動的なブート パーティションが Windows Server 2008 で、GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクのミラーリングを設定する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:951985
はじめに
この資料では、Windows Server 2008 で、GUID パーティション テーブル (GPT) ディスク上の動的なブート パーティション ミラーリングを正常に設定する方法について説明します。32 ビット バージョンの Windows で、マスター ブート レコード (MBR) ミラーとは異なり、多くの手順を正常に作成し、GPT ディスクにミラー化されたブート ボリュームを開始するがあります。この資料では、プライマリ ディスク障害後に回復する方法も説明します。

組み込みの Diskpart.exe をする必要があり、Windows Server 2008 での GPT ディスク上のブート ボリュームをミラー ボリュームを作成するユーティリティを Bcdedit.exe。ディスクの管理コンソールは、これらのいくつかのタスクを使用することができます。他のタスクでは、組み込みの Diskpart.exe ユーティリティを使用します。

一貫性と使いやすさでは、この資料は、この資料の手順で、Diskpart.exe ユーティリティを使用します。Diskpart.exe コマンドのヘルプを表示するには、起動ファイル名を指定し、[ヘルプ] メニューのヘルプ トピックを開きます。この資料の手順に記載されている手順では、実際の例を使用します。

この資料の手順は、各コマンドを返すことを期待どおりの結果に表示されます。これらの手順では、プライマリ ・ システムおよびブート ドライブは、ディスク 0 とディスク 1 は、別のドライブ。

注: <b>Windows Server 2012 ドキュメントについては、次の TechNet ブログの投稿を参照してください。


詳細

ミラーのセカンダリ ・ ドライブを準備します。

ブート ボリュームのミラーリングを設定する前に、拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) パーティションが含まれているコンピューターに別の GPT ディスクがあることをお勧めします。EFI パーティションには、オペレーティング システムの起動に使用されているシステム ファイルが含まれています。ディスクに EFI パーティションを起動する必要があります。プライマリ システム ドライブ (ディスク 0) が失敗した場合、セカンダリ ドライブ (ディスク 1) にオペレーティング システムを起動するのには、EFI パーティションを使用できます。このセクションを作成する方法と、別のドライブ上の新しい EFI と Microsoft 予約 (MSR) パーティションを準備する方法について説明します。必要な EFI と MSR パーティションを作成するのには、Diskpart.exe ユーティリティのみを使用できます。作成または EFI または MSR パーティションをミラー化するため、ディスクの管理コンソールを使うことはできません。

次の手順を開始する前に、プライマリ ・ ディスクのシステムおよびブート パーティションの容量以上の空き領域が未割り当てがもう 1 つのベーシック ディスクがあることを確認します。既に・ スペア ・ ドライブをダイナミック ディスクに変換した場合は、これらの手順を実行する前に基本的なドライブに戻します。
  1. コマンド プロンプトでは、Diskpart.exe ユーティリティを実行します。

    注: <b>Diskpart のコンソールが起動します。コンソールが初期化されたら、 DISKPART >が表示されます。Diskpart のコンソールは、コマンドの入力準備が整いました。
  2. 別のドライブにディスクを選択し、ドライブを GPT に変換します。この例では、セカンダリ ・ ミラー ・ ドライブのディスク 1 が使用されます。

    注: <b>選択したディスクは、データ パーティションを含めないでください。さらに、ディスクには、生のベーシック ディスクは、未割り当てのスペースは、プライマリ ・ システムのディスクの容量以上にする場合があります。

    注: <b>コマンド プロンプトで入力したコマンドを次に示します。コマンドの書式が太字でコマンドや画面表示の内容に関するコメントがプレーン テキスト形式とします。
    1. DISKPART >ディスク 1 を選択します。
      Disk 1 is now the selected disk. 
    2. DISKPART >GPT に変換します。
      Diskpart successfully converted the selected disk to GPT format.
    3. DISKPART >リスト パーティション
      Partition ###  Type              Size     Offset------------- ----------------  -------  -------Partition 1    Reserved          128 MB    17 KB
      注: <b>気づいた場合はその 1 つ以上のパーティションが表示されます、誤って別のドライブを選択しているまたは未フォーマットのドライブで起動していません。続行すると、またはデータの損失が発生する前にこの問題を解決します。
  3. ディスク 1、パーティション 1 を選択し、そのパーティションを削除します。上書きコマンドを使用すると、Microsoft 予約 (MSR) パーティションを削除する必要があります。必要な EFI パーティションを作成した後新しい MSR パーティション再作成します。
    1. DISKPART >パーティション 1 を選択します。
      Partition 1 is now the selected partition. 
    2. DISKPART >パーティションのオーバーライドを削除します。
      Diskpart successfully deleted the selected partition.
  4. ディスク 0 を選択し、[ディスク 0 上にあるパーティションを一覧表示します。Listコマンドの出力では、ディスク 1 をディスク 0 の EFI と MSR パーティションのサイズが同じで新しい EFI パーティションと MSR パーティションを作成します。
    1. DISKPART >ディスク 0 を選択します。
      Disk 0 is now the selected disk.
    2. DISKPART >リスト パーティション
      Partition ###  Type              Size     Offset-------------  ----------------  -------  -------Partition 1    System             200 MB  1024 KB <- EFI PARTITIONPartition 2    Reserved           128 MB   201 MB <- MSR PARTITIONPartition 3    Primary             50 GB   329 MB
    3. DISKPART >ディスク 1 を選択します。
      Disk 1 is now the selected disk. 
    4. DISKPART >efi サイズのパーティションを作成する = 200
      Diskpart succeeded in creating the specified partition.
    5. DISKPART >msr のサイズのパーティションを作成 = 128
      Diskpart succeeded in creating the specified partition
    6. DISKPART >パーティションの一覧
      Partition ###  Type              Size     Offset-------------  ----------------  -------  -------Partition 1    System             200 MB  1024 KB*Partition 2   Reserved           128 MB   201 MB

プライマリおよびセカンダリ ドライブをダイナミック ディスクに変換します。

ミラーを作成する前にプライマリ (ソース) ドライブ (ディスク 0) とセカンダリ (宛先) ドライブ (ディスク 1) の両方をダイナミック ディスクに変換する必要があります。両方のディスクをダイナミック ディスクに変換した後は、ミラーを作成できます。プライマリ ドライブとセカンダリ ドライブの両方をダイナミック ディスクに変換するのにディスクの管理スナップインまたは Diskpart.exe ユーティリティを使用できます。

Diskpart.exe ユーティリティを使用して、ディスクをダイナミック ディスクに変換するドライブを選択し、ドライブをダイナミック ディスクに変換します。両方のセカンダリとプライマリ GPT ドライブでこの手順を実行する必要があります。プライマリおよびセカンダリの両方のドライブをダイナミック ディスクに変換するのには以下の手順を実行します。
  1. DISKPART >ディスク 1 を選択します。
    Disk 1 is now the selected disk
  2. DISKPART >ダイナミックに変換します。
    Diskpart successfully converted the selected disk to Dynamic format. 
  3. DISKPART >ディスク 0 を選択します。
    Disk 0 is now the selected disk 
  4. DISKPART >ダイナミックに変換します。
    DiskPart successfully converted the selected disk to dynamic format.
  5. DISKPART >終了
    Leaving Diskpart...

セカンダリ ドライブにブート ボリュームからミラーを確立します。

プライマリ ドライブ (ディスク 0) とセカンダリ ドライブ (ディスク 1) の両方をダイナミック ディスクに変換した後は、別のドライブにブート ボリュームからミラーを確立できます。これを行うには、ディスクの管理コンソールまたは Diskpart.exe ユーティリティのいずれかを使用することができます。Diskpart.exe ユーティリティを使用して、これには、以下の手順を実行します。
  1. DISKPART で > ブート ボリューム (c:)] を選択して、セカンダリ ドライブ (ディスク 1) にボリュームをミラー化し、メッセージを表示します。
    1. DISKPART >C のボリュームを選択します。
      Volume 1 is the selected volume. 
    2. DISKPART >ディスクを追加する = 1
      Diskpart succeeded in adding a mirror to the volume.
  2. ボリュームの同期を完了するまで待つし、Diskpart.exe を終了します。Diskmgmt.msc コンソールの [同期の進行状況を確認することができます。

EFI パーティションをフォーマットします。

セカンダリ ドライブ (ディスク 1) に、プライマリ ドライブ (ディスク 0) から、BCD ストアと EFI パーティションの内容をコピーする必要がありますようになりました。

注: <b>ドライブのいずれかに BCD ストアが変更されたときは、次の手順に従ってください。

Diskpart.exe ユーティリティを使用して、セカンダリ ドライブの EFI パーティションを選択し、書式を設定できるように文字を EFI パーティションに割り当てます。次の例では、別のドライブ上の EFI パーティションにドライブ文字"S"が割り当てられます。この手順のいずれかの使用可能なドライブ文字を使用できます。
  1. DISKPART > ディスク 1 を選択します。
    Disk 1 is now the selected disk.
  2. DISKPART > パーティション 1 を選択します。
    Partition 1 is now the selected partition.
  3. DISKPART > 文字を割り当てる = S
    DiskPart successfully assigned the drive letter or mount point.
  4. Diskpart を使用すると、FAT32 ファイル システムを使用するのには"S"パーティションをフォーマットします。FAT32 ファイル システムを使用してフォーマットされていない限り、EFI パーティションからシステムを起動できません。これを行うには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    DISKPART > フォーマットの fs = FAT32 クイック
  5. EFI パーティション プライマリ ドライブ (ディスク 0) を選択し、EFI パーティションにドライブ文字を割り当てます。この例ではディスク 0 にプライマリの EFI パーティションにドライブ文字"P"が割り当てられます。この手順のいずれかの使用可能なドライブ文字を使用できます。
    1. DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      Disk 0 is now the selected disk.
    2. DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      Partition 1 is now the selected partition.
    3. DISKPART > 文字を割り当てる = P
      DiskPart successfully assigned the drive letter or mount point.
  6. Diskpart を終了します。

Bcdedit.exe を使用して、ディスクのミラー化されたブート エントリを構成するには

BCDeditコマンドを使用して、現在の Windows のブート エントリを表示します。操作中に、"ディスクの追加]、ミラーを作成するのは、ボリューム ディスク サービス (VDS) は、Windows Server 2008 のブート構成であるとも呼ばれる、BCD ストアをディスク 1 の Windows ブート ローダーのセカンダリ エントリを作成します。現在の Windows のブート エントリを表示するのには以下の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. コマンド プロンプトで次のように入力します。 P:、し、enter キーを押してドライブ P. に変更するのには
  3. コマンド プロンプトで次のように入力します。 cd EFI\Microsoft\Boot、し、enter キーを押して起動フォルダーに移動します。
  4. コマンド プロンプトで次のように入力します。 bcdedit/enum、し、ENTER キーを押します。その後、次のような出力を参照してください。
    Windows Boot Manager--------------------identifier              {bootmgr}device                  partition=P:path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efidescription             Windows Boot Managerlocale                  en-USinherit                 {globalsettings}default                 {current}displayorder            {current}                        {1ba28ce6-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}toolsdisplayorder       {memdiag}timeout                 30Windows Boot Loader-------------------identifier              {current}device                  partition=C:path                    \Windows\system32\winload.efidescription             Microsoft Windows Server 2008locale                  en-USinherit                 {bootloadersettings}osdevice                partition=C:systemroot              \Windowsresumeobject            {b158d5f9-d91f-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}nx                      OptOutWindows Boot Loader-------------------identifier              {1ba28ce6-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}device                  partition=C:path                    \Windows\system32\winload.efidescription             Microsoft Windows Server 2008 - secondary plexlocale                  en-USinherit                 {bootloadersettings}osdevice                partition=C:systemroot              \Windowsresumeobject            {b158d5f9-d91f-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}nx                      OptOut
    Windows のブートローダーは、説明は、「Microsoft Windows Server 2008 - セカンダリ プレックス」とは、"ディスクの追加] 操作中に、VDS によって作成されました。Windows ブート ローダー エントリ"のパーティション = C:"ミラー化ボリューム C と Winload.efi のコピーが Windows Server 2008 を起動ディスク 1 からディスク 1 のファイルのこのエントリの参照を表します。
次に、ディスク 0 または 1 のディスクから起動する Windows Server 2008 に EFI ファームウェアのスタートアップ メニューから使用できるように、現在の Windows ブート マネージャーのコピーを作成します。Bcdedit/copyコマンドをコピー、現在の Windows ブート マネージャー エントリの特徴を持つ新しい Windows ブート マネージャー エントリを「Windows ブート マネージャーのローン作成」Bcdedit/setコマンドは、新しい Windows ブート マネージャーの GUID を使用し、コマンドは、ディスク 1 上の"S"パーティション上にある Bootmgr.efi ファイルのコピーを参照するデバイスのパーティションを設定します。GUID の例は次のとおりです。
FD221F0A-5B5D-484A-99FE-DEB4B3F90C32
Bcdeditコマンドを使用する例を次に示します。
  1. コマンド プロンプトで次のように入力します。 bcdedit/copy {bootmgr}/d「Windows ブート マネージャーのクローン」、し、ENTER キーを押します。次のような出力が表示されます。
    The entry was successfully copied to {GUID}.
  2. コマンド プロンプトで次のように入力します。 bcdedit/set {GUID} devicepartition = s:、し、ENTER キーを押します。このコマンドで、次のように置換します。 GUID 前のコマンドからの出力の GUID です。次のような出力が表示されます。
    The operation completed successfully.
  3. コマンド プロンプトで次のように入力します。 bcdedit /enum all、し、enter キーを押してに加えられた変更を確認します。その後、次のような出力を参照してください。
    Firmware Boot Manager---------------------identifier              {fwbootmgr}displayorder            {bootmgr}                        {1ba28ce0-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}                        {1ba28ce1-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}                        {1ba28cdf-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}                        {1ba28cde-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}                        {1ba28ce2-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}                        {1ba28ce3-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}                        {1ba28ce5-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}                        {1ba28ce4-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}                        {1ba28ce8-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}timeout                 2Windows Boot Manager--------------------identifier              {1ba28ce8-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}device                  partition=S:path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efidescription             Windows Boot Manager Clonedlocale                  en-USinherit                 {globalsettings}default                 {current}displayorder            {current}                        {1ba28ce6-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}toolsdisplayorder       {memdiag}timeout                 30Windows Boot Manager--------------------identifier              {bootmgr}device                  partition=P:path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efidescription             Windows Boot Managerlocale                  en-USinherit                 {globalsettings}default                 {current}displayorder            {current}                        {1ba28ce6-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}toolsdisplayorder       {memdiag}timeout                 30
  4. コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。

ファームウェアのブート マネージャーの表示順における最後の GUID が"S"パーティションには、セカンダリの Windows ブート マネージャーと同じ GUID であることを確認します。つまり、ファームウェアが EFI ファームウェア、ファームウェアの起動メニューを表示するときに使用する NVRAM の同期が「Windows ブート マネージャーのクローン作成」の説明がある新しい Windows ブート マネージャーです。ここでは、NVRAM エントリが 2 つの Windows ブート マネージャー、"P"のパーティションともう一方の"S"のパーティション上の 1 つがあります。EFI ファームウェアは、EFI 起動メニューにこれらのエントリを一覧表示します。

EFI パーティションと BCD ストアを 2 番目のドライブにコピーします。

2 番目のドライブに EFI パーティションしを BCD ストアをエクスポートするには、次の手順を実行します。
  1. ディスク 0 の EFI パーティションに BCD ストアをエクスポートします。これにより、BCD ストアのディスクのディスク 1 を 0 からコピーすることができます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトを開きます。
    2. コマンド プロンプトで次のように入力します。 bcdedit の/export P:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2、し、enter キーを押して「BCD2。」という名前のファイルに、BCD ストアをエクスポートするのには次のような出力が表示されます。
      The operation completed successfully.
  2. "S"(別のドライブ上の EFI パーティション) に"P"(、プライマリ ドライブの EFI パーティション) からシステム ファイルをコピーするのにには、 Robocopyコマンドを使用します。ディスク 0 が失敗した場合、別のドライブにシステムを起動できるかどうかを確認するのにはこれを行う必要があります。EFI パーティションに別の文字を使用した場合は、正しいドライブ文字を使用することを確認します。これを行うには、次のように入力します。 robocopy p:\ s:\/e の/r:0 コマンド プロンプトで、し、ENTER キーを押します。
  3. ディスク 1 上の BCD ストアの名前を変更して、ディスク 0 上のストアの名前と一致するようにします。これを行うには、次のように入力します。 S:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2 BCD の名前を変更します。 コマンド プロンプトで、し、ENTER キーを押します。
  4. ディスク 0 上の重複の BCD ストアを削除します。これを行うには、次のように入力します。 del P:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2 コマンド プロンプトで、し、ENTER キーを押します。
  5. 両方の EFI パーティションに割り当てられているドライブ文字を削除します。システムを再起動した後、ドライブ文字が再割り当てされないために、この手順は省略可能です。両方の EFI パーティションに割り当てられているドライブ文字を削除するには、次の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトで次のように入力します。 diskpart.exe、し、ENTER キーを押します。
    2. DISKPART で > プロンプトで、入力 P のボリュームを選択します。
      Volume 1 is the selected volume. 
    3. DISKPART で > プロンプトで、入力 削除
      Diskpart successfully removed the drive letter or mount point.
    4. "S"パーティションの手順 5 b と 5 c を繰り返します。

Windows Server 2008 の新しいブート エントリを使用してセカンダリ ・ ドライブをテストします。

BCD 構成を更新した後は、ディスク 0 が失敗した場合は、別のドライブを使用してシステムを開始できることを確認するエントリをテストします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. シャット ダウンし、コンピューターを再起動します。
  2. [スタートアップ] メニューで、EFI の「Windows ブート マネージャーのローン作成」という名前のスタートアップ項目を選択このオプションでは、セカンダリ ドライブの EFI パーティションに Windows ブート マネージャーを再起動することができます。「Microsoft Windows Server 2008-セカンダリ プレックス」別のドライブから Windows Server 2008 を起動するを選択します。
    注: <b>として MUI 環境では、Windows ブート マネージャーでセカンダリ プレックスのエントリを表示することがあります"Microsoft Windows Server 2008-??? の???"です。使用することができます、 bcdedit/set {GUID} 説明」説明" セカンダリ プレックス エントリのわかりやすい名前を提供するコマンドです。たとえば、次のコマンドを使用できます。
    bcdedit/set {7e4632e7-0b4d-11dd-813b-bcbfbfe8b578}「Microsoft Windows Server 2008-セカンダリ プレックス」の説明
    セカンダリ プレックスのエントリのわかりやすい名前を付けることを確認するには、この手順を完了した後、別のドライブに「2 番目のドライブに EFI パーティションし、BCD ストアをコピー」セクションで記載されている手順を使用して、BCD ストアをコピーします。

プライマリ ブート ドライブ ミラーを再確立します。

プライマリ ドライブ (ディスク 0) に障害がある場合は、セカンダリ ドライブ (ディスク 1) にコンピューターを起動し、状態に戻すブート ボリュームはフォールト トレラントのミラーを再作成する必要があります。そのためには、以下の手順を実行します。
  1. ハードウェアの製造元によって提供されている指示を使用して、障害が発生したダイナミック ディスク 0 を交換してください。ディスクにパーティションの情報がないことを確認します。、 diskpart はクリーン コマンドは、ディスク上の既存のパーティション情報を破棄するのには使用できます。

    注:
    • 実行するときに注意して、 diskpart はクリーン 選択したディスク上のパーティション テーブルが破損する恐れし、そのディスクの内容がアクセスできないようにするためのコマンドです。
    • この節では、以前のプライマリ ・ ディスクはディスク 0 と呼ばれる継続し、以前のセカンダリ ディスクはディスク 1 と呼ばれる続行されます。ただし、これらの手順を実行した後、新しいプライマリ ディスクがディスク 1 になり、ディスク 0 が新しいセカンダリ ディスクになります。
  2. セカンダリ ドライブの EFI パーティションを使用してコンピューターを起動するWindows ブート マネージャーのクローンを選択します。ブート マネージャーが表示されたら、 Microsoft Windows Server 2008 - セカンダリ プレックスを選択します。
  3. 、Windows Server 2008 の R2 より前のバージョンを実行して、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムをインストールするとコンピューターを再起動するように求められます。
    970686 サポート技術情報記事 951985 に手順を実行する場合、Windows Server 2008 で一部の GPT ディスクにブート パーティションのミラー化を復元することはできません。
    注: <b>Windows Server 2008 R2 では、この修正プログラムが含まれます。したがって、Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターにインストールする必要はないです。この修正プログラムをインストールした後コンピューターを再起動するときは、システムを起動するには、「Windows ブート マネージャーの複製」と「Microsoft Windows Server 2008-セカンダリ プレックス」を選択します。
  4. ディスク 1 の EFI パーティションに BCD ストアをインポートします。これは、BCD ストアをディスク 1 として、アクティブなシステム ストアの設定、変更することができます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. DiskPart を起動します。
    2. 次を実行するコマンドに割り当てるとディスク 1 の EFI パーティションを選択するのにはドライブ名を"%s"
      DISKPART > ディスク 1 を選択します。
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > 文字を割り当てる = s
    3. DiskPart を終了します。
    4. コマンドを実行します。 bcdedit/S:\EFI\Microsoft\Boot\BCD をインポートすると、クリーニング ディスク 1 の EFI パーティションからストアをインポートします。
  5. 破損したミラーを解除する必要があります。ただし、する必要があります最初を決定する正しいディスクを実行するには、 diskpart の改 コマンドです。これを行うと後、は、ミラー ボリュームを選択 (ボリューム #)、し、不足しているディスク (m #) からは、ミラーを解除する必要があるかを決定する詳細を表示します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. DiskPart を起動します。
    2. ミラー ・ ボリューム、通常ボリューム C (ブート ボリューム) を選択します。
      DISKPART > ボリューム c を選択します。
    3. 詳細ボリュームまたは一覧のディスクのコマンドを使用して、不足しているディスク、通常の m0 の識別子を決定します。
      DISKPART > 詳細ボリューム
    4. ミラーを解除するには、手順 5 の c (たとえば、m0) で取得した、不足しているディスクの識別子を指定します。
      DISKPART > ブレーク ディスク m0 nokeep を =
    5. ミラーが削除され、ボリュームがシンプル ボリュームとして現在表示されているかどうかを確認するのにはボリュームの一覧を表示します。
      DISKPART > ボリュームをリスト表示
    6. 不足しているディスク (m0) を削除します。
      DISKPART > ディスク m0 を選択します。
      DISKPART > ディスクを削除します。
    7. DiskPart を終了します。
  6. 既知のクリーンな状態にシステムを戻すための BCD ストアからのすべての古いエントリを削除します。また、システムの現在の状態を正確に反映するようにエントリの名前を変更します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. コマンドを実行します。 bcdedit/enum すべて/v 特徴を持つ NVRAM のエントリの GUID を確認するのには Windows ブート マネージャー」とするデバイスのパラメーターが不明なのか、不足しているデバイスのパラメーターがあります。このエントリの GUID を確認した後、コマンドを使用します。 bcdedit/set {GUID} デバイスのパーティション = s: ディスク 1 にエントリをポイントします。
    2. 出力を使用して、 bcdedit/enum すべて/v NVRAM 内の「Windows ブート マネージャーの複製」エントリの GUID を確認するコマンドです。このエントリの GUID を確認した後、コマンドを使用します。 bcdedit/delete {GUID} NVRAM からディスク 1 の古いエントリを削除します。
    3. 出力で、 bcdedit/enum すべて/v コマンドは、デバイスのパラメーターが不明なのか、不足しているデバイスのパラメーターには、「Windows の再開アプリケーション」という名前のエントリを探します。使用して、このエントリを削除します bcdedit/delete {GUID} コマンドです。
    4. で、 bcdedit/enum すべて/v 出力を見て、特徴を持つエントリの「Windows 再開アプリケーション - セカンダリ プレックス」。コマンドを使用します。 bcdedit/set {GUID} 説明「Windows 再開アプリケーション」 これがプライマリ ・ ミラー プレックスの再開の Windows アプリケーションのエントリを反映するようにエントリの名前を変更するコマンドです。
    5. 出力で、 bcdedit/enum すべて/v コマンド、説明のあるエントリを探します」の不明なデバイスのパラメーターまたは不足しているデバイスのパラメーターには Windows Server 2008"とします。使用して、このエントリを削除します bcdedit/delete {GUID} コマンドです。
    6. で、 bcdedit/enum すべて/v 出力、「Windows Server 2008 - セカンダリ プレックス」の説明を持つエントリを探しますコマンドを使用します。 bcdedit/set {GUID} 説明「Windows Server 2008」 これはこれで、プライマリ ・ ミラー プレックスのブート マネージャー エントリを反映するようにエントリの名前を変更します。
    7. 説明は、「Windows メモリ診断」である BCD のエントリを探しますコマンドを使用します。 bcdedit/set {GUID} デバイスのパーティション = s: ディスク 1 上にあるメモリ テスターにエントリをポイントします。
    8. コマンドを実行します。 bcdedit/enum すべて/v NVRAM および BCD のエントリを確認します。
    9. コンピューターを再起動します。Windows ブート マネージャー」を選択し、"Windows Server 2008" ディスク 1 で起動します。
  7. 新しく追加されたディスクを GPT 形式に変換し、パーティション構造を作成し、します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. DiskPart を起動します。
    2. 0 のディスクを GPT 形式に変換します。
      DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      DISKPART > GPT に変換します。
    3. 自動的に作成されるディスク 0 のパーティションを削除します。
      DISKPART > パーティションの一覧
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > パーティションのオーバーライドを削除します。
    4. ディスク 1 をディスク 0 上のレイアウトを複製するためのパーティション レイアウトを記録します。
      DISKPART > ディスク 1 を選択します。
      DISKPART > パーティションの一覧
    5. ディスク 1 をディスク 0 上のレイアウトが重複してください。このステップの MSR パーティションのサイズを計算するに加算 MSR の「予約済み」のパーティションと表示されている「動的な予約済み」のパーティションのサイズ DiskPart でディスク 1 にします。たとえば、MSR パーティションが 127 MB の場合、ディスク 1、「動的な予約済み」のパーティションが 1 MB の場合、ディスク 1 にし、128 MB の MSR パーティション ディスク 0 の作成します。一般に、EFI パーティションは、200 MB である必要があり、MSR パーティションは 128 MB である必要があります。ディスク 1 のレイアウトを複製するには、これらのコマンドを実行します。
      DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      DISKPART > efi サイズのパーティションを作成する = 200
      DISKPART > msr のサイズのパーティションを作成 = 128
    6. ディスク 0 には、EFI と MSR パーティションの両方が含まれていることを確認するのにはシステム上にあるパーティションを一覧表示します。
      DISKPART > パーティションの一覧
  8. ない場合は既にダイナミック ディスクは、両方のディスクをダイナミック ディスクに変換します。
    DISKPART > ディスク 0 を選択します。
    DISKPART > ダイナミックに変換します。
    DISKPART > ディスク 1 を選択します。
    DISKPART > ダイナミックに変換します。
  9. 新しいディスク 0 は、ブート ボリュームのミラーを追加します。
    DISKPART > ボリューム c を選択します。
    DISKPART > ディスクを追加 = 0
  10. ミラー再同期の実行中は、ディスク 0 の EFI パーティションを準備します。
    1. DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > フォーマットの fs = fat32 クイック
    2. DiskPart を終了します。
  11. ミラーの再同期が完了するまで待機します。ディスクの管理を使用すると、再同期処理を確認します。
  12. ディスク 0 の EFI パーティションは、ドライブ文字"P"を既に割り当てられていない場合、ディスク 1 の EFI パーティションが既に割り当てられていないドライブ文字"S"の場合は、ディスク 0 とディスク 1 の EFI パーティションを適切なドライブ文字を割り当てます。
    1. Diskpart を起動します。
    2. DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > 文字を割り当てる = p
      DISKPART > ディスク 1 を選択します。
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > 文字を割り当てる = s
    3. DiskPart を終了します。
  13. ディスク 1 の NVRAM のブート マネージャー エントリを複製します。
    1. ブート マネージャー エントリを使用して、クローンを作成します bcdedit/copy {bootmgr}/d「Windows ブート マネージャーのクローン」 コマンドです。このコマンドの出力が指定された新しいエントリの GUID を記録します。
    2. クローンとして作成されたエントリを使用して、ディスク 0 の EFI パーティションを指すデバイスのパラメーターを設定します bcdedit/set {GUID} デバイスのパーティション = p。 コマンドです。出力から GUID を使用します bcdedit/copy コマンドです。
    3. コマンドを実行します。 bcdedit/enum すべて/v に対する変更を確認します。
  14. 0 のディスクからコンピューターを起動するように、ディスク 0 の EFI パーティションをディスク 1 の EFI パーティションの内容をコピーします。
    1. コマンドを使用して、利用可能な BCD ストアをエクスポートします。 bcdedit の/export S:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2
    2. EFI パーティションをディスク 0 に、コマンドを使用してディスクに 1 からコピーします。 robocopy s:\ p:\/e の/r:0
    3. コマンドを使用して BCD をディスク 0 にコピーした BCD ストアの名前を変更します。 P:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2 BCD の名前を変更します。.
    4. コマンドを使用してディスク 1 の重複データのエクスポートされた BCD ストアを削除します。 del S:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2
  15. これらの手順に従います。
    1. DiskPart では、割り当てられたドライブ文字を削除します。

      DISKPART > p のボリュームを選択します。
      DISKPART > 削除
      DISKPART > s のボリュームを選択します。
      DISKPART > 削除
    2. ディスク 0 または 1 のディスクからブートできることを確認するのにはコンピューターを再起動します。
注: <b> 既定では、ブート エントリは、ディスク 1 をポイントします。0 のディスクからブートする場合、および 0 のディスクで起動すると、BCD ストアを変更する必要がある場合は、まず、ストアにインポートする必要があります。
  1. DiskPart を起動します。
  2. ディスク 0 の EFI パーティションを選択し、割り当てるドライブ文字"P"。
    DISKPART > ディスク 0 を選択します。
    DISKPART > パーティション 1 を選択します。
    DISKPART > 文字を割り当てる = p
  3. DiskPart を終了します。
  4. コマンドを実行します。 bcdedit/P:\EFI\Microsoft\Boot\BCD をインポートすると、クリーニング ディスク 0 の EFI パーティションからストアをインポートします。

    注: <b>コンピューターを起動したときに選択した NVRAM のエントリに対応する BCD エントリから起動する必要があります常にします。たとえば、Windows ブート マネージャー」(プライマリ ・ ディスク) の NVRAM のエントリを選択した場合する必要がありますを選択して、"システムが正常に起動するための Windows Server 2008"(プライマリ ・ ディスク) BCD のエントリです。「Windows ブート マネージャーの複製」(セカンダリ ・ ディスク) の NVRAM のエントリを選択した場合は、「Microsoft Windows Server 2008-セカンダリ プレックス」(セカンダリ ・ ディスク) の BCD エントリを選択していますください。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:951985 - 最終更新日: 04/08/2016 07:32:00 - リビジョン: 14.0

Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems

  • kbhowto kbexpertiseadvanced kbinfo kbmt KB951985 KbMtja
フィードバック