP (変更済み)をクリックします。
    • 大草原地帯 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、大草原地帯 (変更済み)をクリックします。
  7. [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。

    注: <b>既定では、高度なセキュリティ ツールを起動すると、現在のユーザーと現在の会社が選択されます。すべての変更は、現在のユーザーと現在の会社に影響します。ただし、高度なセキュリティ] ウィンドウの [ユーザー ] 領域で、他のユーザーを選択できます。セキュリティの詳細設定] ウィンドウの [会社名] 領域で、他の企業を選択できます。

方法 3: Microsoft Dynamics GP 10.0 より前のバージョンでの標準的なセキュリティ ツールを使用します。

  1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システム、] をポイントし、[セキュリティ] をクリックします。
  2. ダイアログ ボックスが表示されたら、[パスワードの入力してください] ボックスで、システムのパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。
  3. ユーザー IDを一覧表示、変更後のレポートにアクセスするユーザーの ID をクリックします。
  4. 種類] ボックスの一覧で、レポートの変更をクリックします。系列] ボックスの一覧で、[給与] をクリックします。
  5. アクセス] ボックスの一覧ボックスは、変更すると、レポートをダブルクリックし、し、[ OK] をクリックします。

    メモ アスタリスク (*) は、レポート名の横に表示されます。

手順 6: チェック スタブの累計支払コードを含むように、給与の設定] ウィンドウで設定を変更します。

  1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、給与、] をポイントし、[給与] をクリックします。
  2. 給与の設定] ウィンドウで [オプション] をクリックします。給与設定オプション] ウィンドウでは、累計金額は、コードウィンドウの確認] セクションで [支払コード] チェック ボックスを選択します。
  3. 給与設定オプション] ウィンドウを閉じる[ok]をクリックし、給与の設定] ウィンドウを閉じますをもう一度[ok]をクリックします。
注: <b>Microsoft Dynamics GP の形式を確認して、他の従業員に同じ変更を加えるには、次の手順を使用できます。Report Writer の [レポート] ボックスで、必要なチェック形式を選択することを確認します。
詳細
マイクロソフトおよびその供給者は、表現または適合性、信頼性、または含まれている情報の正確性に関する保証ドキュメントおよび関連のグラフィックスが目的でこの WEB サイト (以下「マテリアル」) の公開。

マテリアルは、技術的な誤りや誤植を含めることがあり、通知なしに随時改訂することがあります。法令により許される最大限の範囲において、マイクロソフトおよびその供給者ではありませんし、表現、保証、またはタイトル、非侵害、満足のいく条件または品質、商品、材料に関して、特定目的に対する適合性の条件に明示、黙示または法律の規定であり、しない場合はなどが制限されているかどうかは、すべての表現、保証、および条件を除外します。
プロパティ

文書番号:950703 - 最終更新日: 03/29/2016 04:10:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, Payroll - U.S.

  • kbnosurvey kbnomt kbmbsmigrate kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB950703 KbMtja
フィードバック